荒川三歩

退職したので益々自転車で走り回っています。
相変わらず近場中心ですが、これからは故郷でも。

泉谷棚田の春/2017年ー1

2017年04月21日 | 散文
案内板の上でしだれ桜が迎えてくれました。
花の後ろから芽吹いた萌黄色が木の上部を浅緑に染めています。
枝先に僅かに残る淡紅色が愛らしいです。
散りぎわと芽吹きぎわの妙です。

山奥ではまだ満開でしょうか?

棚田に着きました。




桜が満開です。




棚田では菜の花が満開です。


一部の田んぼに水が張られて山を映しています。


いつものように歩きます。








桃も満開です。




谷に降りて行きます。




例によって、この話続きます。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 予讃線串駅近くの鉄橋の春ー2 | トップ | 泉谷棚田の春/2017年ー2 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
なんと素敵な・・・ (chidori)
2017-04-21 07:29:54
懐かしく・美しい日本の原風景・・・

私も福岡の平尾台のふもとで育ちましたから・・・。

涙が出そうなくらい・・素敵です。
chidoriさん (荒川三歩)
2017-04-21 09:03:30
訪問とコメントをありがとうございます。励みになります。

四国には落人伝説が各地にあります。
源平や戦国時代に逃げ込んだ一族が隠れ住んだ伝説です。
そこでは医者など居ないので怪我や病気をしたら死んでしまうし、実りが少なければ姨捨や子供の間引きをしながら血を繋いで来たのだと思います。
多くの一族が滅んで、人知れず多くの棚田が消滅したと思います。

いつもそんなことを想いながら棚田を歩いています。


コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。