荒川三歩

退職したので益々自転車で走り回っています。
相変わらず近場中心ですが、これからは故郷でも。

タケノコ掘りに行く/2017年

2017年05月15日 | 散文
生家の畠です。
ここも耕作放棄地ですが、この季節はタケノコが生えます。

今年はタケノコの裏年で、全国的に収穫が少ないとは聞いていました。

でも、去年あんなに沢山大きいのが採れた畠です。
それなりの期待を持ってやって来ました。
掘っています。


誰が掘る?
イノシシに決まっています。


掘ったものの、食べないで放置しています。


彼らはこんな痩せた小さいタケノコは食べません。




至る所を掘り返しています。




ここはもうイノシシの縄張りなのでしょう。
この時期だけやって来る私は彼らの領地への侵入者なのです。


別の畠でも。




散々探してやっとこれだけの収穫です。
しかも、全て痩せて小さい。


去年はこんなに太いのが採り切れなくて、竹が蔓延るのを防ぐ為に、掘らないで切り倒して帰りました。


やっぱり痩せて小さいタケノコは固いですが、それなりに季節の味がしました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 道前平野の麦秋 | トップ | 「おもや」の風景 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (九州より)
2017-05-15 07:06:05
春になると、道の駅には沢山のタケノコが出荷され始めます。
皮を剥くのが面倒くさいので、
最近はゆでられたタケノコを買っています。
一度、タケノコ堀りをしたことがありますが、
結構疲れました。
竹林の管理も大変ですね。
九州よりさん (荒川三歩)
2017-05-15 07:41:37
タケノコが好きで東京でもスーパーマーケットで買いますが、やっぱり堀たては美味しいです。
今回刺身にしてみました。わさび醤油でイケます。

そうなんんです。
問題は山の畑の管理なのです。
掲載の畑より山側の畑(他所の土地)は全て雑木林に帰りました。
生家の畑が山林との最前線になっています。
既に畑として使っていません。
イノシシに降伏しそうです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。