Catch the words

from Shizuoka/name is "slide"

砂のように

2016-08-31 | Weblog
眩しい光は
より一層
輝いて見えるけれど
砂は
さらさらと風に泳ぐ

書けば書くほど
食い散らかされるだけで
弱音を吐かないようにすればするほど
眩しいだけで

磐石など、どこにも非ず
巌は
何れ
石になり
石は
何れ
砂となる

砂の上を歩いた
裸足の少女は少年のように
飾ることも知らず
何もかもが
眩しかった







*
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豊穣

2016-08-31 | Weblog
8月31日、水曜日。
午前4時30分。
曇り。


昼間は、良く晴れたお天気でした。
台風一過な雰囲気を沢山ふりまきながら
風がとにかくまぁ強くて…
気を付けないと飛ばされてしまいそうな位だったけど


でも、その分湿気がなく
比較的すごしやすい日でした。
暑いことは暑いけど
いつものあの暑さよりか、ずっと良いなと思いながら
爽やかに晴れた空を眺めました。


台風10号
被害なく行ってしまうと良いですね。
今、台風はどこにいるのでしょうか?



今日は、8月31日ということで
多分、毎年思い浮かべる今日は何の日は
“野菜の日”
…ではないかな?(ちがうかな?)


野菜は好きです。
時々、おかずは
魚も肉も無しで、野菜オンリーの献立でも良いなと思う日も
ほんの時々ある位、好きです。



ベジタリアンに興味はあるけど
完璧なベジタリアンは無理だろうし
机仕事というわけでもないので
ただでさえパワーの無い自分なので
魚や肉でエネルギーを美味しく採らせて頂いている
そんな毎日です。


豚さん、牛さん、鶏さん、魚さんには
海老さん、蟹さん、蛸さん、烏賊さんには
生き物さんには
命をいただいて
生かさせて頂いて、とても感謝なのです。m(_ _*)m


いただく時は
いつも感謝の気持ちと言葉なのです。(頭の中で)



…なんてことは
肉の日に書くべきなのかな?
今日は、野菜の日なのに、お肉に感謝する僕です。
あいかわらずズレている人間ですね…トホホ。



一番好きな野菜は何だろう?
僕は好きなのは…大根、蓮根、ブロッコリー、ホウレン草、長ネギ、ゴボウ、ジャガイモ、サツマイモ、茄子
里芋も大好きです。


大根、里芋、が頭ひとつくらい抜き出て
好きだなぁ。
ボルトさんくらい抜き出ているかな?
続いて、ゴボウと蓮根かな?
根野菜が特に好きなようです。


里芋は、これからが旬だったでしょうか?
秋になってお祭りの季節がやって来て
年に一度のお楽しみの
お祭りの夜には


お座敷に、お祭り用の料理が並んで
その中に
里芋と椎茸とゴボウと蓮根、蒟蒻の煮物が
大皿に盛り付けられて、デン!…と置かれるのです。


蒟蒻は、中央に切れ目を入れて
クルンと片方の先を通してあります。
里芋は、包丁を入れず
丸ごとの姿で煮てあります。
どんなに大きな里芋でも、丸ごとなのが我が家のルールです。


母がこの家にお嫁に来た時に
そう教えられたそうです。(丸ごと里芋)
母は、今もルールを守る
素直な良いお嫁さんですね。(身内が言うのもあれですけど…)



お刺身の大皿、オードブルの皿に並び
煮物野菜の大皿で
三大お祭り献立が並んで
その光景を観ると
“今年もお祭りの日が来たか”…と、実感します。



また、お祭りの時期が近くなりました。
今年は祖母のことがあるから
お祭りは参加しない(観に行かない)予定だけれど
近所や遠くから聴こえてくるだろう祭りの音


お囃子や掛け声を
窓から、縁側や濡れ縁から
聞こうと思います。
いつものお祭り献立も、一応作る予定らしいです。(←母が)
今年も、大好きな里芋や椎茸、蓮根の煮物が楽しみです。



