荒川三歩

退職したので益々自転車で走り回っています。
相変わらず近場中心ですが、これからは故郷でも。

「おもや」の風景

2017年05月15日 | 散文
生家は数代前にこの家から分家しました。


生家だけでなく数軒の分家があって、我々分家は「おもや」と呼んでいます。
漢字で書くとすれば、「母屋」ではちょっとニュアンスが違います。
「主家」の方が近い気がします。


長い土塀も重厚な正門も、庭にあった銘石銘木も池の鯉も、もうとっくに無くなっています。
この家は後継者の妹が守っていましたが、彼女が亡くなって以降10年くらい人が住んでいません。
荒れ放題に見えますが、我々分家が時々手入れをしています。


後継者は都会に就職して行った切り帰って来ません。


都会ではもう孫の代になっていて、すっかりあちらに定住しています。

私の生家も他人事ではありません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タケノコ掘りに行く/2017年 | トップ | 宗家の風景 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。