荒川三歩

退職したので益々自転車で走り回っています。
相変わらず近場中心ですが、これからは故郷でも。

樫谷棚田のこいのぼり

2017年05月19日 | 散文
樫谷棚田を農家の上から見ています。


眼下には拡がる棚田と泳ぐこいのぼりです。
田舎では旧暦で行事を遂行するので、こいのぼりはこれからの風物詩です。






新緑が匂う農道を下りて行きます。




いつもの農道を行きます。




こいのぼりがあんなに遠いです。


上空に飛行機雲が走ります。
山は緑です。


こいのぼりの場所に戻ったら農家の夫婦に出会いました。
前回訪問時に下の農家の老夫婦に教えて貰った、「6軒のうち自分達で棚田を作っている2軒」のうちの1軒です。


過疎地にこいのぼりが意外だったので質問します。
「こいのぼりの対象になる子供が居るんですか?」
「うちの孫です。内孫と外孫のこいのぼりです。今年初めて揃い踏みです。娘を嫁がせたら偶然同じ家紋でね」

幟には家紋と名前が入っています。

逆に質問されます。
何時でも何処でも「何処から来たのか」と尋ねられて、「まあ遠くから」と感心されます。
「どんな棚田の景色が好きですか?」と訊かれます。
「四季折々の棚田の景色を全て見たいと思っています。今の季節では水鏡の棚田です。この辺り数枚の田んぼに水が入っていたら、絶景なんだけど・・・」

「あら申し訳ない、そこはうちの田んぼです」
「え!?いやぁ~失礼しました」
そんな会話でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水が張られた泉谷棚田ー3 | トップ | 水が張られた樫谷棚田 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちわ (たか)
2017-05-19 17:55:47
棚だと鯉のぼりが上手くマッチして、いい景色。
ウットリしてしまいました。
こんな場所は時間もユックリ流れているのでしょうね。
行ってみたいな!
たかさん (荒川三歩)
2017-05-20 09:40:27
いつも訪問とコメントをありがとうございます。

好いでしょう。
人々も優しいです。
また行きたくなります。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。