宇宙の彼方から

自然の不可思議な森羅万象に揉まれる自分や他人の有り様を見つめる。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

総理大臣の器を待望する。

2006-09-18 10:16:00 | 政治
やっと、炎上の嵐も一段落して、自分の書きたいものに着手できるようになりました。
本当の総理大臣の器
先頃50カ国近くが、キューバで、発展途上国による非同盟諸国会議を開いた。
このことは重要な意味を含んでいる。
先ず、アメリカのお膝元であること。
次にイランもベネズェラも参加していること。
そして、主に反米色が色濃く表現されていること。
更に、アメリカが圧力を掛けたか?掛けなかったか?50カ国もの参加者が出たこと。
このことが何を意味しているのか?それぞれでしっかりと考えよう!
EU統合の動きが世界に与えたインパクトは次第に世界に浸透しつつある。
世銀の蔵相会議、そしてサミットを皮切りに、冷戦を担っていた一翼のソ連が崩壊して、東西ドイツの統合、オゾン層破壊の会合やら、そして、アジア・アフリカ会議、アセアン、東アジア共同体、上海協力機構、中央アジア会議、南北朝鮮の統一は悲願、と、まあ世界の潮流は確実に思想、体制を超越して、合流に向かっています。
この最大の副産物が、その協力体制、共同体体制がしっかりすればするほど、それぞれ構成する国家同士の争い事が、雲散霧消していくことでしょうか?
このことも重大な意味を含んでいることを知らねばなりません!
いつの間にやら、中国とロシアの国境紛争はついぞ耳にしておりません、
インドと中国も聞こえてはきません、
今、冷え切っていた核を持つ危険因子のインドとパキスタンが、カシミール地方の話し合いを始めようとしています。
みんなこの合流の賜物です。それぞれが違う体制を認め合うところからの出発です。
50カ国の数は多過ぎて、意思を統一するのは困難ではありましょうが、先ず、集まったことの意義は大きいと思います。そして先進諸国にとって、無視はできない存在になるかも知れません?未知数ですが・・・・
全部を短絡的に民主的な国家にしようとするアメリカネオコンの思想には、そもそもはなから無理があります。そこに反米思想が生じてきてしまうのです。
合流を果たしながらお互いの良いところを参考に学びつつ、変化を繰り返し、より良い方向に時間を掛けて進むのが、賢者の賢者たる所以です。
さてさてしたがって、総理大臣にはそのような世界の潮流を見据えた人材でなければならないのです。南北朝鮮の統一を阻害するような存在であってはならないのです。
50カ国の合流に、イラン、ベネズェラ、キューバ等の反米国家が入っていることに、眉をしかめるような人であってはならないのです。
北朝鮮を孤立させようと画策する人であってはならないのです。
近隣の国々に作為的、攻撃的であってはならないのです。
私のこの考え方をお花畑理論と言うのだそうです。
私にはそれが現実的思考にしか、思えないのですが・・・・
これらの世界の潮流をしっかり捉えて推進していくには、自国愛であってはならないのです。思いやりの他国愛、人類愛でなくてはならないのです。
昔の忘れたい嫌な記憶を彷彿とさせてはならないのです。
自分、自国だけを愛する、愛国の主張の強い国家は、その輪の中から浮いてしまうことでしょう。
相手がああするから、こちらも対抗してこうする単純理論の人や国家では、浅はか過ぎてただ、ただ笑うしかありません!
このようなことを理解されている方に総理大臣をお願いしたいと思います。
今、最大の適格者は民主党の小沢さんしかおりませんな!
与党のトップと野党の悲哀を経験した実績は、その器に敵う者は皆無。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (83)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 戦争をしてはならない国から... | トップ | 皮肉を二つ。 »

83 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
教えてください (su)
2006-09-18 11:04:51
>最大の適格者は民主党の小沢さんしかおりませんな

 理由を5W1Hで教えてください。
何が適格? (yota)
2006-09-18 12:33:18
「~してはならないのです」と書いていますが、

では具体的にどうするのでしょうか。

否定するのは簡単ですが、具体案がありません。

そして小沢さんに何が出来るのでしょうか?

北朝鮮ミサイル問題での彼の対応を見る限り

彼に国の舵取りを任せる気にはなれません。

Unknown (オヨヨ)
2006-09-18 14:11:43
金丸信は北朝鮮を訪問した土産に「金の延べ棒」を受け取り逮捕された。



その時、金丸に同行していたのが「小沢一郎」だよ。



小沢だけ手ぶらで帰って来たのか???



少し前に、小沢の後援会が政治献金を使って6億円以上のマンションを購入していた事が表面化していたな。



「角栄」事仕込みの「金権政治家」の姿が徐々に暴かれて行くのが楽しみだな。
Unknown (Unknown)
2006-09-18 17:03:10
炎上の嵐は一段落していないと思いますよ。

前のエントリーで質問されたことに対して、答えてくださいよ。
Unknown (灰色)
2006-09-18 19:11:58
炎上の嵐だの、

ずいぶんとまあ身勝手な物言いですね。

ブログと言う形で意見をネット上に垂れ流したのなら、それに対して、反対意見が返ってきたとして、

そこに文句を言うのは筋が違います。



論破されたくないなら、最初からこのような内容を書かなければいい話しで、自分で火種をばらまいておきながら、いざ火がつくと文句を言うのは

可笑しいです。



こういうことを書くと、言論の弾圧だ何だと言われるかもしれませんが、あなたの反論に対する無視行為のほうが、よっぽど言論の弾圧ですよ。



なんせ自分に都合の悪い意見は

疎外するわけですからね。
Unknown (nao)
2006-09-18 19:51:03
心優しい貴方が小沢氏とは。彼はあくまで「右翼」なのですが。やはり、貴方の理論だと、理想の外務大臣は、田嶋陽子氏?それとも福島瑞穂氏?ま、まさか辻元清美氏では?貴方のご意見では高市早苗氏などは、どう思われます?
Unknown (BB)
2006-09-18 19:56:32
 結局論破されっぱなしですね。

 貴方が見下してるネットウヨの反論に、一つも有効な答えを返せていませんね。

 あれだけレスしていたにも関らず。



>相手がああするから、こちらも対抗してこうする単純理論の人や国家では、浅はか過ぎてただ、ただ笑うしかありません!



 毎度毎度、良質な笑いの提供、ありがとうございます。

 ara氏の浅はか過ぎる単純理論には、ただただ笑うしかありません!

suさんへ (ara)
2006-09-18 22:04:21
器っていうものは、上から下までできるだけの経験を重ねることで育っていく、それは、机上の浅いものではなく、重い経験則を作り上げる。自分の弱さ、哀れさ、情けなさを知ることで、相手への優しさを培う。

それの無い者は、強さばかりを求め、優しさに思い至らぬのだ。人間というものは多く、「ないものねだり」で構成されている場合が多岐に渡る、強さを求めるのは、その心に芯からの強さがないから求めるのである。



後の方々へ (ara)
2006-09-18 22:09:59
ありがとうございます!

後のみなさんは単なる個人攻撃に過ぎないようで、私のへ理屈を聞きたがる風もないので、offにさせていただきます、あしからず!
Unknown (BB)
2006-09-18 23:32:21
>人間というものは多く、「ないものねだり」で構成されている場合が多岐に渡る



 文才の無い人が我に文才有り、と思い込んで『無いものねだり』すると、こんな滑稽な文章になるのですね。

 なるほど味わい深い文章であります。





 それはともかく、貴方のアンケートに答えた人たちへのレスはどうしたんですか。

 offにしますあしからず、じゃないでしょうが。

 少なくとも、アンケートに答えさせた貴方には、答えた方々に対する『妄言ではないレス』をする義務があるんじゃないの?



 自分がやった行動くらい責任とりなさいよ。

 ネットウヨは元々攻撃的だ、どうしようもない人種だ、とかいう結論を出す前に、自分の人間性について考えなさい。

 やってること言ってること、本当に最低ですよ、貴方。

Unknown (コレクト)
2006-09-19 00:49:51
本当に恥ずかしくないんですかaraさん?



BBさんの言うとおりアンケートに答えた方へレスをすべきでしょうに。

貴方には礼儀も何もないんですか?



都合の悪いことは全部「右翼」の所為ですか?
Unknown (刈草都昴長老)
2006-09-19 07:58:36
年々軍費を拡張し続けている中国がいるのに、

どこが平和に向かっているのやら。

>自国愛であってはならないのです

自分のことを愛せない人に他人を愛することは出来ない。



>相手がああするから、こちらも対抗してこうする単純理論

多分戦争が始まったら~の意味だと捉えて・・・

「相手が殺しに来ても黙って家族ごと殺されますか?それとも戦いますか?」



Unknown (66年生まれ?)
2006-09-19 11:13:46
最初のsuさんの

「理由を5W1Hで教えてください」という質問には

全く回答になっていない雑文しかコメントされていませんが、

つまり、「最大の適格者は民主党の小沢さんしかおりません」と考える唯一の理由は、

「与党のトップと野党の悲哀を経験した」ということでよろしいでしょうか?

また、「与党のトップと野党の悲哀を経験した」というのは「経験」であって、「実績」ではありませんね。

具体例をあげた説明を求める発言に対して、的確に回答できないのは、小沢氏のこの実績、小沢氏のこの発言など、具体的な実績は関係ない(ということでしょうか?



だとしたら、時代の寵児から一転容疑者になってしまったホリエモンのほうが器が大きいってことですか?
Unknown (防衛すらさせてもらえない国)
2006-09-19 12:00:05
「与党のトップと野党の悲哀を経験した」という理由で、「民主党代表には小沢氏が適任」という発言は何度か聞いたことがありますが(三宅久之氏、宮崎哲也氏、勝谷誠彦氏など)、それは、「万年野党」根性の染み付いた民主党を「与党を狙える党にしてくれるかもしれない」という二大政党制への期待感を述べたものだと思います。



「総理大臣には小沢氏が適任」との意見は寡聞にしてあまり聞いたことがありません。

実際問題として、小沢氏は現在、総理を狙える立場にすらないわけですが、それを敢えて「適任」と考える根拠を「器」「人間性」などという人によって評価の分かれるあいまいな表現ではなく、具体な発言、実績を例にあげて教えてください。
単なるアンチテーゼ? (su)
2006-09-19 12:22:19
>「上から下までの出来るだけの経験を重ねる・・・」

 これは、政治の中、つまり、与党野党と言う意味ですか?与党野党を経験しただけでは「器」は大きくなりません。この世に生を受けてから、どのような環境で育ったか、それに対してどう対処してきたか、こっちの方が

「器」には大切ではないでしょうか?

与党野党の経験は単なる+αでしかありません。それに、いくら経験豊富でも、学歴良くても、「使えないやつは使えません」これは少なからず社会経験のある人間なら実感して

分かると思います。



>強さを求めるのは、その心に芯からの強さがないから求めるのである。



 これは、暗に「小沢氏は芯の強さがある」と理解していいのでしょうか?

だとしたら、どの部分をとって「芯が強い」とお考えか教えてください。

先月の小泉総理の靖国参拝時の「民主党の小沢氏」としての発言は、数年前の自民党にいたときの発言とは丸っきり、違ったものに思うのは自分だけでしょうか?(内容はご自分で調べてください)事情が変われば

意思をも変えられては、我々国民は振り回され、信頼できなくなります。頑なに意思を通せ、とは言いませんが、やはり「日本国の総理大臣」には対外的(特に中国韓国北朝鮮)には一本筋を通して欲しいと思います。



何故、民主党の小沢氏支持なのか、どの部分が総理に適任なのか説明出来なければ、自民党に対する「単なるアンチテーゼ」と捉えられても仕方ないと思いますよ。

呆れてものも言えない (灰色)
2006-09-19 18:00:50
皆さん、「自分でふった話題なんだから、

責任を持って、聞かれた事を答えたらどうか」

といっているだけなのに、



個人攻撃?



私のへ理屈を聞きたがる風もないので、offにさせていただきます?





呆れますね。

他の方のコメントも読みましたが、

ほとんどの方が、あなたの意見に関して、

意見を述べているだけですよね。

反対意見を言われてすねるとか、子供ですか?





どうせ無視されるんでしょうが、

いっときますよ。あなたの行動を無条件降伏というんですよ。言われた意見に対して、何の反論も出来ない。そういう状態の事を言うんですよ「無条件降伏」

とは。



他の方へ

この不毛なブログに付き合っている方々、

お疲れ様です。



処理しきれないと思います (KOOL)
2006-09-19 20:28:33
ara氏が落ち着いてレスできるようにもう少し流れを遅くできないのでしょうか

Unknown (灰色)
2006-09-19 23:32:38
それはレスを返す努力をしてからですよね。

彼は明らかに反対意見を無視しているし、

返すことを放棄しているとしか取れない発言をしたわけですから。というか、こういう内容を書いたら

四面楚歌になる事は分かりきっていますし、

彼自身そうなるように煽った発言もありますから。



KOOL様あなたの優しさは分かりますが、

こればかりは彼が自分で招いた事なので。



足らざるを知れ! (基準点)
2006-09-20 21:49:29
>総理大臣にはそのような世界の潮流を見据えた人材でなければならないのです。南北朝鮮の統一を阻害するような存在であってはならないのです。

50カ国の合流に、イラン、ベネズェラ、キューバ等の反米国家が入っていることに、眉をしかめるような人であってはならないのです。

北朝鮮を孤立させようと画策する人であってはならないのです。

近隣の国々に作為的、攻撃的であってはならないのです。<

安倍総理大臣がお気に召さないようですが、ここであってはならないとされているいくつもの条件に安倍氏は合致するのでしょうか?その証拠提示も論説も無いままに勝手に決め付けていますね、挙句に小沢氏が総理大臣に適任とは開いた口がふさがりません。

自分の思い込みによる決め付けは止めましょう、小沢氏が首班指名を受けることは有り得ません。現状認識がずれています。

総理大臣に要望があるなら、先ずは多くの人が理解し賛同してくれるかが手始めです。どうやら貴方の論説は大した支持も理解も賛同も得ていません、このことを認識して下さい。つまり欠点があるのです、それを認識し足らざるを補い多くの方の理解・賛同が得られるブログに成長されることを期待しています。
基準点さんへ (ara)
2006-09-20 22:23:00
ありがとうございます!

