Catch the words

from Shizuoka/name is "slide"

いつもの街から

2015-01-31 | Weblog
1月31日、土曜日。
午前1時43分。
星空。


昨日は雨降りだったけど
夜には星空となりました。
月がまた満月に近付いてきています。


さっき投稿したところだけれど
お休みなさいなんて書いたところだけれど
うたた寝を挟み、再び今晩は…です。


昨日は午前中、用事がありお気に入りのビルがある都会まで行ってきました。
時々行くことはあって
夜の帳が降りてから車で通りすぎるだけなのだけど


仕事帰りの人や、飲みに来ている人や、デート中の人々や
行き交うタクシーや
スケボーやダンスの練習している人々や
点滅するビルの麓
そんな夜景の中を行くのだけど


昨日は、珍しく午前中なものだから
いつもの夜の街とは雰囲気は全然違っていて
明るく爽やかでした。
とはいっても、雨が降っていたので爽やかとはちょっと違ったかな?


なかなか午前中に行くことはない街。
明るい街は新鮮でした。^^


部屋にいる時は、大抵、ラジオをつけています。(僕の部屋にはテレビがないのです)
ラジオをBGMに
窓から景色やパンジーを観る時はホッとする時間です。


いつもの都会には、ラジオ局があるので
用事の前に少しルートを変え通ってみました。
いつも掛けているラジオを放送している現場を、見てみたかったのです。


初めて見ました。
ラジオの放送しているスタジオ…っていうのかな?
チラリとだけど見られて感動しました。


当たり前なのだけど、本当にあるのだなってね。
ライブやコンサートに行った時もそう思うのだけど
某体から聴こえてくる世界は目の前にはなく
目で見ることも、同じ場所に立っているのでもなく
同じ空間にはいないのだけど
同じ風を感じることもないのだけれど
でも、歌や音楽やお話は聴こえて
感動をする。


CDプレーヤーやラジオな向こうの世界を目にした時
実際に歌っている姿を見た時
その世界が本当にあるんだなぁ…と、
間抜けなのだけど思って感動します。
当たり前すぎてアンポンタンなのだけど。f^_^;


だから、コンサートやライブではしばらく
ボケー…と
会場を見渡して、『現実だ…』と
同じ世界のことなんだな?と
確認しては感動します。


なので、いつも聴いている世界が目の前に現れると
『おおお…』と言葉にならない感動になるのでした。


遠い世界も近い世界も
自分の場所も
繋がっているのだね。
みんな、そんな和(輪)の中にいるのだね。


ひとしお感動してから無事、用を済ませ
街をあとにしました。
昨日もまた書店へ。
やっぱり書店はブラブラするだけでも楽しいです。(一冊雑誌を買ったけど)


昨日は街を昼も夜も行きまして
色んな風景を見られました。
いつものビルは、あいかわらずいつもの点滅で
ホッとしました。o(^-^)o










『いつもの街から』

電車の明かりが走っていく
ビルが優しく瞬きしている

僕は
手に入れた日常品をぶら下げて
人生の隅っこを歩いている

ここは日常の中の
勾配の楽園
確かに世界は繋がっている

さまざまな色の糸で
遠い世界も
近い世界も

電車の明かりが走っていく
光が
まだ知らない世界へ







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ふわふわ

2015-01-30 | Weblog
1月30日、金曜日。
午前4時29分。
今は、雨はやんでいます。


さっきまで雨音がしていたと思ったけど今は聴こえないので
やんでいるのではないかな?
心地好い雨音でした。


毎週、雨が降っていますね。
先週や先々週は結構な降りだったけど
今週は今のところ小雨といったくらいかな?
夜が明けてからは、どんな天気になるのかな?


1月や2月の雨は冷たくて寒いから苦手だけれど
乾燥しがちなこの季節には雨もありがたい存在です。
植物も肌が乾燥して
喉が乾いてしまってるかもしれないから
冷たい雨だって、美味しいよって
言ってるかもね?


…なんて書いていたら
姪っ子が小さな頃、同じことを話したような風景を思い出しました。


雨が降っている風景を眺めながら
『お花が美味しいねって言ってるね』
なんて言った記憶が仄かに思い出されます。
姪っ子、可愛かったなぁ!(大きくなっても可愛いけど)


姪っ子も甥っ子も、みんな可愛いく思うのは、彼ら彼女らが何歳になっても
変わらずにずっと可愛いのだろうなぁ。
髭が生えるようになっても、お年寄りになっても
永遠に姪っ子甥っ子だもんね?


