独白

全くの独白

北方領土と宝籤

2016-12-07 20:35:45 | 日記
首相が北方領土に就いての国会答弁で「簡単に片付く問題ではないが、だからといって何もしなければ一ミリも前進しない。私はそんな道は採らない」というような事を言っていた。宝籤を買う人の思いに似ている。殆ど当たりはしないと解っているが、だからといって買わなければ決して当たる事は無いという訳である。
内政問題が御し易いわけではないが、外交問題はより一層複雑であり解決しにくいのは言う迄も無い。只でさえ難しい上に目の色が違ったり鼻が高かったりするだけで妙な先入観に囚われて、誤解したり私のように曲解したりする者が居るから猶更である。
ところで鳥インフルが流行ると思ったら今度は豚小屋の火事である。いよいよ北朝鮮の陰謀の疑いが濃くなってきた。(苦笑)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「医者の不養生」と「やがて... | トップ | 採血② »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL