Catch the words

from Shizuoka/name is "slide"

カケラ

2017-09-04 | Weblog
冷たいお茶
親子丼
胡瓜の浅漬け
茄子の荷物
お味噌汁が美味しい

帰り道
月を探しながら歩いて
美味しいもの食べたら

幸せのヒトカケラ
月の影から降ってきた
雲の向こうから
輝いた









*
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドイツとブラジル

2017-09-04 | Weblog
9月4日、月曜日。
午前7時35分。
曇り。


雲っているからか、暑さを感じず
すごしやすいです。
でも、今、ベランダを観たら陽が射していました。



今日は
8月31日の投稿について、少し書かせて頂きますね。m(_ _)m


まずは、タイトルについてです。(訂正です)
“色絵筆”
と書いてしまったけど正しくは
“色鉛筆”です。
色鉛筆と書いたつもりでいたけれど、間違っていました。
申し訳ないです。f^_^;



あと、色鉛筆のことで付け足しです。
愛用している2つの色鉛筆について書きました。


①小学生時代に買った色鉛筆
②叔父夫妻のフランス旅行のお土産の色鉛筆
…の2つのことを話題に書きました。


その、フランス土産の色鉛筆
パッケージに大きく書かれた文字が何て書かれてあるか
昨日だったかな?
偶然、目にする機会があってね、分かりました。


パッケージには大きく
“Faber‐Castell”
と、書かれてあるのだけど
何とこれ、ドイツの筆記具ブランド名ということでした。


本当に偶然、目にする機会があって
なんというグッドタイミングでしょうか。(^-^)g"


でも、
何て書いてあるのか意味が分かったのは良いけど
フランス土産なのに
ドイツの筆記具ブランド名て判明して


しかも、隅っこの方には
ものすごく小さく
“made in BRAZIL”
…とも書かれてありました。


フランス土産なのにドイツの筆記具ブランドで
made in Brazil…だなんて
昨日、今日まで気付かなかったなぁです。


叔父夫妻がまだ結婚間もない頃に行ったと思うので
かなり前にいただいたお土産だから
長い間、フランスの色鉛筆と思って使っていた色鉛筆…(>_<)


いやでも、お土産なことには違いないのです。
現地で売られていたものには違いないのだから
ガッカリ(ちょっと)する必要はないのです。



でもあれですよ、
僕がいけないのかもしれません。
当時、確か…叔父にお土産は何がいいか聞かれて
僕が答えたのが“文房具”だったのだし。


母はバッグ、姉②は絵本、僕は文房具をリクエストしたのでした。
姉①は何をリクエストしたのか…姉①のだけ覚えてないです。
何でだろう?


僕は、お土産というと
いかにもお土産用に作られたものより
現地の国の人々が日々暮らしの中で使っている物がほしいと思うので
どんなに安物でもいいから
現地感溢れる物が好きなので


フランス土産なのにドイツメーカーでも
メイドインブラジルでも
まぁ良いやです。
改めまして、叔父夫妻に“ありがとう”の感謝です。


と、感謝を改めてする運びとなりましたが
色鉛筆についての補足でした。m(_ _)m



このドイツの筆記具ブランド、
詳しい数字は忘れてしまったけど…1700年代創業の老舗らしいです。
きっと
欧州で幅広く事業を展開しているのだろうなと
想像しました。


パッケージの裏側には可愛いイラストがあります。
外国っぽいイラストです。
モンスターズインクのオープニングだったかな?
の、映像のような雰囲気の。



ちなみに、当時いただいたお土産は
色鉛筆だけでなくて
他にも文房具をいただきました。
クリップとか、ハサミやテープが入ったセットとか…
叔父夫妻に感謝です。m(_ _)m



今日は、8月の暑さはどこへやらで
朝晩の涼しさも注意ですね、
体調には気を付けていて下さいね。

良い日を!







*
コメント
この記事をはてなブックマークに追加