姪っ子甥っ子だけでなく
町を見渡せば、少子化の時代とはいえ
可愛い存在がたくさん…。


昨日も、買い物に行っていて
ふと傍らを見ると、いるのです。
ベビーカーというものに乗っている天使が。
何であんなに可愛いのかね。


正直言えば、自分の姪っ子甥っ子は何割り増しか可愛くはあるけど
でもよその子供さんも、ものすごく可愛いなです。


目が合うと、ジーッと見つめてきます。
あんまりジーッと見つめられると、ちょっと笑い返すのだけど
恥ずかしくなってそそくさと視線を外してしまいます。(>_<)


あんな純粋な瞳で見つめられたら
ドギマギしてしまうではないか…の心境なのです。
濁りの全くない愛しき純粋な瞳には
無限な可能性だけが広がっていて眩しいくらいです。


ベビーカーの彼ら彼女らも可愛いけど
少し大きくなったヨチヨチ歩きの子供さんもかなりなドギマギな存在です。
ガチャガチャの前で立ち止まっている姿の
なんとまぁ可愛らしいこと。


なんていう、可愛い存在について
小雨から思い出しました。
日本中、世界中の子供さんは
みんなやっぱり
とんでもなく可愛いな。(*^_^*)




…と、ここから23時台に書きます。
上記のように噂をしていた姪っ子甥っ子たちですが
今日、僕が出掛けている間に
姉②と甥っ子②が我が家へ来たそうです。
僕は留守だったから会えず、残念だったなぁ。(>_<)


ちょっと会わないと大きくなっている甥っ子。
時々、携帯に入っている姪っ子や甥っ子たちの写真だとか動画を
観る機会があるのだけど
本当に大きくなったなぁと、つくづく思います。


成長は嬉しいけど
そのうち気付けば思春期に入って『ウザイ』なんて言われてしまうのだろうか?
と、秘かに心配になってしまったりして…
でも、優しくて気遣い屋さんな甥っ子たちは
さすがにそれはないな。
うん、多分。


と、安心したところで
眠くなってしまいました。
星空です。
お休みなさい。^^












『ふわふわ』

時々、天使に会うのさ

朝の光のような
花びらの露のような
ふわふわの羽のような
小さな瞳の中には
大きな世界が広がっている

天使が笑いかけるから
僕も笑うのさ
僕も笑うから
ずっと笑っていてね

時々、天使に会うのさ
やんちゃな天使にさ







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

coat

2015-01-29 | Weblog
1月29日、木曜日。
午後21時38分。
曇り。


今日は、ずっと曇っていて
太陽がいないと、やっぱり寒いですね。
そのわりにコートも着ずにウロウロしていた案本単…アンポンタンは僕です。(>_<)
マフラーはとりあえずしてましたけど
さすがに寒かったです。(←当たり前だ)


母に、『お父さんって、無線が趣味だったよね?』
…と、一昨日だっけ?
ブログに書いた無線のことを徐に思い出し
母に訊いてみました。


すると、『趣味じゃなかったよ』だって。
ええぇっ…、おかしいな?(°д°;)


では、あの無線機はいったい何だったのだろうか?
あったことは確かな無線機なのだけど
形見分けで姉の家にいったはずだけど…おかしいなぁ。(>_<)


事実は違っていました。m(_ _;)m
申し訳ないです。m(_ _;)m


無線に興味が湧いたのも束の間、
僕の、とんだ勘違いでした。
そう思い込んでいた数年間は何だったのでしょうか?
恥ずかしいな!(*ノ_<)


ということで、僕は父のことを分かっているようで
あまり分かっていないのだな…ということがわかりました。
案本単です。m(_ _)m


お父さんは僕の父親だけれど
1人の個として、『人』として意識してみることがあります。
どんな青春時代を送っていたのかとか
個として、みんなが持っているであろう孤独は
父にもやっぱりあったのだろうかとか。
一生は満足できるものだったか
幸せを感じていたのかとかね。


同様に、祖父たちや、祖母たちや
母や姉たちなども考えることがあります。(ほんの時々)
家族って、あまり個として見つめることがないですから
意識して考え始めると何とも新鮮です。


同じ家で一緒に育っても
住んでいても、似たような顔をしていても
個性っていろいろだなぁ…って思いながら
それぞれに持つ心や
心の奥の奥にあるだろう光や影が多分誰にもあると思うから
家族の、そんなものを。


父は、お父さん
母は、お母さんだけど
1人の人間としての個が僕のうまれるまえからある。
個としての旅人の1人として、時々見つめたい時があるのです。
すると、もっともっと
かけがえのない存在に思えます。(多分)



そんな風に思いがけず事実を知った今日は
買い物に出ていたのですけど
一度のぞいてみたいと思っていた書店へ行ってみました。


時間がなかったので、たった少ししか見られなかったけど
たった少しとはいえ一目見られて良かったです。^^


年が明けると、例年の如くあちこちでバーゲンセールですね。
お金持ちでは全然ないので
吟味に吟味を重ね、気になるお店を見て回るも
気に入った物が数点あると
悩みに悩みます。(>_<)