そうでしたね、

ご指摘ありがとうございます!

私は自民党時代の小沢さんは、鼻持ちならない人間で、くわせ者と思っていました、が、野に下って、左派系の人々との交流を経て、人間が練れてきたように思っています、一皮剥けて、幅が広がり、器が大きくなったのでしょう、

そして、最後の花を咲かせるべく残っている情熱と意気込みも同時に感じます。

それに比べて、人気に後押しされ、右にシフトして、右に傾いてしまっているのに、それが、どれほど外交にマイナスとなっているのが、埋没していて分からない思慮分別の劣る人が総裁総理となる日本と言う国の理不尽さに、ただただ呆れるばかり・・・・

だから戦争でも、バブルでもブレーキが掛からないんだなあ!とため息しきり・・・・







昔左翼好き、今は嫌い (おバカさん)
2006-09-21 20:41:29
初めての投稿です。

ara さんは小沢氏が左翼系の人々と交わり良くなったとおっしゃっていますが、私は左翼が大嫌いです。

でも、昔はミーハー的になんか進歩的な思想を持っていると思い左翼の人達、特に日教組の先生に憧れを持っていましたよ。

 

現在の左翼嫌いの理由は、日教組、社民党等のような団体の左翼は次のような考えを持っているからです。

1)左翼は男女平等を理由に(隠れ蓑に)、  ジェンダーフリーを推進する。 理由は  男らしさ、女らしさを奪い

  日本社会を退廃させる目的のため。

2)左翼は小学校低学年から平等を理由に   (隠れ蓑に)、生徒の競争を避ける。   理由は競争も出来ない

  ひ弱な生徒を多く育て、国力を弱めるた  め。 将来そのような子供が大人になっ  ても左翼からすれば扱いやすいわけであ  る。

3)左翼は小学校低学年から性教育を始めよ  うとする。理由は援助交際をする生徒を  増やし、これまた日本社会を退廃させる  ため。

4)左翼は戦前の警察力を理由に現在の警察  の力を削ごうとする。理由は2つ。

  一つは自分たちが所属している団体から  警察の影響を無くすため。 もう一つは  警察の力を弱くして日本の犯罪を増や   し、結局は日本社会を退廃させる目的の  ため。

5)うまく説明できませんが左翼の護憲思想  も同様だと思います。



結局日教組などの左翼の考えは日本の社会を退廃させ、それにより日本の国力を弱め、時機を見てテロ、クーデター、その他

の方法で日本国を転覆させるのが目的ではないでしょうか?

そう思うと彼等の多くの主張がわかるような気がします。 でも彼等の主張には必ず隠れ蓑があります。

隠れ蓑とは例えば、男女平等、表現の自由、個人の自由、プライバシーの保護、戦前の侵略戦争、憲法改悪、

歴史問題、靖国問題等いろいろ彼等は隠れ蓑に使いますね。

彼等の本心はそんな隠れ蓑はどうでも良かったりして。



おバカさんへ (ara)
2006-09-21 22:02:09
ありがとうございます!

左翼のやる事為す事みんな退廃の元なんですな?

左翼は、日本の国力を弱めさせ、転覆させるのが目的なんですか?

そうなんですか?転覆させてどうしようとしているんでしょうかねえ・・・・?

昔は左翼だった、日教組の先生に憧れを持っていた?

とすると、今は結構なお年ですな?

この偏った内容のコメントがお年を感じないのですが、失礼でしょうか?

転覆させて、政権を取ろうとしているのでしょうか?

何だか、どうしようもないご意見ですね!

でも、一生懸命書いてくださったのであれば、私も丁寧にお答えしなければならないのですが、

どうしてよいものやら、一番困るコメントです。

はっきり言えば、最初から色眼鏡で(批判的、非難的に見ないように)言っていることの内容を良し悪しの大きく広い角度で見た方が良いのではありませんか?

全部の項目で左翼を否定し過ぎています。物事を全て否定から入っていたのでは、他人、他者、他国の良し悪しの実質的な本質が見えません、

良いところも見つけてあげる努力をするのも、年相応の人間性だと思います。
防衛すらさせてもらえない国さんへ (ara)
2006-09-21 22:44:15
私は、総理を狙える、とか、そういう立場に無い人を・・・とか、そう言う意味で小沢さんを表したのではありません。

現在、言葉を発している内容から、器が大きくなったなあ!と感じ入っているのです。

言葉の内容から、その経験則を身に着けているのが感じられるのです。

上っ面の薄っぺらな言質ではないのです。皆さんも彼の舌っ足らずの物言いの中から、いぶし銀の内容を汲み取って吟味してみてください。

薄っぺらな民主党の中にあって、一際異彩を放っているのが、良く分かると思います。

失礼ながら安倍さんとは雲泥の差が明らかです。

何故そうなのかは、あの右寄り極右の彼が、左派かつての社会党の面々と話が合うようになったのがその原因ではないかと思われます。

極右と極左の合流はどちらも良し悪しの合流でもあるのです。譲るを知恵として学ぶのです。極右は磨かれて薄く丸くなり、今の今まで理解の及ばなかった極左の思想(例えば社会党のあの村山さんの欲の無さ)をも吸収して、オクターブの広い、人間の奥行き、幅広な人格を形成していくのです。

人間性の角度から、「今の」彼になら安心して日本を託せると思えるのです。

総理大臣はそう言う人であって欲しいのです。

けっして自らの偏りにも気づかぬ人であっては欲しくないのです。

技術大国日本が、この程度の人かと、「裏」で笑われてはならないのです。

アジアのリードオフマンであって欲しいのです。

一目置かれる存在であって欲しいのです。

私のこれが希望です。

suさんへ (ara)
2006-09-21 23:06:50
ありがとうございます!

どのような環境でそだったか?

そしてどのように対処してきたか?

と、おっしゃられていますが、それは器にはつながりません!

それは、誰しもが経験するものであって、物事の本質を見詰めて来なければ、人格形成には働きません!

何故!自分は左翼の気持ちが理解できないのだ、とか、つねに疑問と解答を追っている人でなければ、経験による自然の定理や、摂理には到達し得ないのです。その結果得られる答えが「経験則」なのです。机上の空論とは対になります。

だから単なる経験だけを指しているのではないのです。

小沢さんが芯が強いと申しているのではありません!

国力をあげたがる、求めたがる方々に対して言っていることなのです。

小沢さんの政策が良いとかのどうのこうのではなく、一皮も二皮も剥けた「小沢」と言う、足を地に付けた人間性の変化に対して、エールを送るのです。
Unknown (コレクト)
2006-09-22 08:04:58
だから貴方はですね、

自分の主張を”他人に納得させうる”客観的情報を提示しないのに、

「~の筈!」「~ません!」と断定しちゃうのが問題なんですよ



>小沢さんの政策が良いとかのどうのこうのではなく、一皮も二皮も剥けた「小沢」と言う、足を地に付けた人間性の変化に対して、エールを送るのです。



例えば上の一皮も二皮もって認識なんですが、貴方がそう思ったとしても、そうは思わない人もいるんですよ。

そこで貴方がそう感じた理由を”事例”を挙げて客観的に説明すれば

成る程と、頷く人も出てくるわけです。

でも貴方にはそれが一切無い。

これで他人を啓蒙しようとしているのだとしたら、呆れてものが言えません。



>小沢さんの政策が良いとかのどうのこうのではなく



それにしてもコレはないでしょう?

小沢一郎は政治家ですよ?

政治家に政策よりも人間性を求める貴方に幼さを感じます。
Unknown (防衛すらさせてもらえない国)
2006-09-22 09:52:00
コメントありがとうございます。



具体的に、小沢氏の最近のどういった発言に「器の大きさ」をお感じになるのでしょう?

「現在、言葉を発している内容」という内容だけでは抽象的すぎて何のことだか分かりませんし、araさんが、「器が大きくなったなあ!と感じ入っている」という「器」というのがどの程度の大きさを想定されているのか、また、具体的に何のことなのかも分かりません。



「私は、総理を狙える、とか、そういう立場に無い人を・・・とか、そう言う意味で小沢さんを表したのではありません。」ということは、「民主党を政権与党に」とか「民主党のほうが政権与党としての『器』が大きい」と主張されているわけでもないわけですよね。

それならば、単に人物評価だけの問題なので、人それぞれですね。



PS.

どこからどうみても「釣り」以外の何物でもないメッセージに純粋に反論されてたりとか、情報リテラシーがすごく低いような気が...?

このスレの展開にしても、持っている情報量や論理の背景にある考えの深さの差が歴然だし、これがデジタルディバイドってやつでしょうかねえ。

自分も気をつけよう...
Unknown (BB)
2006-09-22 15:41:10
 何度も何度も書いてますが、



>この偏った内容のコメントがお年を感じないのですが、失礼でしょうか?



 こういう『余計な一文』をどうして書くのですか。

 自分で失礼なこと書いているという自覚は無いのですか。

 もし無いなら人間的に問題ありますし、自覚はあるけどどうしても書きたかったのなら、それもそれで問題ありですよね。

 器云々語る前に、自分の器がどれほどのものか、今まで書いたレスを読み返しながら少し冷静になって考えたほうがいいですよ。





 今まで訪れた数多くの人が指摘している『あなたに知識が足りない』というのを、そろそろ理解しないと、学習能力も無い人だと思われますよ。

 その上でちっとは謙虚になったらどうですか。

もうちょっと良く見てよ (まったく)
2006-09-22 19:07:21
>何故そうなのかは、あの右寄り極右の彼が、左派かつての社会党の面々と話が合うようになったのがその原因ではないかと思われます。



単純ですな。小沢氏が左翼の片棒を担いだわけでもなく、茶のみ話をした程度でara氏もそんなに浮かれちゃって。小沢氏だって自分で言っとりますがな。人間簡単に変われるもんじゃないって。



小沢氏だって自民党に戻れるものなら戻りたいのですよ。もちろんいい形でね。でもそんなことは無理だとわかっているから、それこそ左翼のわけのわかんないのと手を組もうとしているんでしょ。数合わせにほかならんよ。
コレクトさんへ (ara)
2006-09-22 22:12:34
ありがとうございます!

小沢さんの言った言動、言質を一つ一つ私はチェツクしているわけではないですよ、だから、例になる言動を要求されても、そんなに彼をしっかりと見ているわけでもないですし、彼を拘って観察している訳でもないのです。ただ私は今までの言動によるイメージを感覚で捉えているだけであって、その時、その時点で彼の人となりを推し量っているだけなのです。それを人の日記のところにやってきて「それじゃ説得力が無い!」とか私を非難してますが、私はあなたを、みなさんを「小沢さんはここのところがいいんだ!」とか、説得するために書いているのではないのです。みなさんが「どこがいいんだ?とおっしゃるから「味がでている」と、私の感想を素直に表現しているのです。抽象的だと追及されれば「甘いも酸いも噛み分けられるようになっている」と答えるのです。

食べ物でもそうですが、ある人がおいしい!と感じても、ある人にはまずかったりするものですね、それとおんなじで、私が「味がある」と思ったら、どこにその「味」がでているのだ?と思って、小沢さんをコレクトさんが観察してみてください。私とは違った「味」まずいかも知れないし、事の外おいしい部分を発見するかも知れない?その味を吟味してみるのです。自身で体験することです。人の説得で動かされたり、動かしたりしない方が良いでしょう。

一つだけ思い出した例をあげましょう、野党の政治屋さんたちの最大欠点を暴き、兎に角それぞれの地元の

人たちとの深い触れあいをしなければダメだ!と若手、ベテランといわず叱咤激励していますね、これなども与野党経験者だから気づいたことでありましょう。

政治に絶対必要なものは、その人間性が全てです!

かつての彼には、その片鱗さえ見受けられませんでした。



Unknown (ghost)
2006-09-22 22:21:18
あなた個人の思い込みを論じるのは結構です。それはあなたの自由。



ただ、他の誰かにあなたの意見を分かってもらおうとするなら、「具体的な事実」をベースに話をしていただかないと、決して伝わりません。



あなたはそのことが分かっていないのか、それとも分かっているのに目をそらしていらっしゃるのか。



その辺に興味が湧いて来ました。
防衛すらさせてもらえない国さんへ (ara)
2006-09-22 22:32:59
ありがとうございます!

そうですねえ、今、具体的にと言われましても、さて?思いだせないのですが、その都度のコメントの中に、当たり前の常識感みたいなものが含まれているのですよ、以外と人間と言うのは、言動の数々をつぶさに見てみますと、常識的な考え方から逸脱している場合が多いと私は思っているのです。

例えば拉致問題では、犯罪国、犯罪者キムジョイル!と世界に知らしめれば知らしめるほど、キムジョイル北朝鮮は態度を硬化して、解決から遠のく筈なのに、憎さ百倍でやってしまう、つまりは常識感覚を外れて偏ってしまっているのです。

その点小沢さんのバランスのとれたコメントが、私には新鮮な常識に映るのです。

偏ってしまった人からの言動では、日本だけに通用しても、世界に通用しまい!



BBさんへ (ara)
2006-09-22 23:08:13
ありがとうございます!

申し訳ありません。

すみませんでした。一言多かったように思い、反省しています。

基本的な点ですでに議論とか、討論とかをする範囲の内容ではなかったので、つい・・・です。

しかし、一応折角ご訪問いただき、書いていただいたので、お返事をしなければと思ったのですが、どうしても諭し的な文章にならざるを得ませんでした。

私は正直、ご指摘のように知識は豊富ではありません。それは重々心得ています。

だから、私のスタイルでブログを書いています。

日本社会が右に傾いていくのを見るにつけ、及ばずながら、一人になっても私なりに必死でブレーキを掛け続けているのです。

それは日本のこれからの未来人のために必要だと思うからです。私の生きてきた経験則を、たった一人でもいい、伝承してくれたらと思いたいからです。





まったくさんへ (ara)
2006-09-22 23:31:25
ありがとうございます!

