17音の記録

気が向いた時の記録

 俳句・無季の句 川柳と 関連記事

種選び

2017-03-30 09:40:48 | 日記
種選び
人ごゑの日向にまはる種選び   児玉輝代
山場の声に耳貸す種えらび      拙
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 目借時 | トップ | 椿 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
種えらび (願船)
2017-04-01 06:37:50
  人ごゑの日向にまはる種選び  児玉輝代

 『種選び』は籾種を塩水につけて浮かんだ悪い種を取り除く農作業だと歳時記にあるが、実際に作業をしたり見たりした経験がないので、一句の景がうまく浮かんでこない。塩水を入れた容器を日の当たる場所に置いて数人の人が種選びの作業をしているのであろか。 人ごゑや日向から明るい春の農家の庭などが想像されるのである。

   山場の声に耳貸す種えらび  阿部

 阿部句でも「種えらび」を詠っている。「山場の声」の山場を最も大事な場面ととっても3音であるし上五の表現として不自然な感じを受ける。「山鳩の声」ではなかろうかと思ったのだが。そうであれば近くの山裾から聞こえてくる山鳩の声を聞きながら種えらびの作業をしている風景が立ち上がってくる。ご教示をお願いいたします。
有難うございました。 (阿部)
2017-04-01 09:48:18
願船さん
うれしいコメントを有難うございました。
ご明察の通り山鳩です。この頃は変換ミスがおおくなりました。申し訳ございません。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。