で、一点、悩んだ末に買ったのだけど(安物だけど)
買った時の喜びは筆舌に尽くしがたい。
買ったからには大切に使おうと、いつもやんわり誓います。(←貧乏性…)


最大で70、80%offってスゴイね?
老若男女みんな、真剣な目で商品を見ていたなぁ。
特に女子たちの目はサバンナのハンター並みに真剣でした。
服を見るのって楽しいね。^^
バーゲン、大好きです。
見るだけだけどね…トホホ。


静かな場所も好きだけど
賑やかな場所も大好きです。












『coat』

コートを買ったら
多分、次の冬に着るのだろう
その頃
どこにいるだろう

何を着て
何を見て
何を信じて
何を弾いて
何を

何を?

次の冬にはこの町で何を?
そう自らに訊いてみた
コートを着たらどこへ向かうの

どこにも行かない
行く
どっち?

賑やかな店は
来年も流行りの服を並べて
みんなの瞳は輝いている頃
目覚まし時計は欠伸をするの

次の冬には何を見上げているだろう
やっぱり
あの星空を見上げているだろう

この僕と
個の彼方と







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初詣

2015-01-28 | Weblog
1月28日、水曜日。
午後22時02分。
星が目映い。


昨日は、2月を飛び越えて春になってしまったかと思うくらい暖かい日でした。
3月か4月くらいの暖かさだったかな?
冬眠している物たちが間違えて出てきてしまわないか?…と
思わず心配してしまいました。


暖かくて過ごしやすいのは嬉しいけど
まだ1月だというのに
1月は1月で必要な寒さがあるのではないかと
そっちも心配になってしまったけど…
でも、暖かくてホッとしたなぁ。^^
まさにホットな日でした。


そして今日はというと…打ってかわって寒い日でした。
だけれど、今年初めて
梅が咲いている姿を発見!
嬉しかったな。(*^_^*)


そういえば、ロウバイも咲いていました。
鈴のようでした。
風が吹いたら、リンリンと鳴りそうな
可愛いロウバイさんたちでした。(大半が先終わっていたけど)
春は行きつ戻りつ、確実に近付いているようです。



今日は、やっと初詣にいってきました。
年末からずっといろいろ重なって、今頃になってしまいました。
ぎりぎり1月中に行けて良かったな。^^


初詣、みんな必ず行くのだろうか?
僕は、初詣にあと5箇所(!)行きたいのです。f^_^;
これって初詣といえるのかな?とも思うけど
僕にとって、それぞれが初詣なのです。



今日行った神社さんは
両親が挙式して、姉たちや僕が生まれた時にはお宮参りに行き
七五三で、受験の前に、何かあった時に
そして、姪っ子や甥っ子が生まれた時にもお宮参りに行った
人生の中で何度もお世話になっている神社さんです。


両親もそのまた両親も、きっと
人生の節々にお参りさせて頂いているのだと思います。


だから、まずは一番初めにお参りに
初詣に
この神社さんに行きたかったのです。
昨年のお礼と、今年も、よろしくお願いします。(^人^)
…と、しっかりお参りしたかったので
行けて良かったです、安心しました。


他にも行きたい5箇所というのは…
幼き日、よく遊びにいっていた
穏やかで、あたたかな雰囲気の神社さん。


今日いった神社さんがお父さんのようなイメージだとすると
幼き日よく遊んだ、あたたかな雰囲気の神社さんは
お母さんのイメージです。
この神社さんも初詣に絶対、ご挨拶に行きたい神社さんです。


そして、歩いてすぐのところにある
町内にある小さな小さな、神社さんも行きたい。
ずっといっていなかったのだけど
ここ数年、詣でさせて頂いています。
住んでいる土地を守ってくれているだろうから
こんな僕を住まわせてくれている、ありがたい神社さん。
しっかり、ご挨拶しておきたいですものね。


そして、心惹かれた神社さん。
この神社さんは、父がちょっとだけ遠くの病院へ通っていた頃
或るポスターが目に入ってね
『行ってみたいなぁ…』と、一目惚れのような感じで出会った神社さんです。
神社さんのポスターだったのですよ。
ここもまた、穏やかなおおらかな雰囲気に思えます。


ポスターを見て行ってみたら、とても居心地良くて
気に入ってからは、時々、行くようになりました。
病院への道中の心の不安などを癒してくれた、恩人のような存在でもあります。


あと2箇所は、お寺です。
友人が好きなお寺と(一緒にいって僕も気に入りました)
祖父母が出会った、お馴染みのお寺です。(お札も毎年いただいてます)


どこも、それぞれの時代に
とてもお世話になっている神社さんやお寺さんばかり。
何ヵ月か掛けて少しずつになってしまうけど
お礼とお参り(初詣)に行かさせて頂こうと思ってます。


こうやってひとつずつ書いていくと
本当にお世話になってばかりなのだなぁ。(>_<)
本当に本当に…感謝です。


今日は、ホッとしました。
明日も寒いそうですね?
カゼやインフルエンザや運転には
気を付けていて下さいね!