「人間そんなに簡単に変われるもんじゃないって!」

それを真っ正直に捉えられたのですか?

人間は日々、変化しているのです。

昨日と今日では同じ出来事でも、その対応は千変万化、一つ一つその例を挙げよ、と言われれば、差しあたって思い出すもなし、であるが、明らかに昔の自分と、今の自分の心の機微は違う。

蓄積したる経験、体験、学習、それに伴う自分なりの法則。全てが変容を遂げている。

持って生まれたるものも、良し悪しは別にして微妙に変化しているものだ。

あなたは「変われるものじゃないって!」と言っているが、人の程度によりけりなるが、生きとし生きるもの全ての万物は、全く同じ性質、性格、本質ではいられないのだ。

自民党に戻れる者なら戻りたいと、勝手に決めてもねえ・・・

左翼のわけのわかんないものたち・・・ねえ・・・?

頑張ってください。

ghostさんへ (ara)
2006-09-22 23:51:15
具体的な事実がないから、お話にならない、ということでもありますまい。

これは小沢さんのことに関して言っておられるのか、それとも全般的な私のコメントに対して、言っておられるのかがはっきりしませんが、

私が伝えたいのは、物事の考え方、捉え方を、国際情勢、政治、北朝鮮、戦争、憲法などを人というものを通して見詰めてもらいたいということなのです。

これらはみんな機械がしていることではなく、人間の心がそうしているのです。だから対象者を機械的に見るのではなく、人の心から派生してくる行いであるということを知ることが大事ではないかと思うのです。

私の過去ログをつぶさに見ていただければ、それなりの私の心の内が、垣間見えるのではないでしょうか?

そうすれば、考え方の広がりを自らの心の中に実感できると思います。

Unknown (BB)
2006-09-23 02:38:49
 左翼側として主張する事は、多いに結構な事だと思います。

 ただそこに『見下し』『皮肉』『妄想を事実と勘違いする』事があっては議論にならんわけですよ。

 論破された腹いせに、これらの要素を混ぜて何とか相手を言い負かせ、自信の優位性を保とう、主張しよう。そういう風に見えるのですね。



 大抵の人はGoogleなどを使って、書き込む際には一度調べ物をしているはずです。

 僕はシナリオライターという事で6年間飯を食べてきていますが、文章を書く際には辞書が箱から取り出された状態で常に傍らに置いてあります(国語辞典2冊、類語辞典2冊)し、辞書ソフト(辞スパ)を常時起動してますし、更にはgoogleやgooの国語辞典なども必要に応じて使います。

 6年間文章で飯を食べてきていても、曖昧な知識が沢山あるからです。

 これらを正確な知識にするために、調べ物をするという事はとても大切なわけなのです。



 まあ辞書4冊とかはさすがに極端ですが、本来自分の意見を発表するにあたっては、最低限何かしらのソース(自分の主張を事実だと裏付けるもの、説得力のあるもの)を確認する必要があると思います。

 何かしら主張したい事があるのであれば、かれこれこういう事例があったよ、とか引用しながら解説するべきです。

 小沢さんが頭一つぬきんでていたらいいなあ、で物事を語っては失笑を買うだけです。

 もしそれでも小沢さんを推したいのであれば、wikiなどを見て、過去の発言や思想について調べた上で、書かれるべきです。



 ただし常識的なもの、例えば日韓基本条約の内容などであれば特に引用する必要は無いです。

 こういうものはググればすぐ出てくるので、調べて当たり前なわけですから。



 僕がaraさんに求めるのは、こういう姿勢であります。







 長くなりましたが、できるだけわかりやすいように書きました。

 自分を変えることは中々難しいことではありますが、左に傾くにせよ右に傾くにせよ、少しずつよい方向へ向かう事が出来ればよいのではないかと思います。

araさんへ (まったく)
2006-09-23 07:27:10
返事有難うございました。



>それを真っ正直に捉えられたのですか?



当然ですな。「私が変わるわけがないとおっしゃいましたが」と小泉のコメントを引用し、「齢60、本質から変わるわけはな

い」と苦笑した訳ですからな。小沢のことだから、自分自身が変わるよりも「世間の自分に対する目が変わる」ことを望んでいるだけでしょうが、生きとし生ける万物は・・・なんて、こじつけ以外の何物でもないな



小泉劇場も酷かったけど、小沢のチンケなパフォーマンスは素人芸人以下だな。大体、人相が悪いよ。「裏切り」って顔に書いてあるし。



自民党に戻れるものなら戻りたい、と勝手に決めたわけじゃないっす。民主党党代表になるまでの行動、発言から読めるものです。長くなるんで割愛しますけど。



まあara氏自身、消去法で小沢を選ばざるを得なかったのかもしれんが、本会議には出席しない、党代議士会にも出席しない、そんな議員の職務さえ遂行しない人間は早く懲戒処分にでもすべきですな。というか、そんなのが総理の器とはこれいかに?



araさんて自治労の方ですか?
Unknown (BB)
2006-09-23 10:54:07
 書き忘れ1件。



 人間的な感情でモノを語りたいというのはまあわかるのですが、それは調べ物をしてからでもいいのではないでしょうか。

 思い込みによる間違った知識で人間的な視点……と言われても、大元が間違ってたら発信する意見も間違ってるわけですから。

 それじゃ、折角考えたって感じたって、元々間違ってる事なのだから意味ないですよね。



 自分の心を免罪符に、勉強する事を疎かにしているように見えます。

 勉強した上で自分の意見を発する事は、誰だって出来るはずです。



 映画、メメントでも見てみることをお勧めします。

 この映画の主人公に似ている所がありますよ、そういう部分では。

Unknown (コレクト)
2006-09-23 13:46:07
>具体的な事実がないから、お話にならない、ということでもありますまい。



他人は貴方を知りません。

またどんなに知っていても、分からないことは分かりません。

だから「客観的な情報」が必要になります。

特にこういう場で他人に向けて発信するのであれば、です。

貴方の思いと、客観的な情報の二つを鑑みて他人は貴方の言葉を判断します。

情報無しに貴方の思想に共感する人がいればそれは初めからそうだっただけのことであり

貴方の思いが相手の考えを変えた訳ではないのです。



脱力感... (防衛すらさせてもらえない国)
2006-09-23 14:27:58
コメントありがとうございます!



私> (小沢氏が総理に)「適任」と考える根拠を「器」「人間性」などという人によって評価の分かれるあいまいな表現ではなく、具体な発言、実績を例にあげて教えてください。





ara氏> 現在、言葉を発している内容から、器が大きくなったなあ!と感じ入っているのです。





私> 具体的に、小沢氏の最近のどういった発言に「器の大きさ」をお感じになるのでしょう?

「現在、言葉を発している内容」という内容だけでは抽象的すぎて何のことだか分かりませんし、araさんが、「器が大きくなったなあ!と感じ入っている」という「器」というのがどの程度の大きさを想定されているのか、また、具体的に何のことなのかも分かりません。





ara氏> そうですねえ、今、具体的にと言われましても、さて?思いだせないのですが、その都度のコメントの中に、当たり前の常識感みたいなものが含まれているのですよ、

ara氏> その点小沢さんのバランスのとれたコメントが、私には新鮮な常識に映るのです。





という、この流れに、違和感をお感じになりませんか?

「感じ入っている」とまで書いておきながら、何一つ例を挙げられないって...

ara氏のブログなので、部外者の私がとやかく言うのも野暮ですが...



小沢氏のどういった「コメントの中に、当たり前の常識感」を感じるのですか?

小沢氏のどういった発言が「バランスのとれたコメント」なのですか?

小沢氏以外にそういったコメントをしているひとはいませんか?



小学校時代から感想文を書くのが苦手だったでしょ?

「『○○○』を読みました。面白かったです。おしまい」みたいな。

「この本の、どこが面白かったの?」と、「うーん、なんとなく」と答えちゃうようなタイプですか?
BBさんへ (ara)
2006-09-23 22:00:46
ありがとうございます!

http://www.dpj.or.jp/

ここへいらっしゃってください!

小沢さんの考えやら載っていますから・・・

「論破された腹いせに・・・自分の優位性を保つ・・・」

ですか?これは私の気持ちをあなたが推し量っているのですね。たいそうな推理力ですな?先回りしましたか?・・・・

いろいろと教えていただきありがとうございます!

できれば、私の至らぬところのご指摘よりも、内容に対しての「自分はかく思う!」と言うご意見など伺いたく思います。

私が、小沢さんを推挙するメッセージ様のものをコメントしたならば、それに対して「自分は何故小沢さんを押せないのか」の理由みたいなものを書いていただけたらと思います。

多くの人たちに納得していただける日記にしたければ、あなたの言われるような方式が良いでしょうが、

私は必ずしもそれを望んではいないのです。

読みたい人に読んでいただければそれで十分なのです。実際私のコメントなど、興味のない人にとっては駄作も良いところでしょう?

ただ多分、自分なりに鍛えられた経験則を多く含んでいるものと自画自賛しておるので、分かる人には分かる有益なものと思っています。

無益と思える人ならば、こんなつまらん日記からは遠ざかった方がよろしいかと思います。



まったくさんへ (ara)
2006-09-23 22:14:50
ありがとうございます!

小沢さん自身も、変わってはいないと思い込んでいるだけですよ。

「生きとし生きるもの・・・」は自然界に於ける定理であって、こじつけでもなんでもないのです。

「自民党に復党できるものなら・・・」

あなたの長年の勘っていう奴ですか?

「消去法で小沢さんを選ぶしか・・・・」

も、あなたの鋭い「勘」という奴ですか?

たまには良い部分でも見つけてやったらどうですか?

少しは良いところがあるでしょう、あなたにもあるように・・・・

残念でした自治労ではありません!

「勘」が外れましたね。

コレクトさんへ (ara)
2006-09-23 22:28:12
ありがとうございます!

BBさんにも同じコメントをしましたが、私は全ての人の共感を得たいと思って日記を書いているのではないのです。

こんな堅く分かり難い文章なんて、興味がなければ読む気など誰が起こしますか?

ただ理解してくれる方には、とても有用な文章だと思います。

有用か無用の長文かは、読み手の方に委ねられているのです、けっして商売として書いているのではないので、僅かの方だけにお役に立てば、それでいいという思いなのです。

いろいろなご指摘は嬉しく思います、ありがとうございます。これだけ多くの方々にご指摘いただきますと、少しずつでも取り入れることができたらいいな、とは思います。

防衛すらさせてもらえない国さんへ (ara)
2006-09-23 22:57:21
ありがとうございます!

http://www.dpj.or.jp/

ここに民主党の小沢さんの内容が載っています。

「敵を知る」を心がけてください。

私が読むよりも、あなたの小沢評を伺いたい!あるいは安倍評も伺いたい!

過去の実績で評価するような石橋を叩いて渡る考えよりも、今の、これからの人物評がより大事なのではなかろうか?

人間味というものにスポットをあててください。

その味を、他人の味覚に頼らず、自分の味覚で味わってみてください!

私のどんな美辞麗句の表現よりも、論より証拠です。

私はあなた方が思っているほどに、小沢さんをひいきしているわけではないのです。だからあなた方にどの部分で小沢さんが良いのか、と問われても、さて?といちいちチェックもしていないので、具体的には思いだせないのです。記憶が隅っこの方でアグラをかいているのでしょう?

ただ、何かのときの発言で、その都度、私は「器」を感じていたときがあった、というイメージは抱いていたのです。それでいいではありませんか?

私はその都度のその時抱いたイメージを大切に保管しているのです。

それは私にとって強烈なインパクトのある言葉ではなく、至極当然の言葉だったのです、きっと!・・・(だから・・・)その時の社会情勢から鑑みますと斬新さに溢れていたように思ったのです。

araさん (まったく)
2006-09-23 23:14:19
有難うございました。



>「生きとし生きるもの・・・」は自然界に於ける定理であって、こじつけでもなんでもないのです。



全くの論点のすり替えに過ぎませんよ。小沢氏自身が変わりたいと思っているだけの話であって、自然界の定理は全く別の話。

何もせずに「私は変わった」といい続ける小沢の行動を定理どおり納得する日本人はいるのか疑いたくなるな。



私が言っているのは勘ではないですよ。ネタ元もあるけど名前とか出したくないんでね。

というか小沢なんて私にとってどうでもいいんです。



理由が漠然とした器がどうこう言いながら小沢という名前が出てくるところから自治労かと思ったのですが、消去法でもなく何がそうさせているのか。そっちのほうの方でしょ、どうせ。



まあ頑張ってくらはい。

もう返信しませんのでコメント要らないです。
Unknown (タップ2.28.7)
2006-09-24 16:10:34
民主党の小沢氏が総理にふさわしいかどうか、それは自治労と日教組と手を切ることが出来るかどうか。その点に限られるのではないでしょうか。

Unknown (安心してください。)
2006-09-24 23:18:41
“読みたい人に読んでいただければそれで十分なのです。実際私のコメントなど、興味のない人にとっては駄作も良いところでしょう?”



安心してください。既にとても面白い言葉遣いをする人としてあなたはかなり有名ですよ。
すばらしいです! (防衛すらさせてもらえない国)
2006-09-25 09:36:42
お、戦法を変えてきましたね。

「ここに民主党の小沢さんの内容が載っています。」っていうから小沢ビジョン(知ってますよね?)のまとめサイトかなんかかと思ったら、ここはどこですか?



22日付けのコレクトさんへのレスで「(総理大臣が)最大の適格者は民主党の小沢さんしかおりません」との発言を食べ物にたとえられていたので、似たたとえを出します。



あるTV番組で「日本で最高の料理と呼ぶにふさわしいものは何か?」という話題でアンケートをとったとしましょう。

ふつうに考えれば、赤坂の料亭や、一般庶民にはとても手がでない高級料理店とか、「本命の彼女といきたいおしゃれな店」とか、「創業100年の頑固職人が守り続けてきた味」みたいなお店の料理が並ぶのでは?



