北風に吹かれて

北の大地で暮らす 頑固親父の独り言

北の空から  決行

2017-05-17 04:37:20 | 日記
【 作業 】

15日 やたら 風もあり 明日 16日は?と言うとプラス 雨マーク!か?と 倒す予定日を気にしながら 床につく。
昨日 朝起きて すぐ窓を開け 外の様子見る。まずは 風 ない! 道路は少し濡れてはいるものの 作業は出来そう! レーダーを見ると
ん? 雨雲・・こっちに来る? 時間は 9時?・・
作業予定は9時集合にしてあり まずは 集まってみて そこで考えればいいかと。
メールが入る。監督役 都合で来れない!
私が 倒さないといけない! 兎角 決まった事だし やるしかない! そう思いながら 準備進める。

持参するチェンソー ハスクバーナー 380  スチール 028 マッカラー 850
9時 皆 集まっており 打ち合わせを始める。
下見の際 この方向と思っていたが 枝の具合みて 逆らう事なく こっちに倒す!と伝える。
風もなく そばに 農業ハウスもあり 念の為 そっちには行かないように ロープで支える。
10時 開始。
ハスクバーナーのエンジン始動! 倒す前に お清めの儀済ませておいたが 切り始め 口にはしなかったけど 倒すからね! 軽く会釈し始める。
ハスクバーナーには 70cmくらいのガイドバーつけており 倒す方向に まず切り口 つけていく。
倒す方向 確認し 今度は 後ろから切り始める。
頃合見て くさび打つ。少しずつ切っていきながら 更にくさび 打ち込み 気持ち 切り口も広まってきた。
長めのくさび 打ち ハンマーで叩く。
段々 予定の方向に傾き始める。やがて ゆっくり 倒れていった。ふぅ 何とか倒せた!と思ったら 拍手! ん?
私らの他に その敷地で作業してる方々が いつの間にか 見物してた!。
さすがだね!・・・まぁ こんなもんですと返事するも 内面的は ハラハラドキドキもの! 
その位置じゃ 切るにも 大変だろうから重機で寄せると言ってくれて 移動してくれた。

今度は 玉切り 枝払いなど 各々 持ってきたチェンソーで切り始める。
私は 試す意味で マッカラー 850を動かす。皆 先端付近の処理しており 私は 中間より 下側をやっていく。
やはり パワーあるな!と思いながら進める。
お昼近くになって ポツリ ポツリと落ちてきた。
一人は 用もあるのでと 帰っていき 入れ替わるように 監督役が来た。
ほぉ うまく倒したんじゃないか!と言いながらも 切り株見て もう少し 切る位置をこうしたほうがいいと アドバイス受ける。
山仕事して職人さん達は その切り株みて 上手い下手わかるそうで
そのうち 監督役 来るだろうから 来る前に 処理しておかないと 思ってた矢先に来て・・・

先日 修理した エコーの332 見てたら どうも エンジンがパッとしない。
ダイヤフラム交換したのに うまく燃料吸っていない感じで フィルター詰まりか?・・作業にならないので
私の028 渡し 私は 切ったやつをまとめ 整理していく。
監督役も私の 380使い始め 残っていた 根元付近の玉切り 始める。
作業してる間に やはり おかしいと 新宮(イタリア製)を持ってきた。
もう 限界だと思うと言っておいたけど。
リコイル側の 樹脂製の爪の山が もう磨耗で丸くもなっており 引っかかりも悪い。
エンジンそのものは まだ良いとは思うが さすがに 量販タイプ やるだけやってみると預かる。
332も 点検してあげることにして こちらも預かる。
午後 3時頃には 一応 処理も終え 後は それぞれ都合に合わせ 運び出すからと伝え 終了!  どっと疲れ出てきた!
怪我もなく 他に支障もなく 無事終え 互いに お疲れさんで 退散。

帰り 親父さんのところに寄り 2台のチェンソー 具合どう?と聞いてみた。
いい感じで よかった!との事で 2台共 今日 使って特に問題なかったとのこと。
帰る際 近くの人の 管理機 耕運機 なんか みてほしいと言われる。
今日は 予定なく 使った道具 チェンソーの整備し 明日 天気がよけりゃ 別件の 倒し!へ。
で 明日は・・・ドルマー ゼノア スチールを持参予定!
仕事兼テストも!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北の空から   すっかり・・ | トップ | 北の空から   サプライズ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。