独白

全くの独白

コドモ

2017-05-18 21:19:18 | 日記
好天気の下、自転車で山里の外れの坂道を上っていると、
車を停めて山菜採りをしている人が「危ないぞ、コドモが居るぞ」と言う。
山の人は小熊でも大人の熊でも、コドモと呼び習わしているようである。
慶事は言葉に出しても中々実現しないが、
凶事は言葉に出すと何と無く実現してしまいそうな心持がするものである。
それで彼等も、恐ろしい熊を可愛いコドモと言っているのであろう。
厚意的忠告か、私の目的も山菜採りと解釈した上で、
排除しようとの悪意に基づく厭がらせか、ちょっと図り兼ねる口振りである。
斯様にはっきりしない場合、私は厚意と取って置く事にしているので、
今日も「ま、山だから熊は居るさ」とだけ言って通り過ぎた。
鶯の唄を聴き乍ら更に上り、景色の佳い所で、昼食を摂ろうと腰を下ろした。
鶯はここでも囀り、山藤が咲き誇っている。
熊も居れば藤も咲き、猪が居れば鶯も啼く、山菜も採れればトリカブトもあり、
松茸があればツキヨタケも在るのがヤマと言うものである。
第一ヤマばかりが危ない訳ではない。熊にしても、寧ろ町に出てこそ大騒ぎになり危険も大きい。
平地を歩いていても、後ろから車に撥ねられる事がある。地震はどこで起きても不思議が無い。
ミサイルはいつ飛んで来るか知れたものではない。
又、大きな隕石にでも衝突されたら一溜りも無い。
要するに生きている限りは、防ぎようも無い危険と隣りあわせて暮らすしか手は無い。
くよくよ心配し過ぎても甲斐が無い上に不幸である。
熊への備え同様に、出来るだけの事をしたら後は、何の根拠も無くとも、
対岸の火事と決め付けてしまってなるべく暢気に過ごすように努めた方が仕合わせというものであろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« つい感動してしまった | トップ | 語るに落ちる »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
熊がこどもとは (ROKO)
2017-05-19 07:54:25
初めて聞きました。
恐いもの、畏れ多いものを直接の名で呼ばずにそれに近いもので代替することはよくあります。
少なくとも熊、そのあたりにいる可能性があるわけですよね。
私なら引返すかも。
今まで生きてきて、「ひょっとして私死ぬかも」と思ったこと、何度かありました。
恐ろしいです。
極力安らかに死にたい。
ROKOさん、卒直な (雄陽丸)
2017-05-19 16:43:28
御感想を、有難うございます。
私も安らかに死にたい点では人後に落ちませんが、つい誘惑に負けて
危険を冒してしまう浅はかさでも人後に落ちません。
それにしても、危険と隣り合った遊びというのは意外に多いですよね。
真子さんもスキーを嗜むそうですが、ああいう人でも一歩間違えば平等に、
詰まり庶民と分け隔てなく骨折したりする訳ですね。
先日山で話した人は、長くやって居たパラパントを近頃止めたそうです。
理由の一つに、着地にしくじって骨盤から脊椎に至るまで骨折して、リハビリにも苦労したというのがあるそうです。
恐らく事故の直前迄、自分がそんな目に合おうとは夢でも思った事が無かったと思われます。
エベレストなどに登る人も、今度行けば凍傷で鼻を落とす公算が九割などと思ったら、
到底行く気に成れないと思います。
危ない遊びを好む人は誰でも、私等と同様に、全く根拠などないのに、
自分だけは大丈夫と、どことなく信じているのでしょう。
では又(^^)/。
楽天家 (柚木結羽)
2017-05-19 22:30:58
雄陽丸さま

こんばんは。

何か事が起こったとき、私も一度は悩みますが、最後はいつも同じ答えにたどり着きます
「なんとかなるさ」ってね (^_^)

根が楽天家。
自分の力ではどうにもならない事に思い悩むのはもったいない。
なるようになる、その時また考えたらいいや…なんて思ってしまいます。
決して投げやりな訳ではありませんよ。

ほんとにほんと(^ー^)
柚木結羽さん、こんにちは (雄陽丸)
2017-05-20 17:08:36
仰せの通り、持つべきものは楽天主義ですよね。
合理的でもありますものね。
只、傍目には刹那主義と捉えられてしまう恐れのあるのが難ではありますが。
似たようなものでしょうか。
しかし梵語由来の「刹那」主義、そう悪いものでもないという事にして置きましょうね。\(^o^)/

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL