北風に吹かれて

北の大地で暮らす 頑固親父の独り言

北の空から  徒然に

2017-05-14 04:03:31 | 日記
【 割と・・】

注文した ハスクバーナー42のピストンリング届く。サービス?に工具袋入っており へぇ なかなか いいところ!と思っていたら
明細には90円とある。頼んでもいないのに・・・
届けに向かい 手渡す。一応 経験者でもあるから あれこれ言っても聞かないだろうけど 念の為 シリンダー ピストンの傷 見た方がいいとだけ伝える。
また 倒す予定の木 知り合いが数本倒したとの事で 残りの木 どれを倒すか確認する。予定日話すも 天気も雨マークみたいで その日次第でと言う事で了解してもらう。
もう使わないと言ってた 薪釜 頂き その足で今度は エンジン関連の部品 探したらあったと連絡貰え 取りに向かう。
動力を伝えるプーリーで ヤンマーの80タイプには 2種類あって オーガ2本掛けのタイプ。ほぼ1台譲ってもらった格好で プーリーがないことに気がつき 連絡しておいた。
礼を言って 帰る。
自宅に戻る前に 薪釜 届けようと思い向かう。途中 昨日 直したゼノア36 丁度 親父さんが外にいたので 声かけし 状態どう?と言うと OKサイン!
あんな状態で よくここまで合わせるなぁーと 褒め言葉? 安定しているし 切っていても 問題なし! 喜んでもらえた。
新宮 ガイドバー取り付けたものの 駒短く こっちを使おうと思ったら エンジンかからないので 頼んだ!との事。
切った白樺 切り口 綺麗に切れてる。さすが 元職人! 目立てもしようと思ったけど 何せ プロ! 失礼と思いしなかったよ!と言うと
もう 使うこともない 5.5mm径のやすり 新品数本くれた。これもと 平やすりも。
どこかに勤め それで自分で修理してるのか?と聞かれ いやいや 壊れた機械見つけては 分解し 組み その繰り返しで覚えた程度で
素人に毛が生えた程度ですよ!と言うと 直した耕運機も 調子いいし 動噴も直ったし 助かった!と 言ってくれて まずは安心した。
そこから 数分の距離にある ある方の別宅に 薪釜届けに走る。
途中 携帯が鳴った。
1年位前に 耕運機のエンジンおかしいと言われ 見にいったお宅 失礼ながら 高齢な方からで ストーブのメンテできないか?と。
自宅の物なら いじることもあるけど 依頼では もしミスで火災など起こしたら 大変な事になるので しないと返事。
業者に頼むと 2万くらいかかり 知り合いなどで もっと安くできるところないだろうか?と聞かれ 当たってみて 連絡すると伝える。
別宅に入る道路 おや? ロープ? いやいや 動いてる! 今年 お初の 青大将? もう出てるんだ!と 横断するのを待つ。
薪釜 置き 自宅に戻る。

遅めの昼ごはん取り 知り合いにストーブのオーバーホールの件 聞いてみたら タイプ次第だけど 2万円っていうのは相場らしい。
ただ 本体 持参してくれれば 安くはなると言われ その事を 依頼主に電話。
シーズンも終わったはずなのに 朝晩の冷えあるから まだ使っているようで お盆過ぎにでも また連絡し 費用面などお知らせしますと伝える。
さてと 用事も済ませたことだし 目立てでもすっかと 腰掛け 倒す予定に使うチェンソーの目立て 始める。
頂いた 5.5mmで削っていく。
そこに 近所の おばぁさん 犬の散歩中で あのね!お願いあるんだけど・・包丁砥げる?と聞いてきた。
剃刀のような切れにはならないけど!と言うと トマトさっぱり切れないとのこと
後で持ってくるので お願いします!と。去年 草刈鎌 砥いだので 包丁もOKと思ったらしい。

目立ても終わり 昨夜 2個1のキャブにして取り付けた 所有のゼノア365 どうなるかテスト。
少し吸い込みも悪いかな?と思いつつ 繰り返すとうまく 連続になり キャブをセッティングしていく。
どうにか 安定までもっていけて 2個1にした キャブ OK!と判断。
親父さんは 35cmのガイドバーだけど 私の365には 40cmつけてある。親父さんも言っていたが
このゼノア 使い易くていいんだよ!と言ってて 軽作業には いい機械に思える。
ついでに カナダ製の小型も キャブの具合みる。
先日のテストでは ガスが薄かったようなので 開け気味にして 回転具合合わせていったら どうにか安定するようになった。
下から上まで いい感じになる。
小型の割りに マフラーからの音 結構 うるさい!
それに このタイプ 手押しでソーチェンオイル送るタイプ。 もう骨董の部類だけど
分解し 作り的には頑丈で 小型のゆえ 組む際 少し厄介なところもあったが 見事 これも復活!
ネットなどでは トップハンドル型は 中古でもニーズがあるのか 結構 いい値ついてる。 特に人気なのがゼノア
小型 軽量 パワフル・・それが人気なのか?
まぁ 私は トップハンドル型は あまり好んで使うほうでないので ジャンクであっても 求める事はないけど
このカナダ製は 似たタイプではあるけど あまり出品もない ただそれだけで求めた。
それが復活! 枝が多めの処理には いいような気もする。

徒然に・・割と バタバタ動きまわった1日 
日曜 月曜 雨マーク! 少し・・・苛苛感あります!
『北海道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北の空から   頼む! | トップ | 北の空から   すっかり・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。