独白

全くの独白

正義の戦争と爽やかな強奪

2017-04-23 15:44:16 | 日記
三億八千万円強奪犯が、被害者の顔に噴射したのは、芥子の熊よけスプレーかも知れない。
周到な準備をしたらしいから、事前に名古屋で二人の女性に使ってみて、効果を確かめたのかも知れない。
黄色の液で、掛かった顔が熱く成ったというので思い浮かんだのである。
名古屋事件の後、類似の犯行が無いのも、そう解釈すれば得心が行く。
単なる興味本位での犯行なら、続けて遣りそうなものである。
私は熊よけスプレーを持っており、誤って噴射してしまったことが在るので、色や匂いが解る。
彼等はそういう経験が無いので、スプレー缶を壊して内容物に触れては見たものの今一つ効果を実感し得なかったので、他人の顔を借用したのかも知れない。
何せ相手は、熊を撃退しようというもの、なかなか犬猫や鳩、況して自身の顔を使う気には成れないものである。私が噴射したのも飽く迄誤ってであり、顔に掛かってもいない。
強奪犯も手口は荒っぽいが、銃や刃物を使っては居ない処にそこはかとない優しさが仄めいている処から、小動物に使ってみる事が憚られたのであろうと推察されるのである。
併し本番で使う相手は人間であり、予行の対象も人間である事は、必須として要請された訳である、已んぬる哉。
斯様な大強盗事件が多くの人の興味を惹くのは、多くの人に一攫千金への憧れがあるからであろう。
その上私のように不謹慎な一部の者には、それを然したる人的被害を出さずに実行した事に、小気味良さを感じてしまう処さえある。それで斯様に不要な穿鑿をあれこれしている訳である。
併し対象は飽く迄犯罪である。小気味良く思ってしまう点を反省してみた結果、以下のような結論を得た。
戦争して勝てば快かろうが、それは破壊や殺戮を不快に思わない者であり、私を含めて多くの者は心底からの快感を抱き得まい。
理不尽な破壊や殺戮が悪であるなら、正義の名の下の戦争は、悪を伴った正義という矛盾したものである。
一方強奪は、悪事という名の不正義であって謂わば純粋である。人間は一攫千金へのそれ同様に、純粋さへの憧れをも持っている。
従って正義の旗の下の戦争に於ける勝利への快哉が在るなら、殆ど無傷での強奪に感じる小気味良さもあって強ち不自然ではない。
数値化してみる。正義の戦争は+1-1=0、強奪という不正は-1-1=-2が基本にある。そして「戦」は0-1(矛盾という不純)=-1、「強」は-2+1(純粋性)=-1、更に「戦」は-1-1(好戦性)=-2、「強」も-1-1(一攫千金への浅ましい執着)=-2という事に成り、両者は同値である。
即ち比較的に穏やかな強奪を小気味良く思うのが芳しからぬ事であるならば、正義の傘の下の戦争での勝者への讃辞も同様に非難せらるべき事と言わざるを得ない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 不毛なるもの、戦闘 | トップ | 挙げ足を取る »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
戦争の正義って… (ROKO)
2017-04-25 10:38:24
北朝鮮の立場で考えれば、核保有が唯一の国家存亡のよりどころと考えているのは至極自然なことだと思います。世界から経済制裁を受けて、外貨獲得もままならない中、最新鋭の開発競争が激しい通常兵器を常時最新にそろえ、整備やランニングコストをかけて韓国国境、中国国境、日本海に配備し続ける国力は北朝鮮にはないです。それを思えば各国に届く安上がりな核ミサイルを数本持っているだけで自国に対する攻撃の抑止になります。自国民を守るため、国家体制を守るためという正義は北朝鮮内では成り立っていると思います。