そんななかで、「最高料理と呼ぶにふさわしいのは『フレンドリーのハンバーグ定食』しかありません」と主張する人がいたら、「え?」って思いません?「なんで?」って思いません?「なんて貧しい食生活をしている人なんだ?」って思いません?

「最高の料理」っていうのは関係なしに「『フレンドリーのハンバーグ定食』はうまい!」って言うんなら、個人の趣味嗜好の問題で、勝手ですけど。

ま、ara氏の主張自体も「最大の適格者は民主党の小沢さんしかおりません」から「小沢氏の器は大きい」にシフトしてきてますよね。



疑問に思って、「フレンドリーのハンバーグ定食」のどこが良いんですか?」と質問したら、その答えが「味覚が上質だから」とか「全体の豊穣な雰囲気」みたいな返答が帰ってきたような感じでしょうか?

「私達は言葉の力を信じて」いらっしゃるんですね?



さらにつっこんで「どの味覚が、どう上質なのか」「どういった雰囲気が豊穣なのか」と質問したら、「フレンドリーでご自分で食べて感想を聞かせてください」っていう答えが返ってきたのが今の状況でしょうか。



逃げないで~!



ara氏の考える小沢氏の「バランス感覚」「常識」「器」というのがどのようなものをさしているのかは分かりませんし、小沢氏の人柄についても私は知りません。でも、政策以前の国家観が、小沢さんからはあまり見えてこないです。小沢ビジョンにしても、自民党へのアンチテーゼで小手先の政策を並べただけの印象だし...
Unknown (防衛すらさせてもらえない国)
2006-09-25 09:55:43
私が最も感動した安倍さんの発言は

「日本人の原敕晁さんを拉致した辛光洙を釈放しろといった菅直人民主党代表と土井たか子社民党党首がハト派なら、私はタカ派で結構だ」

です。



チョウニチ新聞とかチョンイル新聞とか影で呼ばれるメディアや朴三寿さんによって引っ掻き回されてきた日本の国柄を守ったり、中華勢力への日本明け渡しを阻止するための、小さな防波堤のひとつには、なってくれそうかなあと思います。

タップ2.28.7さんへ (ara)
2006-09-25 21:14:55
自治労と日教組と手を切る・・・?

その影響化にあったんではダメと言うことですか?

確かに労組と先生の組合は左前になってきてはいますがねえ、詳しくないんで、手を切る必要性を教えてください!
安心してくださいさんへ (ara)
2006-09-25 21:21:18
ありがとうございます!

誉められているのか?皮肉られているのか?

私にはわかりませんが、そんなことでここに来てくださっている方もいるのですかね?

まあ、十人十色ですね。

楽天的に考えることにします。

ありがとうございます!
防衛すらさせてもらえない国さんへ (ara)
2006-09-25 22:32:09
ありがとうございます!

昔、こんな話がありました。

何よりの美味は、腹をすかせて食べる目黒のサンマであると・・・

どんなに高級な料理だろうと、どんなに下々の家庭料理だろうと、人に因って料理の高級感、安心感は違うのです。フレンドリーのハンバーグ定食がその人に合っていれば、吉野家の牛丼がその人に合っていれば、

それがその人にとっては、最高級の料理なのです。

少なくとも小沢さんは、今先ず、何をやらなければならないか?を理解できています。

けっして、憲法だとか、教育だとか、とは言いません!

それこそ、「中華勢力への日本明け渡し阻止」とか

まるでアサってな行動綱領など作りません!

その防波堤の「筈」が、3000人超の一般人と4000人近い米兵の犠牲を生むのです。その悲劇は、気が狂う者、手足の無い者、目が潰れる者、看病しなければならない家族、親戚、ストレスによって病気になる者、犯罪に走る者、敵前逃亡による一生日陰の者と家族。そのほかもろもろも同時に発生する。

強硬安倍さんで大丈夫ですか?死ぬこと覚悟の自衛官が死ぬならまだしも、ミサイルが飛んでくれば、覚悟の無い一般人が右往左往することになるのですよ、それでも良いのですか?

国民を守るどころか、国民を犠牲にするのですよ、それでも国が維持できれば納得するのですか?

あなたは死ぬことも覚悟の兵隊同士の戦いであると、いまだに信じていませんか?

「守る」ということは、戦争を絶対しない!と言う覚悟なのですよ、

守るために戦争をしては、ミサイルに怯えることであって、守ることにはならないのですよ!分かります?

圧倒する武器を持っているアメリカに、こんなに多くのアメリカ国民が死んでいるのですよ、分かります?

アフガン、イラク戦争をして、アメリカは果たして勝った!と言えますか?

テロという敵や反米国家をアチコチに増殖させ、世界に信頼感を失くし、それはあらゆる民主主義と言う大国への不信感につながり、それで、民主主義が勝った!と言えるのか?それでもそんな国にひっついていくのか、日本は・・・?

この平和時にアチコチから総スカンを食っている右翼化した日本が、例え正当防衛のためとは言え戦争を遂行したり、戦争にはならなくとも先頭をきって圧迫を加えたりしていれば、

勝ったとしても、世界からは白眼視されることになるのは自明の理(過去を遡って糾弾されるのは目に見えている)なのですよ。



奇麗事を言う前に (愛子様の弟)
2006-09-26 03:00:09
世界中の資源・食料をかき集めて、発展途上国の自然を破壊する現在の生活を今すぐやめて、アメリカのアーミッシュみたいな自給自足の生活をすることだな。



他国の人間に愛を及ぼすというという事は自分がもっと貧乏な生活をするという事なんだよ。

現に国境線を徐々になくして、独仏より発展してない国まで内包したEUは、工場立地が賃金の安い端の国に集中し、中心国では失業率が上昇しているわけだ。



今のわが国も工場労働は中国に流れ、国内でも高い賃金はもう払えないとばかり、国内工場は非正社員ばかりになってる。



戦前の日本の失敗も、実は思いやりの他国愛に起因する面があるんだよ。「世界は一家、人類は皆兄弟」という文句を聞いた事ないかな。

右翼の大物、笹川良一の作った標語なんだね。

(この後に、月はお隣、火星も親類と続く)つまりこれは戦前の八紘一宇という標語の現代版。



軍国主義者も公式には五族協和、内鮮一体を訴え、安定して占領した地域では莫大な近代化投資を行い、数々のインフラ建設や、そして現地人を文明人にすべく遍く教育を行って、少なくとも左翼が喧伝する残虐行為をはるかに超える恩恵をもたらした。

がしかし、それはイギリスみたいにまともな収益があがる他の植民地無しに行われたんだよ。

つまり原資は我らがご先祖様の血と汗と涙であり、日本人が努力に見合う豊かさを手にする事なく斃れていった事を忘れてはいけない。



しかし韓国人など、明治の日本の鬼神の活躍で歴史上初めて中国の支配下を脱し、我らから戦前戦後を通じて莫大な近代化支援を受けて、

初めて全員がまあまあ食えるようになったのに、

その態度はジャギと同じく「兄より秀れた弟がいるものか~!」というもの。

世界は性善説では生存する事すらかないません。



あと個別に反論すると韓国にとって北の併合は、金正日軍よりはるかに強大で軍事独裁政権の中共と軒を接する事になるから、国防がかえって大変になり、怖い事なのだよ。

逆に中共もアメリカの勢力圏が中朝国境まで拡大すると王手を掛けられたようなもので、キューバ危機以上に避けたいのだよ。

あんな「鬼畜米英」にだいぶ前から米を物乞いするようなとっくに破産した国家が今も存続しているのは、全ての周辺国が今のパワーバランスを変えたくないからで、状況を変えるのはきわめて困難。



反戦こそお花畑 (愛子様の弟)
2006-09-26 03:43:48
私は反戦という言葉は全く成立しないので嫌いである。

幾らこっちが戦争したくなくても、こればっかりは相手がある事だから、向こうがその気になればやっぱり戦争にしかならないのである。



もっと現実的にいうと、幾ら争いたくなくても、生きるためや繁栄する為のリソースは有限であるから、全人類が霞を食って生きる仙人のようにならない限り、戦いは必ず発生する。

勿論人間が一人で生きていけないように、国も他国との協力関係が必要である。

だからといってそれは性善説に基づいてはいけない。国に対して有効な影響力を持つ上位機関はないから、最終的には自国しかあてにならないのである。

他国愛とかいってもヒトラーを愛し、ムッソリーニを愛す枢軸国による3国同盟を肯定はしないだろう。

友は選ばなくてはいけない。特亜への深入りが

大東亜戦争を招いた事を忘れてはいけない。

アメリカもまた善人ではない。しかし米軍が草案を書いた憲法を守って、その米軍を追い出そう等というのは笑止千万である。米軍がそれを書いた以上、当然自己の存在を前提にしているからである。

結局我々にできる事は「防戦」ぐらいが関の山である。それも完璧はありえない。

だからと言って努力を怠れば全て奪われるのだから、それを無駄等という者は豆腐の角に頭をぶつけて反省すべきである。

特に我々は他国から贅沢に暮らしていると思われている。つまりお人よしでは、たかられるのは確実であり深刻な争いになる前に跳ね除けなければならない。
愛子様の弟さんへ (ara)
2006-09-26 09:27:56
ありがとうございます!

なかなか今までに無い勢いのある文章です。

ー・・・自給自足の生活をすることだな

日本の人口を食わせるためには、加工貿易立国が必須なのを分かってそういうことを言いますか。それは技術を捨てて、村社会の現地人になれっ!と言っているのですね。果たしてそんな方法しかありませんか?日本が貧乏になって自給自足で、他国が潤えますか?技術による便利さを出し惜しみして世界に貢献享有できますか?それより技術の発展ができますか?そうなりゃ戦争は確かにできなくなりますな。

ー工場立地を賃金の安い端の国に集中・・・

ー・・・国内は非正社員になっている

それは良く分かる、が、その追い上げは先進の国々に当然やってくる現象ではないか、だからといって、自分の国だけが良い思いをして独善を貫いていては、世界から爪弾きされるのは必定、そもそもその独善を貫く訳にもいかないから(日本が潰れていた)中国などに活路を見出してきたのではないのか?(それに因って日本の崩壊が助けられた)

それが、鎖国愛国日本が変わった所以なのだ。

解放経済による影響を、そんなマイナス面しか見られない人間の集まりでは、この国の将来はないのだよ。

ー戦前の日本の失敗も思いやりの他国愛に起因している・・・

なるほど笑えるね。

他の国の土地を武力で奪いにいって、満州傀儡国を勝手に作って、国連から手を引け、って言われたら席をけって、挙句アメリカから最後通告されて、何?日本を守るためだと!国民を守るためだと!そんな行動が、その満州の人民のため、だと?・・・

それを思いやりの他国愛とは、恥ずかしげもなく良く言える。

「莫大な近代化投資をして、インフラ整備をし(日本関東軍のためだね恐らく)、現地人を文明人にすべく教育(日本名と日本語と教育勅語だね)を行った」

何!その原資はご先祖様の血と涙と汗の結晶?(力なく笑うしかない)

結果、全部パー!(元々が強盗したものだから)

見事に流動的な文でありながら、残念です。

ーしかし韓国人など・・・・日本の近代化支援を受けて食えるようになった・・・

確かにその一面はあったが、日本もアメリカの支援と真似で成長ができたのだ、韓国は支援というよりも直ぐ身近の安い賃金が、利用し利用される関係でやってきたのじゃないか、思い上がりも「ここに極まれり」と言ったところでしょうか。

ところで「ジャギ」って?

ー韓国にとって北の併合(併合と言わない方が良い、無闇に北を刺激することになる)・・・・

この「国防」って韓国軍を言うのか、日本自衛隊なのか?それともゆくゆく日本国防にとっても・・・と言うことなのか?

あなたは中国軍を過大評価しているが、過小評価している組織も、人もいるが、どうなのだろう?

今、中国はオリンピック一色なんだよ、日本の東京オリンピック知ってるかい?そんなにビクビクするような環境でもないし、その成功環境のために動いているのだ。

韓国は北朝鮮ともう同胞意識で、北朝鮮への「苛め」は韓国への冒涜なのだ。それ、理解できるかな?

アメリカが韓国から撤退している状況では、中朝国境にまでアメリカがくることは考えられないし、アメリカも韓国を突き放した訳だから、当然に韓国がやがて北朝鮮と合流することが織り込み済みな訳だ。

あなたはロシアの存在を忘れている。朝鮮戦争が38度線で決着したのも、中、露の影響があったからなのだ。

中朝国境や38度線での駆け引きではなくて、今や日本海での駆け引きになっていることが分からんか?

韓国というクッションはもうないのだよ。

クッションがなければ、露、中、北、韓の軍隊と、もろに直接日本が対峙している姿に晒されているのだ。分かるかいこの状況が・・・

もうすでにパワーバランスは変わって、その支点は日本海バランスに移っているのです。韓国の大統領が変わるとまだどうなるのかがはっきりしませんが、国民の大多数が統一を望んでいるのは当然でしょう、制度の違い、富の違いがそれを阻むかも知れませんが、アメリカの押さえが無くなりさえすれば、大変革が訪れるのにさしたる時間は要さないでしょう。

もう少し現実認識を新たにしてください。

だから、日本はアジア人種でありながら、防衛はアジアに大砲を向けているのです。

     「反戦こそお花畑」から

「戦争をしたくなくても、相手があることであるからやっぱり戦争はなくならない」

つまり、お互いが大砲を向け合って対峙していたのでは、いつか「話がこじれた」とき、戦争が始まるかも知れない、核とミサイルの時代だ、始まればお互いにとんでもないことになることが分かってもいる筈だ。

それならひと思いに無い方が身軽だ、武器がなければよくよくヒドイ冷徹な国で無い限り、核を落とす、撃ち込むことなどできよう筈もない。

食えなくなれば国も変貌せざるを得ない、それが今の北朝鮮であり、日本にもあった。

しかし、それを助けるのも周辺国なのだ。昔のわが身を忘れて無視、突き放すような国だから、永久に敵対せざるを得ない国になるのだ。

あなたのように「自国しかあてにならない」と思う考え方が、戦争に導くことになる。

ー友を選ばなくてはならない。

ヒットラーかも知れないからですか。

金持ちの子が貧乏人の子と区別するようなものですか?

ー特亜への深入りが大東亜戦争を招いたことを忘れてはならない。

ホッホー!そんな表現の仕方をしますか?

なかなかのもんです、お見事ですな。

ー米軍の書いた憲法草案を守って米軍を追い出そうとするのは笑止千万、自己の存在を前提にしている。

笑われてしまいましたか、日本に武器を持たせるとロクなことになら無いからではないですかねえ。

それを(憲法を)守っていたように少なくとも他のアジアからは見えていたからそれまで何も言わなかったのですよ、あなたのように戦前を肯定するから、「由々しき問題」と騒ぎだしたのではないですか?

リソースが有限だから、どの国が日本を奪いにくるのですか?そのメリットは?

防戦するのに経済を考えずに設備していたのでは、防衛する前にみんな辛く不幸になる、日本が潰れる。

それでは何のための防衛なのだ。「それより生活維持」「生命維持の防衛」が先決だ!「武器で飯は食えぬ!」だからやっぱり無駄だ、豆腐の角にぶつけても、残念だが反省はできない。

たかられるというよりも、小泉さんは自分の方からお金を出している。イスラエルへも、シリアヘも、モンゴルへも行く先々で、あれこれの理由をつけてお金を出すそうな、麻生さんが中国外相と何とか会談を持てるようになったのも、一事止めたODAを再び開始したから、と言うのはご存知か?

右傾化が高い買い物になっているサンプルのようなものなのだ。みんな誰のお金なのだ?
Unknown (Unknown)
2006-09-27 02:50:55
久しぶりに来れば相変わらず馬鹿丸出しだな。



尖閣竹島北方領土と自国の防衛は紛争一歩手前なのに脳内お花畑かw



国民の財産=生命、土地を守れない国に税金を払う意味は何だ?祖国愛とは何だ?

良く考えろ池沼。
↑そうですね。 (防衛すらさせてもらえない国)
2006-09-27 08:56:56
楽しませていただきました。



いちいちコメントはしませんが、ひとつだけ。

小沢氏を応援されるのは結構ですが、節目節目の発言や発表したものくらいはチェックしておいたほうがいいと思いますよ。

そうすれば、

「少なくとも小沢さんは、今先ず、何をやらなければならないか?を理解できています。

けっして、憲法だとか、教育だとか、とは言いません!」なんていう文章は出てこないのでは?



小沢氏が基本政策として一番最初にあげてるのが「教育改革」なんですけど...
忠告で申し訳ありません (N子)
2006-09-27 10:52:55
読んでもらいたい人だけに読んでもらえたらいい、という気持ちはわかりますが、それ故に、コメントしたい人にだけ返信しているのでしょうか。



私は現政権を支持しますが、考えの違うあなたを一概に否定しようとは思いません。あなたにとって忠告に思えるコメントをされている方も、きっとそうだと思います。



コメントに対して返信の義務はありませんし、時間的制約もあるでしょう。ただ、ブログを管理しているのであれば、コメントも管理する必要はあります。ブログは自分の考えを伝える有効な手段ではありますが、不特定多数が閲覧できる状態でもあり、たくさんの考えが寄せられて当然です。コメントをさせない設定もできると思いますが、コメント欄を設けている以上、対応する責任はあります。BBさんがコメントされていることは、ありがたいアドバイスではないでしょうか。



9/1(金)の記事の中の

『戦争をしてはならない国から、戦争のいつでもできる国に変更しようとしている安倍さん!』



……場合によっては、こういう決め付けた表現も大いに問題になることがあります。



内容に対しての「自分はかく思う!」と言う意見ではなく、忠告になってしまい、申し訳ありません。



『私の生きてきた経験則を、たった一人でもいい、伝承してくれたらと思いたいからです。』

とコメントしておられましたね。そのようなお考えがあるのですから、ブログを大切になさってください。
Unknown (Unknown)
2006-09-27 15:16:56
2006-09-18 10:16:00

「(総理大臣の)最大の適格者は民主党の小沢さんしかおりませんな」



2006-09-23 22:57:21

「私はあなた方が思っているほどに、小沢さんをひいきしているわけではないのです。」



プップクプー
Unknownさんへ (ara)
2006-09-27 22:55:12
ありがとうございます!

尖閣、竹島、北方領土って言いましたね、

みんな日本人いないじゃないですか。

それより日本人のいるところを防衛してくれ、と言いたいね。

愛国心だと語弊があるから、今度は「祖国愛」にしてきましたか。

日本の伝統、慣習、風景、人とのつながり、身近にいると祖国とは思わぬまでも、外へ一歩でも出ると、人は愛着を持つようである。

日本語を聞いて安心したり、日本食に出合ってノスタルジーを感じたり、染み付いた愛着と言うものは消し去ることはできない。

しかしこれは、それぞれが、それぞれの度合いで思うこと、けっして誰にも強制されるものではない。

しかしそれは、祖国への愛と言うよりも、祖国の中にある、慣れた言葉への愛着であったり、自分の身体に馴染んでいる料理であったり、親しくしていた友人との思い出であったり、見慣れた風景、空気、水などであって、それらを包含したものが祖国であるので、必ずしも、国そのものへの愛着とは言えないのだ、がしかし、結果的には国での事柄の数々でもあるので、微妙に国への愛も含んではいると思う。

だが、愛国心とは根本的に違う。

ところで「池沼」ってなんだ?

あんまりカリカリしないで、頭に血が上ると、昇天しちまうよ。あまりこの日記は見ない方がよろしいかも?
N子さんへ (ara)
2006-09-28 00:14:21
ありがとうございます!

忠告ねえ、忠告ですね。

別にコメントしたい人だけにとは限りません。

批判、非難も私には肥やしなのですから・・・

ただ、内容から、人の意見など聞く気もないような「黙れ!」コメントには、お話するだけ意味もないのでハショラせていただいています。ただその怒りのご発言は「証明」でもあるので暫くは掲載させていただきます。

私には異なった意見である方が(ちゃんとした意見であることが前提)むしろ張り合いもありますし、新しい発見の考え方につながりますし、結構なことです。

BBさんにも確か、かなりお返事していると思いますが・・・

「戦争をしてはならない・・・」の時はいきなり多数のコメントで泡を食ってしまい、何名か様へのお返事も出さずじまいとなってしまいました、すみません!

多分、別のメッセージの欄でお答えしていると思います。

「戦争をしてはならない国から戦争の出来る国にしようとしている」

つまり、戦争を行うに手械足枷となっている現憲法を変更する、というその本旨は、そう言うことなのです、それは誰が何と言い訳しようとも、間違いなく断言できるのです。あなた方がおっしゃっているではありませんか!日本がやられっぱなしでいいのか、売国奴め!と・・・・

海外派兵への整合性を与えるための変更なのです。

他の国へ、例え頼まれたにせよ行って、戦闘服を着て、銃を構え、隊員の生命を守る、そして自らの命を守る、そのために相手から攻撃を受ければ、ムザムザ殺されるわけにもいかないのは本能、撃ち返すのは必然、政治はそれを正当防衛というらしいのです。それが日本でのことなら理解もできますが、どうですか?

その現地の人たちから見れば、その事件はどう映りますか?

ある人は貧乏な国を立て直しにきてくれた義勇軍と見る、ある人は全く関係の無い国からやってきて、我々の国の真面目な人間を殺した悪魔と見る。ただ自衛隊を追い出したくて、人間を標的ではなく、威嚇射撃のためだったのかも知れない?

殺された人が先に撃ったとしても、家族親戚の憎悪を止めることはできないであろう、そして・・・その後は・・・憎悪が憎悪を呼び、反撃が反撃を繰り返す

それが「戦争」なのだ。

まだ昔の「戦争の惨劇」が脳裏にある国々の人々にことさらに刺激を与えるような行為、行動は厳に慎むのが、大人の対応なのだ。

あなたは、あの柔和な微笑に隠蔽された「作為の種」から目を背けてはならない、洞察する力量を身に付けてみるのも良い。

「美しい国づくり」に惑わされてもならない。

その裏に隠された末恐ろしい陰謀も読み解いていくのもあなたの試金石なのだ。

私の彼への洞察はほぼ間違いなく合っていると確信が持てる!

何故に上手く隠蔽できるのだとすれば、それは彼が超真面目に国粋思想だからだ!それが日本を窮地に落とし込むのである。
オゾン層破壊の会合って? (物理を教えてます)
2006-09-28 01:55:07
「オゾン層破壊の会合」って何のことでしょう?

オゾン層を破壊するための悪の会合のことですか?



オゾン層に関しては、国連の国連環境計画が管理している「オゾン層を破壊する物質に関するモントリオール議定書」がありますから、"会合"ではなく"議定書"にするべきです。



それにこういう場合、アメリカがイヤだと言ってる「京都議定書」の方が文意にも沿うと思うのですが、どうでしょうか?
経済水域を知らないのか (愛子様の弟)
2006-09-28 02:04:52
尖閣、竹島、北方領土の近辺の海を生活の糧とする漁師の人々がいるでしょ。彼らの権利は無視ですか。

一度根室で漁師になってみて拿捕されてからじゃないと、その大切さは分からないのですか。



特に中共は人口多いから、つまらぬ妥協をしていると、人民を食わせるためにドンドン押してきますよ。

奇麗事は衣食足りた人間にしか通じません。

相変わらずですね (ghost)
2006-09-28 02:11:49
何の根拠もなく、ご自分がそう思われるから、そう感じられるから、というだけで文を書かれていますね。



あなたの心と私の心は違います。だからあなたにとって当然のことも、私にとっては当然ではありません。これは何もあなたと私だけの話ではなく、他の方々にも言えることです。



そういう人たちに届く言葉を紡ごうとされる意思があるのなら、ご自分の心の外にある具体的な事実をもって人を説得する労力を惜しまないほうがよろしいと思います。



あなたの言葉は、少なくともここにコメントされている大多数の方に、通じていないように見受けられます(批判的内容を書かれている方がかなり多く見受けられるようです)。



そのことをどう思われますか? あなたの意見をうまく読み取れない、私や他の方々の側に問題があるのでしょうか?
厳しい現実 (愛子様の弟)
2006-09-28 02:52:57
色々言わせていただきましたが、コメント欄の炎上に屈せず、閉鎖せずにレスを返し続ける姿勢はよいですね。しかし内容をよく考えないと、所謂燃料になって余計収拾がつかなくなるのでご注意を。ついでに一気に反論させていただきます。



ー・・・自給自足の生活をすることだな

>日本の人口を食わせるためには、加工貿易立国が必須なのを分かってそういうことを言いますか。・・・・日本が貧乏になって自給自足で、他国が潤えますか?技術による便利さを出し惜しみして世界に貢献享有できますか?それより技術の発展ができますか?そうなりゃ戦争は確かにできなくなりますな。



勿論自給自足で今の領土で養える人口など江戸時代の人口(3500万人程)と変らぬ恐れがありますので、つまり只生きるだけで外国から食料をかき集める必要があり、加工貿易でその代金を稼ぐ必要があります。突き詰めていくと幾ら善人に見える日本人でも存在そのものが環境を破壊する悪しきものと言えるかもしれません。ましてや大酒飲んだり、車をかっ飛ばして行った先で散財したり、普段の生活でも家電製品動かしまくって多量のエネルギーを浪費する私などは大罪を犯しているといえます。

それ故、私は世界平和などを訴えるという柄にも無い行為はしません。只私の生活を支えるシステムの存続を願うしかないですね。



ー工場立地を賃金の安い端の国に集中・・・

ー・・・国内は非正社員になっている

>それは良く分かる、が、その追い上げは先進の国々に当然やってくる現象ではないか、だからといって、自分の国だけが良い思いをして独善を貫いていては、世界から爪弾きされるのは必定、・・・・解放経済による影響を、そんなマイナス面しか見られない人間の集まりでは、この国の将来はないのだよ。



これは国境無き世界は決して楽園ではなく、全世界との人間との競争に曝され、特に先進国の人間にとって自分の生活レベルの低下につながりやすい茨の道だという事を自覚して欲しいだけですね。そしてそれが避けられないのであれば、余計身の行き先を考える必要がありますね。当のあなたは大丈夫ですか?それに低賃金労働はそれこそ資本家による搾取とも言えそうですが。



ー戦前の日本の失敗も思いやりの他国愛に起因している・・・

>なるほど笑えるね。他の国の土地を武力で奪いにいって、満州傀儡国を勝手に作って、・・・・何?日本を守るためだと!国民を守るためだと!そんな行動が、その満州の人民のため、だと?・・・「莫大な近代化投資をして、インフラ整備をし(日本関東軍のためだね恐らく)、現地人を文明人にすべく教育(日本名と日本語と教育勅語だね)を行った」



実は日清・日露戦争以後、その「他の国」が存在しなかった事はご存知ですか?中国大陸をを有効に支配し近代的統治を行っている政府があれば、満州事変、日支事変など起こりようもなかった。かの地は馬賊が跳梁跋扈する北斗の拳のような無法地帯で、誰でもいいからまともな政府を作った方がましであったのが現実です。前述のように日本本土で本来養える人口はたかが知れており恒常的に移民を送りだしていました。当時は景気が悪い上にアメリカが日本人移民受け入れを法律まで作って拒否したために、満州を受け入れ先として関東軍主導で新国家をつくった面があります。今年に入ってドミニカ移民訴訟が和解に至りましたがこれなぞ昭和32年の戦後のこと、戦前は余計食うだけでも大変だったのです。



>何!その原資はご先祖様の血と涙と汗の結晶?(力なく笑うしかない)

結果、全部パー!(元々が強盗したものだから)



だからイギリスみたいに強盗する先がなかったのが真実なのです。占領当初は略奪しようにも目ぼしいものがない地域ばっかりでした。



見事に流動的な文でありながら、残念です。

>ーしかし韓国人など・・・・日本の近代化支援を受けて食えるようになった・・・

確かにその一面はあったが、日本もアメリカの支援と真似で成長ができたのだ、韓国は支援というよりも直ぐ身近の安い賃金が、利用し利用される関係でやってきたのじゃないか、思い上がりも「ここに極まれり」と言ったところでしょうか。

ところで「ジャギ」って?



