荒川三歩

退職したので益々自転車で走り回っています。
相変わらず近場中心ですが、これからは故郷でも。

村の鎮守の神様のー3

2017年05月13日 | 散文
前回の続きです。

軽トラの役目とは、
運搬車で押すのもしんどくなった時や長距離を移動する時に神輿を乗せるとともに、スピーカーで祭り歌を流しながら走ります。


勿論、担ぎ手が歌いながら練りますが、少人数なので迫力がありません。
スピーカーの助けが必要ですし、祭り歌を覚えていない者もいます。


自転車で追いかけたけど、「差し上げ」に間に合いませんでした。
差し上げを終えて集落を出て来ました。


もう車に乗せています。


次の集落へ移動します。


軽トラが付いて行きます。


世田山の下を行きます。


すぐに引き返して来ました。


集落の入り口にある神社幕の下で、揉んで差し上げます。
この行為も「宮入り」と言います。
祭りの時には、神社だけでなく各集落の入り口がそれぞれ臨時の神の宿る所となります。


差し上げたら、、、例の新兵器の登場です。
部落役員が出来具合を気にしています。


神輿を乗せて緩い坂道を下って行きます。


次の集落の入り口までこれで行きます。
部落役員もついて行きます。


祭り歌の合いの手に「あれわいさ~、これわいさ~」と歌いますが、今日は「これはいいさ~」と聞こえます。


萌える新緑の中を、たった1基の神輿が往きます。
長閑です。


あ~~っ!!
浅草三社祭りが見たい!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 村の鎮守の神様のー2 | トップ | こんなに潮が引いた頓田川河口 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お祭りも、色々ですね。 (頭の中にあることを)
2017-05-14 00:30:12
こんばんは。sutekidanaseoと申します。
大人数のお祭りは迫力あり、勢いもあり、熱が凄いですよね。
ウチの田舎もそうなんですが、過疎化もあり極めて人数が少ないです。
大人数の祭りを体験してしまうと、どうしても少人数のお祭りを観ると、少し寂しさを感じます。自分の田舎ともなると、複雑な気持ちです。
(田舎を出た身分なので)
sutekidanaseoさん (荒川三歩)
2017-05-14 07:03:01
その通りですね。
三社や鳥越の祭りは担ぎたい人がいっぱいいてトラブルになったりしますが、田舎では担ぎ手がいなくて祭りの継承が出来なくなっています。
長閑を通り越して寂しいのが現状です。
同じ田舎でも綱敷天満宮の祭りは賑やかでした。
神輿で集落を廻るだけでなく、盛り上げる企画が必要だと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。