『初詣』

空を見上げると、背の高い木立
風が吹き
さわさわと揺れる

初詣にて
大好きな梅の綻びを
見た

ありがとう
僕の中に生まれた五文字
僕らの人生ごと

ちょっとだけ
優しくしてもらったような気がして
胸の中の灯りが
ちょっとだけ
呼吸を深めた気がした

生まれた時から、ありがとう
空を見上げると、鳥が木立にとまり
風がもう一度吹いた







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

瞬間の輪

2015-01-27 | Weblog
1月27日、火曜日。
午前6時15分。
曇り。


昨夜は、雨足の強い雨が降っていたけど
0時すぎには一瞬だけ停電したくらいであったけど
雷鳴が聴こえた時もあったけど
たった今は雨はやんでいます。


毎週、雨の日があります。
一雨ごとに暖かくなっていくのだろうなぁ…と思ったけど
よく考えたらまだ1月ではないですか。
まだまだこの台詞は早いかな?


一昨日、友人Cにメールをした返信に
友人Cの弟さんのところに第2子の子供さんが産まれたと書かれてありました。
なんとも、おめでたいお知らせでした。(*^_^*)


弟さんは、ついこの間バッタリ遭遇したばかり。
久しぶりに見る弟さんは昔とかわりなく
ふと、Cさんの家に遊びに行っていた頃を思い出しました。


最近、会うこともなくなって疎遠になってしまった友人Hが
弟さんのことをとても気に入っていて
時々、話題にのぼっていたりして
当時からナイスガイな感じの弟さんでした。


当時、弟さんの趣味のひとつが無線だったらしく
ああいうのは仲間を募ったりするのかな?
僕も無線をやりませんかとお誘いしてもらったのだけど
無線にはとんと興味がなかったので断ってしまったのでした。(当時)


でも、今思えば
無線も面白そうな感じがするから
お誘いに乗っておいたら良かったかな?…と思ったりもします。
アナログなものやアンティークなものが好き故にか
無線も良いなと、今となっては思います。


そう思うようになったのも
父の影響かもしれません。
我が父は、釣りや飛行機や車、カメラや音楽が好きで
いくつかそういった趣味を楽しんでいたのだけど
もうひとつ、無線の趣味もあったようなのです。


無線機があってね
亡くなったあとは誰かに譲ってしまったけど
『無線も趣味だったのだなぁ』
と、思ったものです。


父の趣味のひとつと思うと
ちょっと興味が湧いたりする僕でした。
生前に思っていたら、一緒の趣味で教えてもらえたかも知れないな。
遅かったか…トホホ。


音楽の好みは、多少重なっていたのは良かったです。
父は、美空ひばりさんが好きでした。
あの歌唱力、雰囲気、僕も大好きです。
一時期、父にプレゼントした、ひばりさんのジャズアルバムを良く聴いていました。


ウィントン・ケリーさんとか、グレン・ミラーオーケストラとか
エロール・ガーナーさんとか…その他色々。
父のCDは、今は僕の部屋の棚にあります。


…何でこの話題になったのだっけ?
そうそう、友人Cの弟さんのところに第2子誕生ニュースがあったことから
思い出した思い出たちでした。


安心します。
あの頃の、僕らの青春の1ページにいた弟さんが幸せでいるって
単純に嬉しいです。^^


友人Cも僕も、独身の子供なしの
恋人までなしの
相変わらず、うだつの上がらない僕らだけど
弟さん家族が幸せでいる喜びを
空に感謝するのです。


またバッタリ遭遇したら(弟さん仕事中だろうけど)
こっそりと、『おめでとう』と言うだろうな。^^











『瞬間の輪』

昨日のことのように思える日と
今日の日が出会い

甦る思い出は
たった今、この瞬間
思い出の枠から飛び出して
すぐ隣であたたかな色と共に
くすぐったそうに笑う

いつもだよ
忘れたことなどないよ
置いていくな
持っていっていいよ

そう少し笑い
またあの日に帰っていく

遠くなるページを
昨日のようにに思える日を
今日の中で見つめる瞳は
永遠に続く瞬間と
出会っていく







コメント
この記事をはてなブックマークに追加