思いあがりは向こうの方、その象徴として北斗の拳のジャギを引き合いにだしたのです。そもそも朝鮮民族自体が日本が創造したものだと言う事はご存知でしょうか。彼らはもともと李王朝の領民でしかなく、親戚の間しか連帯感はありませんでした。

言葉も共通のものはなくそれでは「朝鮮人」という意識はなかったのです。そこに日本人がやってきて、標準朝鮮語を創造し、

ハングルにも史上初めて大々的に光をあて、セットで普通教育で普及させたため民族意識が生まれたのです。



>韓国にとって北の併合(併合と言わない方が良い、無闇に北を刺激することになる)・・・・

圧倒的な国力差がありますから統一は、事実上それしかありえないでしょう。



>この「国防」って韓国軍を言うのか、日本自衛隊なのか?それともゆくゆく日本国防にとっても・・・と言うことなのか?

韓国軍のことです。



>あなたは中国軍を過大評価しているが、過小評価している組織も、人もいるが、どうなのだろう?

今、中国はオリンピック一色なんだよ、日本の東京オリンピック知ってるかい?そんなにビクビクするような環境でもないし、その成功環境のために動いているのだ。

韓国は北朝鮮ともう同胞意識で、北朝鮮への「苛め」は韓国への冒涜なのだ。それ、理解できるかな?

あなたはロシアの存在を忘れている。朝鮮戦争が38度線で決着したのも、中、露の影響があったからなのだ。

中朝国境や38度線での駆け引きではなくて、今や日本海での駆け引きになっていることが分からんか?

韓国というクッションはもうないのだよ。

クッションがなければ、露、中、北、韓の軍隊と、もろに直接日本が対峙している姿に晒されているのだ。分かるかいこの状況が・・・

もうすでにパワーバランスは変わって、その支点は日本海バランスに移っているので、アメリカの押さえが無くなりさえすれば、大変革が訪れるのにさしたる時間は要さないでしょう。

もう少し現実認識を新たにしてください。

だから、日本はアジア人種でありながら、防衛はアジアに大砲を向けているのです。



それならば、いくら謝罪しても援助しても許してくれない以上余計しっかり守らなきゃ。米軍もあてにならぬと考えてるんだし、中共は台湾の武力併合を表立って口にするような国だからボーッとしてるとそのエリアをどんどん広げてくるでしょう、北京オリンピックが終われば軍事独裁政権が本性剥きだしにならない保障はどこにもありません。



>「戦争をしたくなくても、相手があることであるからやっぱり戦争はなくならない」

つまり、お互いが大砲を向け合って対峙していたのでは、いつか「話がこじれた」とき、戦争が始まるかも知れない、核とミサイルの時代だ、始まればお互いにとんでもないことになることが分かってもいる筈だ。

それならひと思いに無い方が身軽だ、武器がなければよくよくヒドイ冷徹な国で無い限り、核を落とす、撃ち込むことなどできよう筈もない。



核が無くても全ての兵器が無くても殺し合いをするのが人間ですよ。軍事力を敵視して廃止しても平和になるわけないですよ。

拳王様は丸腰だけど、平和の使徒じゃないでしょ。20世紀になっても赤道直下の山奥で原始的な生活をしていた種族が

首狩族だったという例は多いらしいよ。



>食えなくなれば国も変貌せざるを得ない、それが今の北朝鮮であり、日本にもあった。

しかし、それを助けるのも周辺国なのだ。昔のわが身を忘れて無視、突き放すような国だから、永久に敵対せざるを得ない国になるのだ。



北朝鮮への戦前の投資だけでもかなりのものだけどね。戦後も他の共産国の援助を延々と受け続けているけど、経済は低迷するばかり、自業自得なので周辺国の迷惑も大きすぎて最終処分が画策されているのは確実だよ。



>あなたのように「自国しかあてにならない」と思う考え方が、戦争に導くことになる。

ー友を選ばなくてはならない。ヒットラーかも知れないからですか。

金持ちの子が貧乏人の子と区別するようなものですか?



例えが的外れすぎ、今の日本は例えて言えば60年前に飲酒運転で暴走し、子供を複数はねて死亡事故を起こしたので(朝鮮人は一緒に飲んだ同乗者)、謝罪と賠償(正確には経済協力)を行ったが、相手は893で大家族で児童虐待暦もあるという状態なので、いつまでもたかられ許してもらえず、しかも相手はもらったお金も含めて強力な飛び道具買ってたり他の家と喧嘩したり、他の家に援助したりと噴飯ものの状態。

だから経済状態ではなく相手の人格や行状で付き合い方を変えるのは当たり前でしょ。平和を愛するならこんな国にお金を渡すのはそれこそやめるべきだと思いませんか?



ー特亜への深入りが大東亜戦争を招いたことを忘れてはならない。

>ホッホー!そんな表現の仕方をしますか?



漢民族居住区の大部分で戦争したから、侵略でないとか大して人を殺してないとはいえませんが、

しかし、ナチスのように特定の民族を公式に宣言して迫害したわけではなく、

漢民族が何千年と繰り返してきた他民族との攻防戦と同列に論じるべきではないでしょうか。

今はあの戦争の当事者がいるので他人事とは扱えないですが、彼らが全員死んだ後になっても反日教育をやっているとおかしな事になるでしょう。中共が愛国心教育をやるなら本来、勝った戦を強調して負けた戦はぼかして(敗走を長征と言い換えるとか)大本営発表みたいにした方が良いでしょうに、日本に対してだけは負けた負けた、また負けたみたいに教えていては逆効果でしょう。南京大虐殺なるものも、主に自動小銃でもない38式歩兵銃の前に30万人も倒れました、まともに反撃もしていません等といつまで子供に教えるのでしょうか。かの国の国歌は敵の砲火をついて進め×4という勇ましい軍国主義そのものの歌詞だが、実際は敵の砲火にやられ倒れ×4でしたでは国歌が泣きそうです。



>なかなかのもんです、お見事ですな。

ー米軍の書いた憲法草案を守って米軍を追い出そうとするのは笑止千万、自己の存在を前提にしている。

>笑われてしまいましたか、日本に武器を持たせるとロクなことになら無いからではないですかねえ。



戦後の日本人の一番の病理がこの理屈だと思います。日本人は関西の政令指定都市が大地震で崩壊してもコンビニに行列を作る。

それ程民度の高い自国民による軍隊を信用しないで、事実上外国軍にその身の安全を任せようとは(護憲という限り他の選択肢はないから)余りに倒錯した変な考え方であると気づくべきです。



厳しい現実 2 (愛子様の弟)
2006-09-28 07:33:30
>それを(憲法を)守っていたように少なくとも他のアジアからは見えていたからそれまで何も言わなかったのですよ、あなたのように戦前を肯定するから、「由々しき問題」と騒ぎだしたのではないですか?

リソースが有限だから、どの国が日本を奪いにくるのですか?そのメリットは?

防戦するのに経済を考えずに設備していたのでは、防衛する前にみんな辛く不幸になる、日本が潰れる。

それでは何のための防衛なのだ。「それより生活維持」「生命維持の防衛」が先決だ!「武器で飯は食えぬ!」だからやっぱり無駄だ、豆腐の角にぶつけても、残念だが反省はできない。



支離滅裂な事を書くのも程ほどにしたら?先ず日本が自給自足の国でない事はあなたも言ってたでしょう?エネルギー確保に各国が血眼になってるのも知ってるでしょう?それに負けると石油からつくる製品の価格上昇など生活レベルの低下が起こります。

つい最近もシベリアの資源開発でロシア政府が契約を反古に仕掛けていますが、例えば日本の軍事力がロシアを圧倒していたらそんな事はできなかったかもしれません。

そしてそういう状態に持っていくのは金がかかりすぎで無理なので、米軍との協力関係も要るでしょう。

それ以外の通常の外交における戦いも無視できません。

というか誰が日本に際限なき軍備拡張などを求めたんですか?そんな事最初から書いてないでしょ?

おまけにあなたのいう馬鹿な事を実際にやっているのが北朝鮮なのですよ。朝鮮総連に意見を述べに行ってください。



>全くあなたの言うとおりの馬鹿な事をやっている国

たかられるというよりも、小泉さんは自分の方からお金を出している。イスラエルへも、シリアヘも、モンゴルへも行く先々で、あれこれの理由をつけてお金を出すそうな、麻生さんが中国外相と何とか会談を持てるようになったのも、一事止めたODAを再び開始したから、と言うのはご存知か?

右傾化が高い買い物になっているサンプルのようなものなのだ。みんな誰のお金なのだ?



いわゆる左翼勢力でも日本以外で自国の防衛を軍事を含めて現実的に考えないところはないです。

別に今の傾向は右とか左とかいう話と関係なく、まともになってるだけ、というかあなたは人の家に行くとき常に手ぶらですか。首脳の外遊には世界的にどこでもだれでもお土産がいるんですよ。当たり前の事を書いて喜ばないでください。

Unknown (TIG)
2006-09-28 18:46:22
>この平和時にアチコチから総スカンを食っている右翼化した日本が、例え正当防衛のためとは言え戦争を遂行したり、戦争にはならなくとも先頭をきって圧迫を加えたりしていれば、勝ったとしても、世界からは白眼視されることになるのは自明の理(過去を遡って糾弾されるのは目に見えている)なのですよ。



ここなんですが、「アチコチ」というのは具体的にどこでしょうか。私の言語感覚に於いては中国韓国北朝鮮の三ヶ国だけでは「アチコチ」と言うには少々乏しいように感じますので、宜しければ例を提示していただきたく。



また、正当防衛たる自衛戦争についてですが、自衛を目的として攻撃してくる勢力を撃退した場合に「アチコチ」からどのような批判糾弾を受けると予想されますでしょうか。また、圧力と言う手段を放棄した状態での主権侵害に対しどのような対応方法を想定されますでしょうか。
物理を教えていますさんへ (ara)
2006-09-28 19:05:20
ありがとうございます!

議定書ですね、まあ、私もある程度勢いで書いているところもあって、思い出せずに何とか理解を乞うという甘い考えで書いてしまいました。申し訳ない!

そういう兎に角、世界が一堂に会する機会も多くなってきます、様な意味合いを持って書いたつもりです。

ありがとうございました。
愛子様の弟さんへ (ara)
2006-09-28 21:25:50
ありがとうございます!

失礼ですが、あなたはかなり危険な人だと思いました。

会話や書くという行為と言うものは、語弊があるかも知れませんがある意味「言葉の遊び」でもあると思うのですが、あなたの書くことには「遊び」というよりは「転がす」と言った方がピッタリくるような感覚を持ちます。

それも練りに練った「転がし」なのです。

丁度、あの西舘さんなどの教科書作成の「転がし」と感覚は同じだと思います。

私には通用しなくとも、経験の浅い人を惹きつけてしまう効果はあるように思えます。

 厳しい現実パート1より

あなたの言いたいことは良く分かります。あなたは知ってか知らずか、20年ほど前でしたかね、「ゼロッサム社会」と言う本を出してセンセーションを巻き起こした外国の人がいました。

私は読んではいなかったのですが、丁度時を同じくして、私も似たようなものを考えていました。私は研究熱心な徒ではなかったので、本を出すなんて考えてもいませんでしたが、私は「和一定」という自分で考えた表題を持って探求はしていたものです。

まあ、この事柄に関しては、一冊の本が作れるほどのテーマですので、ここでは言い尽くす事などできませんが・・・

 格差社会もこれからの政治の最大のテーマでしょう。一度そうなってしまうと、是正するのは大変な困難を伴うのです。私はエリート意識の強い安倍さんではまず、出来ない、不可能とも言えるのではないでしょうか?

 中国大陸を有効に支配し、近代的統治をしていたならば、満州事変、日中戦争は起こりようがなかった・・・

ですか、「あわよくば」という色気を出したのですね。

 日本本土で本来養える人口はたかが知れており・・・・

そうじゃないでしょ、世界恐慌のあおりを食って、稼ぐ先を探していた、また、国内の不満や切迫感を外に向けようとした。無為無策無能ながら、「根性と負けない神話」を背にして外へでて行った、と言うのが本当のところでしょう?

 思い上がりはむこうの方・・・民族意識がうまれたのです。

のくだり・・・この部分は私の預かり知らぬことなので、一応?(ハテナ)にしましょう。

あなた方は、事あるごとに中国は危険だ!武器を拡大している、尖閣がどうのこうの、ガス田がどうのこうの、と煽ったり、恐れたりしているが、そんなに無闇に恐れるものでもないことを証明してやるよ。

オリンピックや万博が終わっても、その余韻は10年は続くのだよ。少しでも豊かさの味を噛み締めてみると、人間というものはそれに向かって一目散になるのだ。彼らはこれから三種の神器を得ようと躍起になって働くことになるのであろう、平均年齢が30~40歳くらいなら最高だ。

日本を見本にしてね。上はバブルの反面教師として日本を見習うのだ。

日本を長男とすれば、中国は次男だから、長男の失敗を良く見聞きもできる、従って早めに対策が立てられるのだ、しかも、日本のように日本銀行が、与党自民党のご機嫌伺いする必要もないから、金利引き締め時期を失することが無いのである。

どうだ、当分中国は戦争などしている暇はないし、自分たちのことだけで手一杯の筈なのである。

リーダーたちは、手綱を締めたり緩めたりが忙しいだろう。唯一心配の種は、安倍さんが策士であることなのだ、東条さんもそうであったろう、彼らの共通する策士ぶりは、不正義を最も嫌う共産国にあっては、下手をすると断罪の憂き目に合う可能性がある。小泉さんが嫌われたのも、その不誠実、不正義にあるからなのだ。

 日中戦争で勝ったの負けたのの問題よりも、人間が、優しい心持ちの人間性を失うと、こういうこと(残虐な行為)をするという見本を提示しているだけでしょう。

 民度の高い、自国民の軍隊を信用しないで・・・?

