荒川三歩

退職したので益々自転車で走り回っています。
相変わらず近場中心ですが、これからは故郷でも。

菊間町の秋祭り

2016年10月17日 | 散文
牛鬼が居ます。


牛鬼は宇和島市が、木彫りのお土産品があるくらい有名です。
ここにもそんな習わしがあるのを知りませんでした。


静々と進みます。


と思ったら、いきなり首を伸ばしました。

何なんでしょう、見た目は馬のようです。
ゆるキャラの「ねばーるクン」を連想してしまいました。

神社下の広場に神輿が集合しています。


田舎町にしては盛大な祭りです。


地元民は毎年楽しみに、首を長くして待っている祭りです。


都会に出て行った若者が帰省して参加する祭りです。


半分以上が帰省者かも知れません。




神輿同士を突き合わせて、前棒を高く上げた方が勝ち!?




太鼓台でも同じ動作をしています。


若衆頭でしょうか?
彼だけが背中に紋を背負って立ちます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 沖浦のコスモス/2016 | トップ | あとは唐子山。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (二ノッチ)
2016-10-18 10:01:40
懐かしいですネ!!
お伴馬が勇壮に駆け抜けるのを思い出し、亡き友人と友人宅を梯子酒をした事が懐かしいです。
ニノッチさん (荒川三歩)
2016-10-18 12:29:24
やっぱりお供馬の話題になりますか?
気がつくのが遅く、慌てて行ったけど、走り込みが終わった後でした。
来年は忘れないでおきます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。