Catch the words

from Shizuoka/name is "slide"

瑠璃

2017-09-03 | Weblog
大事なものは
身体の真ん中から生まれる瑠璃の雫
空に向かって真っ直ぐ立ち上ぼり
見つめたまま世界を見渡すような
覚悟のような心

そんな心を持つ者の手には
ダイヤモンドの指輪が輝き
そんな心を持つ者の頭には
黄金の冠が授けられる

現実の目では見えない
輝きの集まる
誰も知らないあの瑠璃の草原へ









*
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

草色

2017-09-03 | Weblog
9月3日、日曜日。
午前7時28分。
曇り。


さっきまでは晴れた空がみえていたけど
今は、うっすら雲が出ています。
今日の天気はどうなるのかな?


今日は、今のところ、全然暑くなく涼しいです。
台風はどうなったのかな
台風って、9月に多かったっけかな?


今日は、9月3日
今日は何の日は…調べずに想像してみるに、
“草の日”とか
…かな?
あくまでも想像の今日は何の日です。m(_ _;)m



草は、好きです。
モサモサすぎるのは、あんまり好きとは言えないけど
苦にならない程度の草は、
モサモサは好きです。


“草”で
思い浮かぶのは


モサモサの庭(我が家の)、
草原
草いきれ
草色
草餅
草加煎餅
根なし草
草取り
草刈り
草むしり
草木も眠る丑三つ時
夏草や兵どもが夢の跡


です。
“草”がつく言葉を思い付くままに挙げてみました。
他にも沢山あるだろうなぁ。



モサモサの庭は
あいかわらずにモサモサです。
モサモサすぎて、中へ入っていけない位です。
…って、恥ずかしいことではあるのだけど。(>_<)


でも、この間、ほんのちょっとだけ
本当にちょっとだけは草むしりをしました。
“草取り”というよりも、まさに
“むしった”という感じでした。


草餅や草加煎餅は好きです。
でも…草加煎餅は一度、食べたことがあったかな?
と、超うろ覚え程度です。
誰かのお土産か何かで頂いたのだと思います。
やっぱり、うろ覚えなのだけど。


“草木も眠る丑三つ時”は
午前2時ぐらいかと思うのだけど
大抵は、眠り込んでいるのではないかな?(僕)


晩ごはんを食べて、詩を作ったりして
大抵は、あまりの眠気にパタッと瞬時に眠ってしまうことが多いです。
眠ってしまわない時は
新聞を読むか、テレビを観るか…かな?


自分の部屋には行かずに
寛ぐか
眠り込むか…のどちらかで


草木も眠る丑三つ時は
だいたいにおいて、眠り込んでます。
今日もそうでした。f^_^;


ところで
草木も、人間のように
眠ったり起きたりするのでしょうかね?
“あー、熟睡したぁ”とか
“あんまり眠れなかった〜”
とか、思ったりするのでしょうかね?


夜に咲く花とか
夜には閉じてしまう花とかあるから
朝になったり夜になったりの変化は理解している
ということなのかな。



“夏草や兵どもが夢の跡”
松尾芭蕉さんの有名な俳句ですね?


“夏草”とか“夢の跡”とか
単語だけ観ていると雰囲気があるけど
でもやっぱり、ふと淋しい気持ちになる俳句です。


この間、ほんのちょっとだけ草むしりをした時に
随分伸びたツユクサを抜いていたのだけど
ツユクサを抜く時だけ芭蕉さんの俳句の
“夏草や兵どもが夢の跡”
を、思い出します。


他の種類の草を抜く時は浮かんでこないのに
ツユクサの時は
だいたいいつも、芭蕉さんの有名な句
“夏草や兵どもが夢の跡”
…の言葉が頭に浮かんできます。


不思議ですね、
多分、僕の持っている
俳句のイメージとツユクサのイメージとが似ている
ということなのだろうと思われます。


松尾芭蕉さんの生きていた時代は
いつ頃だっけ?
兵どもはいつの、どんな武将さんのことなのかな?
エピソードを全然知らないのが
勉強してこなかった人生がよく分かりますね?f^_^;



一番暑かった頃に比べたら朝晩は涼しくなった気がします。
でもやっぱり暑いですから
体調には気を付けていて下さいね。

良い日を!







*
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

よるおくる

2017-09-03 | Weblog
気忙しくおくるのが
当たり前の現代
時間を追うことも
追われることも
疲れてしまうなら

時計の針を
熱で溶かして
時には
遠心力で凍らせて

ゆっくり揺れる草の上で
眠ってみたいと
流れる時間の中で
思うのは決まって

静かな夜
星の
当たり前じゃない夜









*
コメント
この記事をはてなブックマークに追加