ロバのままに旅ゆけ

険しい人生の旅路をゆけど、それでもロバはロバのままに

おこりんぼ風の金糸瓜

2011-07-29 22:50:22 | 生活白書 -飲食-

 私が「金糸瓜」という農作物のあることを知ったのは、ソーシャル・ネットワーキング・サービスmixiで提供されているソーシャルゲームサンシャイン牧場」に出てきたからです。
 最初に見たときは
「こういう名前の作物があるのか~」
とは思ったものの、それが日本で流通しているとは考えませんでした。
 それというのも、「サンシャイン牧場」は中国のゲーム開発会社が開発・運営しているものなので、自分に馴染みのない作物は大陸だけのものなのだと勝手に思い込んでおりました。

 しかし昨年のちょうど今頃に、ブログ仲間であるreyさんの「金糸瓜ときのこの炒め物」という記事を拝見して、金糸瓜が「そうめん南瓜」の名前で日本でも親しまれている野菜だと知ったのです。
「日本でも生産しているのなら、食べてみたいな~」
と、ぼんやり思ううちに一年が経ち。先日、生協の商品案内に「そうめん南瓜(金糸瓜) 1/2カット」とあるのを見つけて、ようやく入手いたしました。

 トップの画像にありますのがその金糸瓜です。この切断面の径は12センチくらい。
 どういった味付けにするにせよ、まずは下茹でが必要とのことなので半分に切って水で煮ました。

 上の画像でも繊維が浮き彫りのような感じにうっすらと見えます。 近寄って撮ってみると、下の画像のような感じ。

 スプーンでこそげるとモジャモジャとほぐれ、名前の通り金糸のごとき状態に。

 4分の1玉が、このくらいになりました。ボウルの径は18センチです。

 残った皮はこんな感じ、かなり薄くてペラペラです。

 こうして下準備は終了。先ずは4分の1玉分を、そうめんつゆに漬していただきました。

 かぼちゃに似た風味が確かにしますが、ほんのりという程度です。金糸瓜そのものの味は薄く、シャキシャキとした歯ざわりが身上かと。そうめんつゆをかけただけでは、サッパリしすぎて物足りない感じでした。
 よって家族には大いに不評。砂糖+みりん+醤油といった調味料で煮付けるべきだった、と後悔しました。

 その反省を踏まえ、残り半分はしっかり味を付けるお料理を選ぶことに。ぐるなびで見つけた「そうめん南瓜のアラビアータ風」が美味しそうだったので、それに挑戦してみました。

 アラビアータはイタリア料理に使われるトマトソースのひとつで、唐辛子の風味が強く出ているのが特徴です。瓶詰めやレトルトパウチのものが出回っていますから、どなたももうご存知かと思いますが。


 「アラビアータ」は正確に発音すると「アッラッビアータ」で、イタリア語で「怒り」を意味するそうです。唐辛子の辛味でカーッと怒ったような顔になることから、この呼び名が付いたとのこと。地名の「アラビア」とはまるっきり無関係、ということを私は今日初めて知りました。

 そっか、無関係だったのか・・・。

 冗談はさておき、出来上がったお料理がこちら。

 娘たちにもに食べさせるため、彼女らの苦手なにんにくとタバスコは加えませんでした。でもそうすると辛くなくなって、怒ったような顔つきにもなったりはしません。それじゃちっともアラビアータ(=怒りんぼ風)じゃないんですが・・・しょうがないかな。

 辛味を減らすと味がぼやけてしまうかなと思ったので、トマトピューレを足して濃厚な風味にしました。少しくらいは娘も食べてくれましたが、さほど気に入った様子でもなくてちょっとガッカリ。私にはそこそこ美味しかったんですけどね。

 カボチャの風味がする野菜にトマトのソース。食べていて、ラタトゥイユに入っているズッキーニを思い出しました。さらに「レミーのおいしいレストラン」の原題は「Ratatouille(ラタトゥイユ)」だったな、なんてことも。

 レミーのような天才シェフではないけれど、こうやってボチボチ楽しみながらお料理しております。

ランキングに参加してます
応援クリックに感謝♪


にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

blogram投票ボタン

『今日の献立』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 周りの敵が強すぎる | トップ | 夏の空を飛ぶロケット »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
食感 (幽冥土)
2011-07-31 00:11:21
金糸瓜というものがあるんですね。麺になってるところが面白いです
シャキシャキという食感ということですが、きゅうりと比べたらどんなかんじでしょうか?興味あります
僕も家族のバッシング覚悟で一回買ってみようかな
あっさり (ドロシネア)
2011-08-02 09:35:24
≫幽冥土さん
 私も今回初めて食べてみたんですが、調理していて面白かったです。
 きゅうりと比べると、金糸瓜のほうが繊維がしっかりしている感じのような。しっかり煮るとまた違うのかもしれませんが。

 なますに使ったりもすると友人から教えてもらいました。子どもウケはあまりよくなさそうですが、大人にはサッパリと食べられるので好まれるかもしれませんよ。

 機会がありましたら、どうぞ。
ありがとうです^^ (rey)
2011-08-03 08:54:04
ブログではご無沙汰を重ねております m( o )m
トラバありがとうございました♪

素材そのものがさっぱりあっさり系なので,わたしは食感を楽しむものという解釈をしています。
焼肉のたれに近い甘辛味で炒めたら,ひょっとしたら子ども受けよいかもしれないですね
意外とマーボがおもしろいですよ^^
こちらこそありがとうございます (ドロシネア)
2011-08-03 21:49:49
≫reyさん
 こちらこそトラバさせていただき、ありがとうございます

 そうですね、シャキシャキ感を楽しむ食材等感じですね。カボチャも砂糖や醤油で味付けたりしますから、甘辛味はこの野菜に合いそうですね。
 マーボー、そっちもおもしろそう

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。