独白

全くの独白

日本的な雨の終焉

2017-08-10 21:58:33 | 日記
又も記録的な大雨が、今日は京都で降った。殆ど連日である。こう頻繁では、もう記録的とは云えない。
矢張り温暖化で亜熱帯化しつつある日本では、どんな雨もスコールのように降るようになってしまいつつあるのか。
もう、しとしとと降る雨など見られないのか。
「雨雨降れ降れ、母さんが・・・」などという唄の歌われる事も二度と無いのか。
米国辺りでは以前から、ハリケーンは巨大で、竜巻は強烈であるのが普通で、その為に極小さな島国の「この儘では沈んでしまう」との訴えも、
トランプ氏などの耳に届いてはいても、皮膚感覚的に受け止められる事が無く、暢気にパリ協定から離脱したりしているのかも知れない。
併し私達は幸か不幸か、皮膚感覚で変化を捉え得ている。
台風なども、私等の子供の頃には風速四十メートルと聞くと震え上がったものであるが
近頃は、七十メートルなどと言うのが普通に来ている。
格段の変化には格別の対応をするのが相応しかろう。
此の儘では海に呑まれる事は無くとも、他の意味で日本も沈んでしまう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 筋が通らない(核兵器禁止条... | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL