荒川三歩

退職したので益々自転車で走り回っています。
相変わらず近場中心ですが、これからは故郷でも。

藝「大」コレクション「パンドラの箱が開いた!」展

2017年07月29日 | 散文
暑さが戻った東京です。
木陰に逃げました。


昼下がりの太陽が照り付けます。


強い陽射しが濃い影を落とす木陰の先で、看板が光っています。


涼を求めて東京芸大美術館へ逃げ込みます。
奇抜なタイトルですが、この学校には大コレクションがあります。

(この展覧会は2回に分けて開催されます。入場料は1回800円ですが、この2回券を買うと、1300円とお得です。チケットの下が1回目、上が2回目券です。)

岡倉天心を初めとする教授陣の作品だけでなく、村上隆等々の卒業作品が全て保管されているのですから、その数たるや膨「大」であり、中身は「パンドラの箱」なのでしょう。


チケット売り場横には、美術の教科書で見た、高橋由一の「鮭」があります。当然、この絵も展示されていました。

この立ち位置マークは何!?不明です。

芸大は、もう一度観たい作品を沢山保有しています。
黒田清輝の「湖畔」や「智」「感」「情」の三部作であったり、上村松園の「序の舞」であったりします。
この季節に観たいのは、小倉遊亀の「径(みち)」です。
やっぱり展示されていました!
数年振りに遭えました。

母と小さな娘と愛犬の歩く姿です。
今時分の昼下がりでしょうか、その姿に影はありません。
陽射しを受けて実物より白く映る日傘と服と、母のサンダルと娘の靴が時間帯を教えています。
先頭を行く母の重心はまだ右足に残っていて、左足の親指がまだ反っている、着地の瞬間を捉えています。
娘の歩幅に気遣いながら歩む母の歩調に、頭上に両手で捧げた黄色い日傘に赤い信玄袋をぶら下げて、娘がついて行きます。その後ろを愛犬が歩みます。

母の手提げは竹と網製の籠です。
恐らく実物より大きく描いていて、白っぽい画面の中で、黒い籠が目を引きます。
籠の中には季節の草花が、まだ瑞々しいです。
お盆のお墓参りでしょうか?
オカッパに刈り上げられた娘の幼いうなじが健気です。
作者の対象に注ぐ愛が溢れたこの作品が好きです。

帰りにこのポストカードを買ってしまいました。
暑中見舞いは誰に出しましょう?


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 不忍池の蓮 | トップ | 柳橋の風情/2017年7月 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。