Catch the words

from Shizuoka/name is "slide"

for Baby

2012-06-29 | Weblog







スーパーマーケット
ハムやベーコンを吟味しているお母さんは
カラフルなベビーカーを押している
ベビーカーにはオモチャをガジガジかじっている
星空のような瞳の、赤ちゃんという無垢な存在が乗っている


どうしてこんなに可愛いのだろう
どうしてこんなに生まれたての蕾のようなのだろう


きっと、あと30年後位にはこの赤ちゃんも
ハムやベーコンを吟味しながら、ベビーカーを押しているのかもしれない
僕は、白髪頭でそんな彼らをやっぱり
見つめているかもしれない
笑いかけようとして、嬉しく思うのかもしれない


ベビーカーは、未来と可能性を乗せている
僕らの手には、そんな未来を守るチカラと選べるチカラが乗っている
連鎖する命はご先祖様から子子孫孫へ
その狭間にいる僕らが今、原発というものをプライドも失く選んだとしたら
30年後、大人になった子供たちは
そのまた子供たち子子孫孫は
ハムやベーコンをあの日のお母さんのようにのんびり吟味できるのだろうか


『今』という時
『67年前』という時


愛し合うということができるなら
命を続けていこうと思うなら
ベビーカーの中の無垢を、永遠に眩しいくらい繰り返してほしい
なんてね、


2012年に思う
僕はいつも想う


















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

fragrance like white spirits

2012-06-24 | Weblog







深々とした緑の草原に風は緩やかで、そっと目を凝らせばニルヴァーナは眠る


一歩、また一歩
さらに一段、もう一段
君は上っていく
時々、後退してもいいけど約束してね
諦めない気持ち持つことを

また一つ、もう一つ
静寂と情熱をもっともっと
時々、フワリと鋭く
軽やかに青を含んだ赤の誕生に尊敬を


光を追って生まれた日のこと
その心に思い出して、行き先には真珠より真っ白な雲が舞っているから


仰げばそこにいつでも


















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あかり

2012-06-22 | Weblog






一瞬で部屋は暗くなり
聴こえるのは僕らの話し声と台風4号が走って行く
地球が荒ぶる生命力の音
暗い室内では手探りで、少しの灯りを探す僕ら

『また停電だ』


明かりがない、テレビもつかない
冷蔵庫はぬるくなる、開けなくなったパソコン
信号機の色は消えて町の中は真っ暗け
外では
漆黒の雲が空を覆い、雷神は一瞬の閃光を放つ
風神は力いっぱいこの世界に喝を入れる


そして僕らはお互い肩寄せて
明るい世界を手探りで、二つとない灯りを探してる
だから

『ここには希望だけがある』


そう思えた方が楽しい
そう感じた方が自由でいられる
そう受けとめられたら全てが輝き出す


台風はそう囁いて、遠い海へと消えていった
赤い風神は力の限り駆け抜けて
今は星空の下
聴こえるのは、僕らの波が奏でる音
そう信じることで続いていく灯り


『おかえりなさい僕らのあかり』

















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

代わりに

2012-06-17 | Weblog







感謝の気持ちは、当たり前のように
毎日贈っているけど
毎年訪れる父の日には、奏でるのだ天国まで


雲を越えて空を越えて成層圏を越えて
UFOをも飛び越えて
父が好きだった曲を選んで、いつもより丁寧に、少し優しく
言い表せないくらいの感謝を
88個の鍵盤に乗せてミスタッチなんて平ちゃらで


どこか遠い星まで届け
スターダスト
ミスターナットキングコールは苦笑いの演奏だろうけど

幸せな世界にいるのかな星の彼方
ワンダフルワールド
ミスタールイアームストロングは笑い飛ばすだろうけど


僕に良く似た、世界でたった一人へ贈る
たった一つの演奏を今年もまた心を込めて


『いつまでたっても、大好きです』



の代わりに
いつもの部屋で、お父さんへ















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

特等席

2012-06-15 | Weblog








喜び、怒り、哀しみ、楽しみ
そんなものがギュッ!と詰まっていて
過去、現在、未来
そんなものにホンワリ包まれている
笑顔、怒った顔、泣いた顔、誰にも見せない顔
そんなものが十一面観音のように隠れている特等席を
予約して
僕の隣には君が座っていたらいいのだけど
神様が用意した、とっておきの日当たりの


晴れた日も
雨の日も
曇った日にも
そこに、光が注ぎ続ける特等席に

















コメント
この記事をはてなブックマークに追加