17音の記録

気が向いた時の記録

 俳句・無季の句 川柳と 関連記事

都忘れ

2017-04-23 12:26:02 | 日記
都忘れ
都忘れ夫ひっそりと近づき来   志摩知子
酔ひ痴れて都忘れと国訛り       拙
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 吹き流し | トップ | 蓬餅 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (願船)
2017-04-26 06:53:50
都忘れ夫ひっそりと近づき来  志摩知子

句に表現されている景は浮かんでくるが、余情が感じられませんね。

  酔ひ痴れて都忘れと国訛り   阿部

 懐かしい友らとの再会の宴で酔った風景が浮かんでくる。都に集った頃の思い出、それぞれの国許の訛りなどが青春とその後の長い時間の流れを感じさせる。
有難う御座いました。 (阿部)
2017-04-26 13:32:49
願船さん
うれしいコメントを有難うございました。
都忘れ なんて面白いなまえでしょう。
この花を見れば都の恋人を思いだ都を恋しくなるのか、それとも都のことなとはすっかり忘れてその土地になじむということなのかはっきりしません。僕は前者の立場でつかいました。
都忘れみかど流遠の御所の跡
いずれにしても都にいたのは昔のことです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。