Catch the words

from Shizuoka/name is "slide"

偶然の糸

2017-07-18 | Weblog
7月18日、火曜日。
午前7時30分。
晴れ。


水色と白と溶け合ったような空です。
蝉の声がさらにボリュームアップしています。
夏休みを思い出す空気です。


毎日、当たり前のように気温は30℃を超えていますね。
暑くて、毎日、汗だくの汗だらけです。
塩分補給しなくてはです。


暑さが増して
熱中症には気を付けて
もろもろの事故にも気を付けてほしいなと
ニュースを聞く度思う気持ちも増しています。



昨日(月曜日)は、珍しく
姉①夫妻とバッタリ遭遇しました。
仕事中だったので特に喋ることはなかったのだけど
姉はニコニコして手を振ってくれて
義兄は“頑張って”と一言くれて
それだけなのだけど、申し訳ない、ありがたいなと思いました。m(_ _)m



おととい(日曜日)には、こちらはほんの稀にあるのだけど
友人Cとバッタリ遭遇があったし
バッタリ続きです。


仕事中に身内に会うというのは、何というか
恥ずかしい…という表現よりも
照れるというか
ドギマギするというかな?


一応は緊張している仕事中に
全然緊張しない身内や友人と会うと
心が“緊張なの?リラックスなの?どっち?”
…とでも言いたげに
ドギマギするというか、アワアワするというか。(・ω・;)(;・ω・)



バッタリは嬉しいのだけどね、
僕のメンタルが脆弱なのだね、多分。σ(^_^;)



“バッタリ”
という言葉で思い出すのは、東京ディズニーランドです。


ずーっと前の話になってしまうけど
友人Cと東京ディズニーランドへ行った時のこと
なんと無謀にも
8月のお盆の、大混雑な日に行ってしまったのだけど


案の定
園内は人、人、人の大混雑。(大盛況)
アトラクションは列、列、長蛇の列
というディズニーランド


そんな大盛況の遠いディズニーランドで
バッタリと
中学生時代の同級生(女子)と遭遇したことがあったのです。


こちらは友人Cといたけど
あちらは恋人とデート中のようだったし
声は掛けなかったけど


遠く離れた東京ディズニーランドで、昔なつかし同級生とバッタリでした。
あっちは気付いてないようだったからバッタリという表現は
合っているのかわからないけど。f^_^;


小学生の頃は
お互いに家に遊びに行ったりしたものだったけど
東京ディズニーランドで偶然バッタリの同級生は


すっかり大人になっていて
女らしく綺麗になっていて
しかも恋人と一緒で
やっぱり、昨日の姉①夫妻と同じように、ドギマギしてしまったっけ。


バッタリから思い出した
東京ディズニーランドでの
同級生との、まさかのバッタリでした。


その後
その同級生とは再びバッタリがあって
やっぱりその時も
あちらは気付いていなくて、
同級生が仕事中のようだったからかも。


あの同級生とは
“縁”があるのでしょうかね?
なかなかないではないですか、
遠い地で、しかも大混雑(大盛況)のTDLでバッタリするのは
珍しいことですよね?



“バッタリ”で次に思い出すのは
サッカー選手の方とのバッタリです。
何度かあるのですよ、いつも驚くのだけどね。
だいたいが御家族と一緒で微笑ましいです。^^


日々、ドギマギしても良いから
ワクワクやホッコリなものとバッタリしていたいものですね。



今日も暑そうです、
暑さケアには気を付けていて下さいね。

良い日を!







*
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 赤い風船 | トップ |  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む