荒川三歩

退職したので益々自転車で走り回っています。
相変わらず近場中心ですが、これからは故郷でも。

大使館を訪ねてー48

2017年03月21日 | 散文
「モーリタニア イスラミックス共和国」

日当りの良い北品川の丘の上の住宅街です。


恐らく分譲住宅を大使館に転用したものと思います。

アフリカ北西部に位置する共和制国家で、 北西にモロッコ(サハラ・アラブ民主共和国)、北東にアルジェリア、東と南にマリ、南西にセネガルと国境を接し、西は大西洋に面しています。
首都はヌアクショットで 2015年の人口は約406.8万人です。

アフリカ世界とアラブ世界の一員であり、アフリカ連合とアラブ連盟に加盟しています。
20世紀初めにフランスによって植民地化され、フランス領西アフリカの一部となりました。

凄まじい闘争が繰り返された歴史を持っています。

侵略された事が無く、天下統一後長きにわたって内乱の無い日本は、世界的に珍しい平和な国だと思います。

1958年にフランス共同体が発足すると、共同体内の一共和国となりました。
「アフリカの年」こと1960年11月28日に、アフリカ諸国の独立が進む中で独立を達成しました。
独立の翌1961年に憲法が制定されたが、植民地時代の行政区画がそのまま国土の範囲に継承されたため、独立後の国民統合に課題を抱えています。

1965年、ダッダ政権はモロッコと共に西サハラの領有権を主張し、1975年に南部を占領してポリサリオ戦線と対立しました。
しかし、ポリサリオ戦線との戦いによる負担は重く、和平を望んだ軍部のクーデターによって1978年7月にダッダは失脚し、翌1979年にポリサリオ戦線との和平協定が結ばれました。

1984年にクーデターで政権を掌握したタヤ大統領は、1990年代初頭、1992年及び1997年の大統領選挙で勝利を収めましたが、しかしその後、クーデター未遂等が発生しました。
1989年にモーリタニア・セネガル国境紛争が勃発し、数万人に及ぶ両国国民が相互に両国国内から追放された。

2005年8月にはタヤ大統領不在時に軍部が無血のクーデターにより政権を掌握しました。
その結果「正義と民主主義のための軍事評議会」が設置され、現在民主化プロセスを進展中です。
2006年6月25日には憲法改正国民投票が実施され、有効投票の約97%が改正を承認し、政権交代の原則が公認されました。

2007年3月11日に大統領選挙第1回投票が行われ、3月25日に決選投票が行われた結果、スィディ・ムハンマド・ウルド・シェイク・アブダライ元水産相が新大統領に選出されたましたが、2008年8月6日、軍事クーデターが発生し、また、クーデター実行部隊は同大統領らを拘束したムハンマド・ウルド・アブドゥルアズィーズ大統領警護隊長を議長とする「高等国家評議会」の樹立を宣言しました。

このクーデターについて、欧米各国、アフリカ連合、アラブ連盟は非難声明を出し、アブダッライ大統領を権力に復帰させるよう求めました。

高等国家評議会は、2009年6月に民主化のための選挙を行うと表明し、2008年12月には、拘束されていたアブダライ大統領をはじめとする旧政府要人が解放されましたが、2009年1月には現政権支持派によるアブダライ批判デモが起こるなど、不安定な状態が続いています。
(ウィキペディアより)


訪問記は次回に続きます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春を待つ池之端の井戸 | トップ | 大使館を訪ねてー49 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。