17音の記録

気が向いた時の記録

 俳句・無季の句 川柳と 関連記事

古団扇

2017-07-13 09:32:28 | 日記
古団扇

へなへなにこしの抜けたる団扇かな  万太郎
想い出や長押に差した古団扇       拙

古団扇が応援グッズの中心であったことも。腰にさして夜店をひやかしたことも。近くお中元として届いた名入れの団扇等々。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 真夏日 | トップ | メロン »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
団扇 (願船)
2017-07-17 05:45:25
  へなへなにこしの抜けたる団扇かな                           万太郎

 使い古した団扇の竹が折れたり傷んだりして句のようになったものがある。『へなへなにこしの抜けたる』の比喩的表現はそんな団扇を面白く詠っているが、万太郎調の情緒・哀感に乏しいと感じるのだが。

   想い出や長押に差した古団扇  阿部

 古い団扇が何本も長押に差してある。商店が出している団扇、色々なイベントで貰った団扇などそれぞれに夏の儚い思い出があるのだ。『想い出や』という上五で切った取り合わせの阿部句に万太郎の哀調を感じる。
有難うございました。 (阿部)
2017-07-17 20:39:19
願船さん
うれしいコメントを有難うございました。
うちわの出番はほとんどなくなりました。
「老兵はただ消え去るのみ」の言葉が身に染みてきます。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事