17音の記録

気が向いた時の記録

 俳句・無季の句 川柳と 関連記事

麦秋

2017-05-26 10:08:20 | 日記
麦秋

麦秋や大きうねりの風を見せ   鈴木ふみを
イベントの目白押しなり麦の秋     拙

梅雨前のこの時期は気候もよく、麦を作付けしている農家も少なくなったので・・・。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三尺寝 | トップ | 山躑躅 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
麦秋 (願船)
2017-05-26 19:45:44
麦秋や大きうねりの風を見せ  鈴木ふみを

黄色一色に広がっている麦畑の大景が浮かんでくる。遠くから風が麦畑を揺らせながら大きなうねりとなってこちらへ押し寄せてくる。それをこの句では『大きうねりの風を見せ』と表現した。「風を見せ」という楚辞が、大きいうねりとなって麦を揺らしている風の動きがリアルに見えるような気がする。麦秋の景を見事に詠った一句だと思う。

   イベントの目白押しなり麦の秋  阿部
 
 麦秋を詠った阿部句では、前句のように麦秋そのものを扱うのではなく、『イベントの目白押しなり』という表現によって麦秋の候の社会的状況を詠っている。それは『梅雨前のこの時期は気候もよく、麦を作付けしている農家も少なくなった』という作者の註をみても明らかである。香川県内においても同じような状況がみられる。電車で郊外に出ても麦畑はあちらこちらに散在している程度で、前句に見られるような大景としての麦秋という感じは味わえなくなっている。そのようの見てくると
『イベントの目白押しなり麦の秋』という阿部句は時代を先取りした麦秋句であるとも言えよう。
 
有難うございました。 (阿部)
2017-05-26 22:13:42
願船さん
うれしいコメントを有難うございました。
この句を書きながら、昔 見た 小津安二郎監督の「麦秋を」思い出しました。主人公夫婦が家に帰ってきたとき麦秋の季節であり、晩婚の娘の結婚を契機として、安堵感とか人間の宿命など感じられたように思いました。
何となく寂しい響きを感じています。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。