笑わせちゃいけないよ、何を証して「民度が高い」と言わしめるのだ?そもそも民度ってなんなのだ!

       厳しい現実2から

ロシアのガスパイプラインの契約不履行問題ですね、あれは日本の企業だけでもなく、確かアメリカかヨーロッパの企業も一緒でしたね。詳しい内容は知りませんが、日本も加担したアメリカのモンゴルとの軍事訓練が、カンに障ったのかも知れません?

あなたは軍事力の圧倒が、他国を黙らせることが出来る基本だ、と思い込んでいるようだが、それをゾウリムシ人間というのですよ。

このことはもうくたびれるほどに言っているので、もういいでしょう。
TIGさんへ (ara)
2006-09-28 22:06:55
ありがとうございます!

アチコチはアセアンは言うに及ばずスェーデンもオーストラリアもありますし、アフリカもあります。

所謂、常任理事国入りにNO!を唱えた国々ですよ。

そうですね、まず、国連の席上で喧嘩になるでしょう。各国から右傾の台頭を問題につるし上げられます。何故なら、みんな多かれ少なかれ世界第二次大戦の原因の一つが、右傾自国愛(ナショナリズム)にあることを知っているからです。

次に、企業の追い出しですか?・・・

 圧力をなくした場合の対応ですね・・・・

どの国という指定がないのですが、例えば北朝鮮なら、最初に戻るが順序でしょうね、その際、拉致前提は取り敢えず取り払い、資金援助して国交回復を果たし、その後に警察機構が調査する、そういった順序でいけば良いでしょう。日本が多少面倒見ることで、アメリカは強く反対はできないと思いますよ。韓国とも上手くいってないようだし、アジアの一員として懐に深く入るためには、そのくらいしないとダメでしょう、取り込まれてしまうのではないかと危惧、恐れを感じる必要はないと思う。ただ麻生さん、安倍さんのコンビではそれもまた夢のようでもある。

Unknown (TIG)
2006-09-29 10:55:42
日本の常任理事国入りに反対した国々とのことですが、国連の場において争われたのは常任理事国枠の拡大の是非であり、日本の常任理事国入り自体の是非を問うものではなかったと記憶しています。AUについては、昨年の決議案のような「拒否権のない常任理事国」については一貫して認めない姿勢ですし、コンセンサス連合に於いては常任理事国ではなく非常任理事国枠の拡大を求めています。グループとしては全体の方向性というものがありますので、日本一ヶ国を取り上げて常任理事国入りを批判している国の例を挙げていただければと思います。



国連の席上での喧嘩とのことですが、吊るし上げと言うのはつまり「右傾化」している国がどのような理由であれ、実力を行使する事は一切認めるべきでないと言う理論のもとに糾弾されるということでしょうか。「右傾化国」の自衛権を許容しないと言う事は即ち「右傾化国」への侵略を容認することであり、戦争を抑制する姿勢には繋がらないと思われます。その理論で言えば、昨今のフランスやドイツを初めとするEU諸国、また韓国なども排外傾向を強めていますので、自衛権を認めるべきでないと言うことになりますが如何かと。そういえばアメリカへの攻撃は容認される方が多いようですね。



対応についてですが、原則を打ち立てず個別の事情を勘案して対応すると言う理解で宜しいでしょうか。さて、最初に戻ると仰られますが、最初と言うのはどこまで遡るべきと思われますか。そもそも建国当時より正式な国交が存在しない以上、既に現在が最初であると言う言い方も可能です。また、北朝鮮による主権侵害への対応について、侵害そのものである拉致問題を取払って資金援助すべきと言うのはつまり主権侵害を一旦容認せよと言う御主張でしょうか。また、警察機構というのはどちらの国が担うのか不明です。もし北朝鮮側の警察機構に委任するのであれば、日本は主権侵害について一切の対応を否定される事となります。これは上の段落でも述べた「侵略の容認」とほぼ同義であると考えざるを得ません。管理人氏は竹島や北方領土のみならず、尖閣や対馬も全て譲渡すべきとお考えでしょうか。また、仮に在日韓国人・朝鮮人が日本国内で一斉蜂起・独立宣言などを行った場合も容認すべきとお考えでしょうか。
TIGさんへ (ara)
2006-09-29 23:18:40
ありがとうございます!

私も詳しくは知らないのです。名前は知らないのですが、日曜6チャンの関口さんの番組に出ていた有名な評論家の人が、確か、モルジブとブータンしか賛成してくれる国がなかったと申していました。こんな恥ずべき事は流石にあまりマスコミでも取り上げたくはないでしょうね。町村さんが外相の時です。沢山の大使を呼び集めたり働き掛けをして、このザマですからね。町村さんは恥を掻いただけで責任はないのですよ。あなたは何が悪かったと思いますか?

あなたも「声無き声」に耳を傾けましょうよ。

スエーデンと言ったのは、小泉さんがたまたま訪問した国で「靖国を行くのは止めた方がいい!」と注文を付けられたらしいのですよ。たまたま行ったあの遠い国なのにですよ、オーストラリアは確か?首相だと思うんですが、日本よりも中国に比重を置くようなことを示唆しています、つまり「靖国」へは行くな!と言うことです。それだけでもないのでしょうけれど?

そんな国でそうなのですからね、わかります?

アセアン各国は、正直日本にはお世話になつているし、これからもお世話になるかも知れないと言う思惑があって、表立っては非難はしていないですが、何事か、戦争などにでもなったらば、右傾日本を糾弾する側に回る可能性は十分にある筈だ。

アジアに限らず西欧社会も、ナショナリズムには煮え湯を飲まされてきた。だから各国が、保護貿易までにも神経を尖らせるのだ。

中、韓、北、も「靖国」を殺戮戦争の象徴として捉えていて、靖国に問題があるのではなくて、戦争を起草したる者達を賛美する、自国のことのみしか考えない愛国右翼の台頭を牽制しているのだ。その考え方が騒乱の元凶になったから、そしてなるからなのだ。

だから憲法がその考え方(自国のことのみ・・・)を戒めているのです。

戦争をしてはならない国が戦争を始めたとすると、対象国との言い争いになる、どちらも正義を主張するだろう、そんな時、前科を持つ国は不利だ、他国への影響力が薄れていれば尚更だ。相手に勝ったとしても、またぞろ始めやがったと、邪推されてしまうのがオチなのである。

だから・・・他の国も自衛権は認めるべきではないとか、転化するのではなく、日本自らがそんな羽目に至らぬ様に抑制しなければならぬのではないか?



正義だと思ってはいても、それを徹底的に貫こうとしたら、物事は前に進まない事態がやってくる。相手の立場というものに少しは配慮してやるべきだ。

それをしない、出来ないのは国自体に弾力性、柔軟性が無くなってきているのであって、それは、肉体も精神も年老いてきているのである、それでありながら精神年齢は幼児のままだ。

「一旦容認して・・・」

容認するのではなく、お目こぼし、見て見ぬ振りをすることも大人の知恵。

日本の警察、あるいは民間調査でもなんでも、お互いが協力し合ってやればいいではないか、

なんでもかんでも譲渡、容認に結びつけるのですか?

私には、尖閣も、竹島も、北方四島も、権利的なことは、水掛け論をやっているようで良く分かりません?

こっちのもんだ!あっちのもんだ!って言い合っているより、協力して観光開発でもしたら?

日韓合同観光株式会社、日中合作株式会社でも作ってさ・・・・?

日本も損得勘定抜きで、海洋資源探査を徹底的にやったらどうか?石油が温泉が出るかも知れん?

在日朝鮮村なんか独立行政であると面白いかも・・・?

外国へ出張している日本人家族の日本人街もあるようだし。



あの国あの法則 (愛子様の弟)
2006-09-30 23:04:54
また呑気な事言ってるな。

日本が平和な時期ってのは大陸とは余り関わらなかった時期ばかり。

向こうの人間と合弁会社作ったりしてこっちが傾いたり、身包みはがされたケースは多数。

先ずはこれをダウンロードして読んで見てくださいな。

http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=phistory&nid=42411



これの鬼形礼の画の左下

1、恩義に感じるという事がないため、恩は掛け捨てと思い情は移さぬこと。

を読んで次のPDFの15ページから19ページに注目

http://resistance333.web.fc2.com/patriotism/japan_korea_merger2.pdf



余りのひどさに著しく気分を害するだろう。

これらを信じるも信じないも勝手だが、「日本も従軍慰安婦とか酷い事したじゃないか」とか考えて相殺しないように。

PDFの上の方に日本軍には中枢まで彼らが参画していた事が記してあるし、半島の女衒も朝鮮人だったから共犯。

というか苦行ではあるがそれは当時は普通にある商売の一つで、募集で集まったり親が叩き売ったのが現実。

それがないとどうなるかは彼らがベトナム戦争で実証してます。



そして以前よりかなり豊かになった今でも、アメリカとかに大量に売春婦が渡ってしまい、顰蹙を買っています。

これらを読んでもかの国と仲良くする気起きますか?
愛子さんの弟さんへ (ara)
2006-10-01 11:54:24
ありがとうございます!

散々な南北朝鮮バッシング、というよりプロパガンダと言うべきでしょうか。

確かに中国と日本の強国に挟まれて、朝鮮なりの根性が培われていたのはあると思います、が、「国際派日本人養成講座」での日中とのわだかまりの現在の歴史

を読んでみますと、明らかに日本びいきの内容となっているのが垣間見えます。

このことから、私たちが見ていない、正確な情報というものを得られない古い過去の情報を鵜呑みにはできませんな。

しかし、今でも幼き頃虐げられたコンプレックスが強い反発力となって、右翼などに身を投じている者はいるでしょう。

強烈なる思想というものが、愛国軍人にとって種種雑多な日本人たちを纏めるため、戦意高揚のためには必要なことだったでしょうことは十分推察できますよ。

それに合致さえしていれば、極端であろうとも右の強面を擁して採りたてることはしていたでしょう。

しかし、この文面は朝鮮人の悪行ばかりを述べて、プロパガンダしていることは明白です。

ヒドイ奴はどこにもいる、それだけ「やけのやんぱち」時代を投影していたともいえるものです。

日本人を強く叱責、叱咤激励、進軍ラッパを吹けるのも、中国人を、ロシア人を憎むというより、日本人を、自分の境遇を、コンプレックスを憎んでいたからなのではないですか?若し、憲兵に多かったとするならば、そう言うことではないかと思いますよ。

そう言う過激な分子がいた、いることも事実でしょうが、だからといって、朝鮮人をみんな白眼視していたのでは、恨みつらみのあなた自身の人生の不幸ですし、それが日本人の犯罪を否定する根拠にはなっていないのです。現実に多くの日本人の戦争犯罪人が裁かれているわけですからね、証拠があるからこそ裁かれてもいるのでしょうから・・・・

朝鮮人の彼らも、自分の命を守るためには、日本人にへつらうことなどなんの雑作もないことなのですよ。

日本人もそう言う立場に立っていればそうなる人もいれば、ならない人もいるでしょう。

それは人間の人間たる所以なのです。

女性の売春や子供の売買と言う事実は、何にも無くなった人の最後の残された手段として有り得ることでしょう。やがて彼ら、彼女らが家族を救い、国を救っていくのは歴史が証明しています。勿論救うことが出来ない例もあります。

日本でさえ同じように子供の売買の例がありましたし、女性は春を売っている人もいました。こんな歌ご存知ですか?「こーんな女にだーれがした・・・」

哀れであるが、それが戦争やテロや経済破綻ののツケでもあるのです。

こう言うことにならぬように、努力して仲良くするしかないのですよ。

北朝鮮に圧迫を加えて、やぶれかぶれのミサイル攻撃を受けて、やられたからやり返すの北朝鮮とだけの戦争のつもりが、韓国との戦争に広がり、アメリカが参戦して、中国、ロシアが必死になって北朝鮮の要塞に武器を搬入して守る。それもお互いがミサイルの撃ち合い、その結果は・・・・(想像してください)

勝ったとしても、ロクなことにはならないのですよ!

露、中にとっても朝鮮半島は日本軍隊からの軍事的要衝なのです。





愛子さんの弟さんへ (ara)
2006-10-01 13:04:28
追加

日本が平和だったころは、大陸との関わりを持たなかった時期・・・

 違うね、あなた方が朝鮮憎し、中国憎し、と言い出すようになってから(右傾化)こじれだしているのです。

敵視して構えていれば、相手も構えるのです。

それを「喧嘩腰」というのです。喧嘩腰ではどんなものでもまとめることは不可能でしょう。

募集に応募する人数が多いのを、日本には朝鮮は協力していたんだ、と思うのは早計です。

食う物に困っていた状況なれば、誰でも食わせてくれるところなら刑務所でさえ行くのです。それが人間の動物たる所以です。

仲良くする気が起きる、起きない、ではなく、何処に着弾するか分からないミサイルでバニくることになりたくないのなら「起こす」しかないのです。

あまり偏った情報ばかり、被害意識だけで好んで読んでいると、いつの間か偏ってしまっている自分に気づかず、折角の人生を失することになるかも知れないよ、気をつけてください。

本題とまったく関係ないですが (物理を教えてます)
2006-10-01 18:07:48
すみませんが、araさんの文章は、なんだか非常に読みづらいです。

これは私が理系の人間で、国語やら社会が苦手なせいなのかもしれませんが、要点などを見つけるのに非常に苦労します。



私が知ってる文章の書き方は、あくまで理系の論文の書き方ですが、よく分かる文章の書き方として、研究室の先生や先輩などから次のような点を注意するように言われました。



①論点を先に書き、以降の文章は論点の証明を行う。起承転結では書かない。

(例:冥王星は惑星に含めるべきである。

なぜなら~・・・・)

②だ・である調、です・ます調にそろえる。

③他人の意見を使用する際には、明確な参照元の情報を添付する。

④「~と思う」「~だろう」を使わない。使う場合はその根拠を示す。



現在でも理系の文章に限らず、文章を書く際には極力このフォーマットを守るようにして書いています。



しかし、araさんの文章は上記のようなフォーマットではないため、私には理解できない部分が多く存在します。

多くのコメントがついているため、大変すばらしい内容だと思うのですが、

読解力と専門的知識の無さから、内容を詳しく理解することが出来ません。



もしよろしければ、私のような者でも理解できるような文章にしてはいただけないでしょうか?

