荒川三歩

退職したので益々自転車で走り回っています。
相変わらず近場中心ですが、これからは故郷でも。

こんなに潮が引いた頓田川河口

2017年05月14日 | 散文
ひょいと頓田川に来てみたらこんなに潮が引いています。
満潮時には半分以上潮に浸かる防波堤が、こんな手前で陸地に取り残されています。


画面中央のマンションと左右の防波堤が随分遠くにあります。
ここまで引いたのは初めて見ました。
今日は大潮でしょうか。


ここから見るのは、いつものように長閑な景色です。
大島を初めとするしまなみ海道の島々が霞んでいます。


静かに波が寄せます。
兵市島です。


比企島です。
波を水平に撮ったら水平線が斜めです。


陸側を見ます。
唐子山と右手に霞む霊仙山です。


唐子山の向こうには世田山と笠松山連山、そして遥かに霞む四国山脈です。
ふるさとの海山はいつも優しいです。


時が過ぎて行きます。




さて、帰り際にもう一度と目をやると、赤灯台が夕日に映えます。
去りがたい・・・。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 村の鎮守の神様のー3 | トップ | 道前平野の麦秋 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。