野菜も、穀物も、肉や魚も
五穀豊穣で
人の心も世の中も豊かだと良いな。


豊かでいられる
そのヒントやチカラをくれるもの全てに
感謝です。



食べ物のこと書いていたら、お腹が減ってきました。
でも、朝はいつも適当なので…
二度寝から目覚めたら、いつものお茶飲みます。


では、
お休みなさい。







*
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小枝

2016-08-30 | Weblog
くぐらせた梭で
夜空を縫って
織りあげられたら

機織り
星は降り
船の形の梭に乗り

それ以上の空は無い
小枝から風がなびけば
これ以上の
あの日以上の
思い出は







*
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

知る

2016-08-30 | Weblog
8月30日、火曜日。
午前4時27分。
曇りかな?


窓の外では、強く風が吹いています。
帰り道にはフロント硝子に雨がぽつぽつと降り出して
一時雨が降ったようで


その影響か
強い風のせいか
外は、とても涼しいです。
風が吹く度、爽やか気持ち良いです。


でも…この風はいかにも
台風の匂いを含んでいますね。
台風は太平洋を行ったようだけれど
台風一過のニュアンスがたんまりと含まれている感じの
強い風です。


天気予報をみると台風は
ここいら辺の土地からは離れていると思うのだけど
でも、この風…
大きくて強い台風なのは確かなようです。
これから台風がやって来そうだという土地の方々は
十分に気を付けてほしいと思います。



“台風”を例により
このガラ携内蔵の辞書で調べてみたら
“熱帯低気圧の強いもの。
南洋の海上に発生し、おもに夏から秋にかけて、
中国・日本などをおそうあらし”
と、ありました。
なるほど確かに。

台風は、“颱風”という書き方もあるのですね。
“颱”という字、初めて観ました。



時々、観たことのない漢字と
未だに出会うことがあります。
こんな風にふいに知ったりとか
人の名前(名字)や土地の名などでも
珍しい読み方があったり
初めて観るような字だったり


世の中には
沢山の漢字があるのだなぁと関心するくらい
津々浦々
いろんな読み方や字がありますね。


漢字文化がないと得られない感動ですけど
上手い下手は置いといて
字を書くことが好きなのもあり
こういった知る感動もあり
漢字のある国に生まれて嬉しいな…と思うのは
こんな時です。


字を書くことは好きだけど
自分の名前を書くのは、ちょっと苦手だったりする
かもしれません。


家族の名前を書く時は、そう感じないのだけど
なぜでしょうかね?
自分の名前は何百回と、何千回と書いているかもしれないのに
未だに
自分の名前が掴みづらいというか
書くだけでも照れくさい気がします。


自分の名前は
気恥ずかしいです。
ありふれた名前だけれど、書くと何故か感じる
気恥ずかしさ。
小心者すぎて、
我ながら呆れてしまうですよ。(>_<)



とはいえ、漢字や平仮名、片仮名など
いろんなタイプの文字に囲まれた生活は良いですね。


平仮名の優しさ
片仮名のコケティッシュさ
漢字のかっこよさ
日本語の表現の多様さと、小粋な所、奥ゆかしさ、繊細さ


文字と言葉の世界も
他の世界と同じように
美が潜んでいますね。


世の中には
まだまだいっぱい
知らないことが沢山あるのですね。
毎日、1個は知ることができたら
総白髪になる頃は
多少、お利口さんになれるでしょうか?(無理か)



書き始めからずっと、止むことなく
風は吹き続けています。
烏が鳴いています。(早起きだなぁ)


僕は、これから二度寝です。
この
これから眠ろうとする時が好きです。


颱の文字を知ることができた、ありがたい気持ちと
日々の感謝と
眠ろう。
風の音を聴きながら。

では、
お休みなさい。







*
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016-08-29 | Weblog
静かな
人に気付かれない位の
揺らぎ

路傍の花と殿様飛蝗
庭木の花に揚羽蝶

出会う瞬間
これも一種の縁結び

静かに
揺らぎ
地から紙一枚分浮き出せば

きっと見つかる
探し出せる
その目の中に







*
コメント
この記事をはてなブックマークに追加