しがない焙煎師のクソ日記

コーヒー豆焙煎の記録をうだうだ書きます

抽出についてメモ

2017-05-27 22:39:57 | コーヒーについて考えた
20gで淹れたコーヒー液を4つに分けて試飲。
1液 酸味がめっちゃ強い。ただし経過によって酸味が飛ぶ。
2液 やや薄いがマイルドな味。少し豆臭さがある。甘い香りがある。
3液 薄味。豆臭さ、甘い香りともに少ない。
4液 麦茶みたいな味。嫌な味ではない。

最初の数敵を捨てて、薄めた方が良いんじゃね?と思う。
んでも、後半の液の方が、後味が強い。
セオリーとして、高沸点のものの方が抽出が遅いのかもしれない。
抽出液でさらに抽出できないかなw

もしかしたら、プレスで淹れたコーヒーをフィルターで濾すのが一番味が安定するかも。

クロマトグラフとして考えた時、分離相をしっかりするために、ゆっくり抽出してしまう方が良いんでない感。
高温で蒸らして、蒸らし液は捨てる。
その五、ゆっくり抽出して、後を切る。
抽出液を伸ばす。
そっちのが、クリアな味わいになるんじゃないかな。

苦くて困ってる方には、もう少し早く淹れろという予定。
酸っぱくて困ってる方には、蒸らしの液を捨てろという予定。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ほんとはマンデリン好かんの... | トップ | ただただひたすら焙煎中 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。