荒川三歩

退職したので益々自転車で走り回っています。
相変わらず近場中心ですが、これからは故郷でも。

綱敷天満宮の祭り2017年(新天神)ー3

2017年05月11日 | 散文
先ほど三番叟を奉納した子供の一人のようです。
おそらく、生まれて初めて繋ぎ獅子を奉納するのだと推察ます。


子供を乗せているのは父親だと思います。
慎重に立ち上がっていきます。

立ち上がった時点で介助の人達が離れます。

大人達に見守られて、父や大人に教わった舞いの奉納です。


まだ上に上がるようです。


肩に立ちました。


まだ上ります。
慎重に動きます。


父の頭の上です。
下では固唾を飲んで大人が構えています。


舞いを奉納します。


下りるのかと思ったら、




次の舞いの奉納です。




また肩に立って、


最後の演舞です。
緊張感と拍手が親子を包みます。


無事役割をまっとうして大人達から褒められている子供の脇で、父が泣いています。

無事に奉納できた喜びと、子供の頑張りと、周囲の人への感謝と、辛かった練習の日々と、子供を怪我させなかった安堵感と、我が子の誇らしさと、色々なことがない交ぜになって泣いています。
私も貰い泣きしています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 綱敷天満宮の祭り2017年(新天... | トップ | 綱敷天満宮の祭り2017年(新天... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんわ (たか)
2017-05-11 21:55:38
最上段に乗っている子供さんの何と堂々とした構え
カッコイイですね。
大きな拍手が聞こえて来そうです。
私もここから  
たかさん (荒川三歩)
2017-05-12 09:33:35
親子とも練習の賜物ですね。
子供の可能性って凄いと思いました。
この子は一皮むけましたね。
父親の気持ちを想うと今でもウルッときます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。