北風に吹かれて

北の大地で暮らす 頑固親父の独り言

北の空から  無事終える

2017-05-20 06:18:29 | 日記
【 大仕事? 】

予定通り 木を倒しに向かう。
5本程度と 言いながらも 追加もあり・・まぁ 毎度のことで・・・

作業は3人 
実際 立っている木 それほど太くはないな!と思っていても 倒すと 意外と太かったり 硬かったり・・
もっとも 水を吸い上げ時期なので 玉切りにしても 重い。
午前中 5本 切りやすい場所に移動し 玉切り。あんまり 気にもしていなかったが イタヤカエデあり 薪には 上位クラスに入る。
それぞれ 持っていったチェンソー 試しながら 進める。
玉切りにおいては やはり マッカラー850 これがよかった。ただ テンション 緩くなるせいか 伸びも少し早め。この辺は 後で交換なりすればいい。
ハスクバーナー も そこそこで 作業も順調に進めることができた。

昼を頂き 午後から メインの太さ 高さもある 落葉松 
倒す方向決め 準備を進めるものの 風が出てきた。 風は 巻いている吹き方で 周辺の木々の揺れ具合見て 頃合 見る。
やっと 風も弱まった。
受け口 作っていく。
ゼノア55も 最初はよかったが やはり燃料ホース系の処理が まずかったのか 息つき始め ハスクバーナーで 追い口作り くさび打ちながら
傾きみて 慎重に 慎重に進める。
時折 風を見ながら。
やがて ゆっくり 傾き始める。ほぼ 狙った場所に ゆっくり ゆっくり倒れていった。
倒れる その際は 出来るだけ 逃げる。バウンドしたりするため しっかり静止できるまで 逃げて見守る。
針葉樹なら トップ付近など さほど心配する部分はないけど 広葉樹では ぶどうツルがあったり 枯れた枝なども 見えない部分もあり
倒れた!と安心しても 後から 枝の落下や 他の木の枝まで 折ってしまい その枝も落下する場合もあるから
場所によっては かなり離れないと いけない時もある。
もっとも 平地ならいいけど 斜面で笹が多い場所では 滑るし 逃げるに逃げれない。
落葉松の枝 落としていくと・・・
あと この2本もと 指差す。
ハンノキで 太さもないし ささっと倒す。
倒すだけで 後は 自分達で処理するから なんて言ってるが 時間もあり 枝くらい払っておこうと カナダ製 小型でやっていく。
意外に意外! 結構 30cc程度だけど パワーあるな!と思いながら 切っていく。
音もいい! こんな小型クラスでも 十分 使える! 20cm径も 問題なく むしろ 頼もしく思えた。
ゼノアも もう1度 燃料ホースまわり 加工すれば 使えるし マッカラーも それほど手間かけずに テンション交換も出来ると思うし
自宅では 吹けとか その辺は見ることは出来るけど 実際の作業においての不具合 それが今回わかったから まぁ 良し!とする。
何よりも 怪我もなかったし 物損もなかった それが1番。
後の玉切り  毎度ながら 押し付け切りで ムキになってやるんだろうなぁと 倒した木の径を見ながら 自宅に戻る。

倒しに向かう前 朝 メモあった お宅にお邪魔し 草刈機の件で伺い 見せてもらうことにしたが
草刈機ではなく エンジン芝刈り機! すっかり 肩がけと思っていて
エンジンが かからないとか。
キャブまわりみると オーバーフローしてる感じもあり これも 使いっぱなしで メンテなしの機械
今日と明日の午前中 用があるので 明日の午後 引き取りに来ますと伝える。
芝刈り機でもあり 低い位置にキャブもあるので 軽トラの荷台に乗せたまま 修理!と考えてる。
きっと エアークリーナーの掃除もしていないだろうし エンジンオイルもどうなのか・・
また 預かった ゼノアチェンソーの件も 作業手伝った方に 割と重症!と伝えた。
一部改造というか 変更すれば まぁ 使えるところまでには なるけど
どうする?と聞いたら 任せる!と。
直したところで 今年 使うかな?

21日 午後からでも出かけ きっと玉切りもしていないだろうから また 試し切りに別なチェンソー 持っていくか!と企んでいる。
スチール 041 045 ドルマー 133あたり持っていくか!と。
さて 本日は がらりと変わり 水道工事屋さん
その後 修理屋さん? まぁ 一応 多忙の身ではありますが。

やたら 元気になってくれた カナダ製のチェンソー
使い 思っていた以上に仕事してくれた!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北の空から  五月晴れ? | トップ | 北の空から    ノーメン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。