北風に吹かれて

北の大地で暮らす 頑固親父の独り言

北の空から  追加

2017-06-19 06:38:00 | 日記
【 場所あるから・・・】

45年振りか・・どうにか田植え済ませる。家内も初体験であったが やり始め 面白くなったのか 泥んこになっても楽しんでいた。
終えて この位植えると お米 どれだけになる?と言うので これだけは 穂が出来るまでの過程において 天気次第と虫の駆除 当然 水の管理も
毎日にように見ないといけないし 成長の過程で 葉の具合など見ないといけないから これだけの収穫できる!とは はっきり言えないと返事する。
農家の方々から聞くと 上手く出来て 2俵 120Kg前後らしい。
計算高い 家内 と言うことは 10kgx12袋ね!と簡単に言う。

水加減見に行く。
山間なので 朝の冷え込みもあり 苗を守る為か 水もやや 多めにし ぬるめにしてやれば と思っているが
なにせ 水面調整も なかなか大変!
丁度師匠もやってきて まだ植えたいのなら 下の耕したところあるし 苗も余ったからやれ!と言われ
一緒に場所見て 水の出し入れなど聞き 急遽 一角 借りることになり また 代掻きしないと!となった。
また 畑用の水路の確認も出来 畑 田んぼと 忙しくなった。
もっとも最初から 皆 上手くいくとは思っていないし 上手く 収穫できれば それでよし!っていう感じ。
あくまで経験であり試験的な意味合いもある。

昨日の日曜
朝一番で 御仁宅に行き 倒してくれと言われてる木 数本倒し 倒すだけでいいと言っていたので 処理もせず
終えたところで 借りてる 畑 田んぼに向かう。
その時に師匠から 植えろ!と言われた。
草も ぼうぼうなので 草刈をする。
草刈機は 頂物のスチール製 プロ仕様で ハードに使える。 が 先日からどうも 吹け上がりが悪く なかなかエンジンの調子が安定しない。
もう1台ある マキタ製の割と排気量小さめのタイプも 日中 日の当たる場所に当てすぎなのか タンクに圧かかり過ぎて これまた なかなかかからない。
軽トラの荷台が整備台になる。
どうにか マキタの方を使えるようにはしたが 非力であるので 巻き付きが多い。
燃料補給の為 軽トラに戻り いざ!と思ったら 前方に・・・青大将! うわぁ~~ 勘弁してくれぇ~~。
明日からの段取り 見ながら この日はこれで終え
帰宅し 倒しに使ったチェンソーの手入れ 行う。
今回は ドルマー119 スチール024持参
ドルマー まだキャブのセッティング合っていない感じだったし
スチールは 後半になると どうもエンジンがおかしくなる感じで コイルか? 
いつも使う 028の刃も そろそろ交換時期でもあり 024から外し 028へ
この028も 上(高速域)がいまいちだったので調整。どちらも グリップヒーター付きではあるが 今のところ 世話になる機会もないので
スイッチは オフのまま。
後 1件 松の倒し依頼もあるので 028でいいかな?と思っている。
また 不調だった スチールの草刈機のキャブも 分解し整備
思っていたほど ダイヤフラムの劣化はなく クリーナーかけ H Lの調整ねじも外し そこも掃除してやり
組み込み 始動させると 元に戻った感じ。

北海道に渡り 今年で13年目か・・
まさかなぁ 木を倒したり 薪ストーブにしたり・・畑作り 田んぼまでやるとは・・・
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北の空から  比較 | トップ | 北の空から   合間見て »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。