大変無礼なお願いかとは思いますが、善処していただけますよう、お願いいたします。
Unknown (Unknown)
2006-10-01 22:28:40
>>しかし、araさんの文章は上記のようなフォーマットではないため、私には理解できない部分が多く存在します。



というより、中学生が一生懸命背伸びして書いているように思えてきました。



本当にそうなら、それはそれで微笑ましいと言えなくもありませんが。
Unknown (Unknown)
2006-10-02 09:06:34
というより、わざとやってるんじゃないかと...



自分から話題を出しておいて、他の人から突っ込まれたら、南京事件なんか「興味ない」、日本の常任理事国入りに反対した国のことは「詳しくは知らない」、って...



わざとじゃないなら、「メメント」を見た方がいい気がする。マジで。

物理を教えていますさんへ (ara)
2006-10-02 23:56:29
ありがとうございます!

読みづらいですか、すみません!

何とか分かりやすくしたいのですが、長い文章は勢いで書いてしまっているので、あまり検証に時間を掛けていないせいもあるかも知れません。

すぐに直せるものでしたら直したいのは、やまやまなれど、オイオイ直していけたら、と思います。

いろいろと、ありがとうございます。



Unknownさんへ (ara)
2006-10-03 00:12:46
ありがとうございます!

南京事件のあなた方の言い分は大体分かり過ぎるくらい分かっているので、聞いても仕方がないからですよ。

戦争ですから、日本にも残虐行為はあったし、中国もあったでしょうよ、私の言いたいのは、戦争になってしまったら「やられたら やり返す」の繰り返しであって、単純作業であることなのですよ、従って南京虐殺事件で重要なことは、その事を起こす前の状況設定と関わった人々の心の葛藤がいかばかりのものか?と言う点だけであります。それが「なるほど!」と納得できさえすれば、それを今後の人間というものの有り様を探る上の参考になるであろう、と思います。



私が重視するのは「戦争に至る可能性の排除」なのですよ。

Unknown (TIG)
2006-10-03 11:46:29
>私も詳しくは知らないのです。名前は知らないのですが、日曜6チャンの関口さんの番組に出ていた有名な評論家の人が、確か、モルジブとブータンしか賛成してくれる国がなかったと申していました。こんな恥ずべき事は流石にあまりマスコミでも取り上げたくはないでしょうね。町村さんが外相の時です。沢山の大使を呼び集めたり働き掛けをして、このザマですからね。町村さんは恥を掻いただけで責任はないのですよ。あなたは何が悪かったと思いますか?<

詳しく知らないことを自認していながら不確かな情報で批判するのは如何なものかと。とりあえず私はそのような情報について発見できずにいますので、私と管理人氏お互いの信頼関係において事実としては取り扱わない事にしておきます。ちなみに前回常任理事国入りに至らなかった原因はロビイング不足と考えます。AUはG4案について「拒否権凍結は受け入れられない」としていますが、実際のところ近年アフリカとの接近を目論む中国によるロビイングの影響もあると見ています。日本の常任理事国入り自体に強行に反発したのは中韓朝ですから、中国の妨害工作に屈したとも言えます。まぁ国際政治の場において対立勢力が存在しないことの方が稀ですので、また次の機会を狙うのも良いでしょう。



>あなたも「声無き声」に耳を傾けましょうよ。

スエーデンと言ったのは、小泉さんがたまたま訪問した国で「靖国を行くのは止めた方がいい!」と注文を付けられたらしいのですよ。たまたま行ったあの遠い国なのにですよ、オーストラリアは確か?首相だと思うんですが、日本よりも中国に比重を置くようなことを示唆しています、つまり「靖国」へは行くな!と言うことです。それだけでもないのでしょうけれど?

そんな国でそうなのですからね、わかります?<

何の話なのかわかりません。声なき声とは何のことですか?そんな国とは?貴方にとって明白な事であっても私の置かれた環境では明白ではない事もあります。「教えてやろう」と言う気持ちがお有りならご説明いただきたく。ところで私の質問は

>日本一ヶ国を取り上げて常任理事国入りを批判している国の例を挙げていただければと思います。<

だったのですが、それについてのご返答は頂けないのでしょうか。スウェーデンの件は当時の報道を当たってみましたが、国際社会の為に日中関係の改善を要すると言う趣旨以上のものは出てきませんでした。靖国を話題に上げたのなら、各紙こぞって取り上げると思うのですが。オーストラリアはポーリン・ハンソンのような人たちが議席を左右する土壌がありますから、靖国云々より実利主義に則った判断であると考えています。



>中、韓、北、も「靖国」を殺戮戦争の象徴として捉えていて、靖国に問題があるのではなくて、戦争を起草したる者達を賛美する、自国のことのみしか考えない愛国右翼の台頭を牽制しているのだ。その考え方が騒乱の元凶になったから、そしてなるからなのだ。

だから憲法がその考え方(自国のことのみ・・・)を戒めているのです。

戦争をしてはならない国が戦争を始めたとすると、対象国との言い争いになる、どちらも正義を主張するだろう、そんな時、前科を持つ国は不利だ、他国への影響力が薄れていれば尚更だ。相手に勝ったとしても、またぞろ始めやがったと、邪推されてしまうのがオチなのである。

だから・・・他の国も自衛権は認めるべきではないとか、転化するのではなく、日本自らがそんな羽目に至らぬ様に抑制しなければならぬのではないか?<

やはり話が良くわかりません。前科のない国などあるのでしょうか。また前科は他国への影響力があれば払拭できるようなものなのでしょうか。管理人氏は対日関係においてのみの話をしておられるのですか?右傾化を憂うのであれば、他国の右傾に対しても厳しい目を向けるのは転嫁とは言えないと思われますが。日本の右傾化だけが問題であるとお考えならば話の方向性が変わってきますので、そのようにご発言いただきたく。



>正義だと思ってはいても、それを徹底的に貫こうとしたら、物事は前に進まない事態がやってくる。相手の立場というものに少しは配慮してやるべきだ。それをしない、出来ないのは国自体に弾力性、柔軟性が無くなってきているのであって、それは、肉体も精神も年老いてきているのである、それでありながら精神年齢は幼児のままだ。<

国内事情から国民の目を逸らすために仮想敵国を攻撃すると言うのは昔からよくある手法ですね。日本はそれに対して配慮している方でしょう。近年になって「そのような配慮は不要」と言う国民が増えてきたのも事実ですので、今後の対応は変わってくる可能性は高いと思われますが。また、大多数の国はそもそもそのような配慮をするほどの国力の余裕を持ちませんので、配慮しない事が柔軟性を欠くとか幼児的というのは言葉が過ぎると思います。



>「一旦容認して・・・」

容認するのではなく、お目こぼし、見て見ぬ振りをすることも大人の知恵。日本の警察、あるいは民間調査でもなんでも、お互いが協力し合ってやればいいではないか、なんでもかんでも譲渡、容認に結びつけるのですか?<

日本の警察も民間調査も北に入国ができません。特に警察庁としては、早い段階で北朝鮮によるものと見通しが立っていたにも関わらず政治的圧力により積極的な捜査が出来なかった事もあり、圧力の薄れた今になってその案を呑むのは不可能でしょう。また、北朝鮮側が協力体制を望む可能性があるかどうか。そもそも北朝鮮と言う国家の指示の元行われた犯罪ですから、北朝鮮政府が対象選出・実行手順・教育管理などについて関与していない筈は無く、北朝鮮に真に問題解決の意思があるのであれば情報公開できることはいくらでもあります。それをしないのは純粋に北朝鮮側の都合でしょう。先日CIAの秘密収容所の事が取りざたされましたが、管理人氏はアメリカやロシア等に拉致監禁された場合でも見てみぬ振りをして協力体制で捜査すべきと思われますでしょうか。



>私には、尖閣も、竹島も、北方四島も、権利的なことは、水掛け論をやっているようで良く分かりません?こっちのもんだ!あっちのもんだ!って言い合っているより、協力して観光開発でもしたら?日韓合同観光株式会社、日中合作株式会社でも作ってさ・・・・?日本も損得勘定抜きで、海洋資源探査を徹底的にやったらどうか?石油が温泉が出るかも知れん?在日朝鮮村なんか独立行政であると面白いかも・・・?外国へ出張している日本人家族の日本人街もあるようだし。<

権利関係のことは国際法及び国際条約の条文で定められますので、解釈の相違で争うことは珍しくありません。日本に於ける領土問題は資源確保の側面が強く、また竹島のように漁業協定を結んでも一方的に無視されるケースもありますので協力の余地は略ないでしょう。北方領土については住民が存在する諸島という事情もあり、妥協や協調の落としどころもあるとは思いますが、竹島や尖閣についてはまったくありません。尖閣など、実際に石油が出るとなれば、エネルギー問題に悩まされる両国としては権利関係の争いはより激化するでしょう。既に日本海ガス田で同様の綱引きが行われていますが、日本側は政府により企業の開発が抑制されており大きく不利な情勢です。この状況でどのような協力体制が考えうるか、管理人氏のご意見をお聞かせ願いたく。

行政特区の在日村については必要性が全くイメージできませんので論を避けさせて頂きます。
TIGさんへ (ara)
2006-10-04 00:08:39
ありがとうございます!

モルジブとブータンの件ですが、

名前の通った人が、テレビの中ではっきりと言ったのですから、間違いを言うとは思えないのです・・・?

政治屋さんの二枚舌とは違いますから・・・

それと、小泉さんは東南アジアへは挨拶に行けなくて、代わりに天皇が行ったりしていますね。

本来、小泉さんが行くべきところだったんですが・・・・



中国の妨害工作、とおっしゃっていますが、その結果のアウトならば、すでに影響力は日本を上回っていることでありますし、全ての国々が中国の働きかけであったというのは無理があるでしょう。



それよりも私の解釈では、常任理事国を増やしたところで、今よりもっと決まるものも決められなくなってしまうことへの疑念ではないでしょうか?

中、韓が賛成しようが、多分駄目だったのではないでしょうか?本当はその程度のことはトップたる者考えてしかるべしと思うが・・・・



日本だけを名指しで声を高らかに「反対!」を唱えているのは中、韓だけでしょうが、では、ドイツ、インド、ブラジルではそういう国はあったのでしょうか?

表立って「反対」を声高に叫ぶというのは勇気のいることですよ、何事かお世話になるかも知れない時困りますからね。叫べるということは、もうお世話にならなくとも良い、という裏づけの自信があるからですね、というよりも、どんなに困っても日本には世話になりたくはない、と言うことです。あなたの周辺でもそういう人いませんか?

こんな日本なら東アジアの一員でなくとも良い!と言うことでしょう。

アセアンの会議などでも日本と中国と仲良くしてくれと、注文だしているでしょ、ブッシュさんもそう言っているでしょ、みんな間接的に言っているのですよ、分かりませんか?あなたは、はっきり言わなければ、理解ができないのですか?



日本の右傾化が問題点の最たるものなのです。

何故なら、日本にブレーキが無いからです。

レース仕様の自転車だからです。「止まる時は転ぶ時」だからです。

他の国々は、どんなに愛国だろうが、争い事を努めて起こさぬように知恵を働かせて運営しています、だからいろいろな会議での合流を通じて、国境紛争も少なくなってきています。



日本に大人としての配慮がないから、中国、韓国を怒らせ、北朝鮮をああいう状態にしてしまったことを理解できないのですか?今この状況が言葉の国境紛争なのですよ。どうしたら、どう言ったら理解していただけるのでしょうか?ただ闇雲に怒っているのではないのですよ。



もう今更北朝鮮問題をどうのこうの言っても、手遅れで、日本の弁明機会は無いでしょうし、北朝鮮も謝る気など更々ないでしょう。

余程、日本側が謝り、相当の手土産を持っていかない限りは、行き着くところまで行くしかないような気もします。シェルターでも買っておいた方が良いと思う。バカみたいに正義だと拘ったところで、青信号の交差点を注意もしないで走るようなものだ。必ずいつか事故に遭う筈だ。

北朝鮮とて、どうしても言えぬこともある、知らない方が幸せのことだってある。



同じガス田で開発競争しなくともいいでしょう、日本の周囲には大陸棚が豊富なのだ。資源を探して歩けばいいではないか、お金は掛かるが自前のエネルギー源にあたれば、一生安泰だ!損得勘定ばかりが先立ったから中国に先を越されてしまったのだ。目先のことばかりのビジョン無き政治で、長い投資を怠ったツケでもある。

















Unknown (もょもと)
2006-10-05 01:28:31
国際儀礼上の地位としては

天皇≧ローマ教皇>王>大統領>首相

会社に例えると

名誉会長≧会長>社長>専務>部長



東南アジアには小泉部長のような下っ端の人間でなく、

敬意を払い、名誉会長が挨拶に行ったわけですな。

もょもとさんへ (ara)
2006-10-05 22:23:07
ありがとうございます!

そうです、だから小泉部長さんも金正日王に頭を垂れなければならなかったのです。

天皇もローマ教皇も王も、そして大統領も首相も誰かの指導の下で動かされているのかも知れません?

だから建前、表面的にはそれらの人たちの意見や行動であったとしても、後に大概誰かがいる場合が多いのです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
不自由な日本語と遊ぶ ((゜∀゜)殺伐で逝こう!!)
自分って、他人ってより「総理大臣の器を待望する」。 やっと、炎上の嵐も一段落して炎上の嵐、ですか、そうですか。、自分の書きたいものに着手できるようになりました。 本当の総理大臣の器 先頃50カ国近くが、キューバ