それを許さないのがアメリカですよね。今世界はアメリカ一強というバランスの中で平和(戦争のない状態が平和であるかどうかは別として)が保たれています。そのアメリカに対して合従するか、連衡するか、中国と日本の違いですね。どちらにしろ、アメリカから見ると北朝鮮は核の均衡を崩す危険な輩ですから、こちらも正義と言えば正義です。
世の中に正義なんてあるのかしら。
ROKOさん、懇ろなコメント、どうもありがとうございます (雄陽丸)
2017-04-25 23:35:24
仰せの通り、昨今は正義というものが非常に見え難く成って居る様に、私にも思われます。
世界中を、我田引水的似而非正義が罷り通っている様は宛ら、棘にびっしり覆われた為に、
本体である球体の見えなく成ってしまった金平糖のようですね。
所詮世の中は、実力でしか動かないものなのかと思うと虚しさが募り、この世に望みが持てなくなりつつある私です。
ソクラテスが再び現れて、議論の末にぐうの音も出ない結論として真の正義というものを
炙り出して見せたところで、耳を貸す領袖はどこにも居らず、再び処刑されてしまうのが落ちでしょう。
人を人たらしめている論理というものには、もっと謙虚に向き合い真摯に従って貰いたいものですが、
彼らにとっては「論理より実力」という似而非論理が、金科玉条なのでしょう。
併しそれも無理からぬ事で、人は人たる前に動物ですから、
論理より動物的な慾や本能に従い勝ちなのは寧ろ自然な流れと言えましょう。
ソクラテスにも力が無かった訳ではありません。死刑に持ち込んだ勢力と政治的にも対立する実力者が、
大勢彼の弟子や支持者として居たのです。プラトンの父等もその中の一人です。
彼等は番人を買収する等の手段を用いて、彼を脱獄させる事もできる力を持っており、
実行する為の難関は、
彼自身の承諾だけでしたから、処刑間際まで言葉を尽くして説得したのですが、
彼はいつもと変わらず、それら総てを論破して従容として、
自身の導き出した論理的結論に殉じたのです。併し昨今の世相を現出している、
世界の領袖達はと言えば、抑も第一義としているのが力なのですから、殉じる対象も力やその基たる慾や本能であろう事は論を俟ちません。
そして力を持ったものが力を第一義としがちなのも又自然の流れと言えましょう。
処で現世では凡ゆる局面に於いて、放って置けば誰もが、自身に好都合な事だけを指向する事でしょう。
戦後の日本の成功は、その資本主義がかなり社会主義的な制約の網で
社会を覆ったもので在った事に負ったもので在るという説は結構有力なものらしいです。
力を持った者が世界中に林立して好き放題に掻き回して居るこの渾沌とした坩堝に秩序を齎す為には
相当厳しい統制が必要でしょう。
ところがそんな真の「力」を持った者は見当たりません。
今の国連には普通の国家程度の力すらない様に見えます、嗚呼。では又(^^)/
む、む、難しい。 (ROKO)
2017-04-26 16:33:40
コメントの返事ではなく本文のような・・・。(;'∀')
頑張ります。
憲法改正云々という議論が世の中でくすぶっています。私も勉強のつもりでモルデカイモーゼという方の「日本人に謝りたい」という本を何年か前に読みました。名前が示す通り、ユダヤ人です。
その中に書かれていましたが、ナチスのヒトラーの右腕とされるゲッペルスの言ったことです。
平たく言えば、憲法で歌われている「自由」「平等」の行きつく先にあるもの、
「愛国心の消滅、悪平等主義、拝金主義、自由の過度の追及、道徳軽視、3S制作事なかれ主義(3Sとは、Sports,Sex,Screen)、無気力・無信念、義理人情抹殺、俗吏属僚横行、否定消極主義、自然主義、刹那主義、国粋否定、享楽主義、恋愛至上主義、家族制度破壊、民族的歴史観否定」
題して『人間獣化計画』です。ここでいう憲法とはワイマール憲法ですが、それを範としてできている日本国憲法、いまだにその悪質な本質を見抜けていない日本人、雄陽丸さんがおっしゃるような獣への道を進んでいるように思います。それでは自由主義の対極が社会主義でしょうか。たくさんの方が誤解されていると思いますが資本主義の対極に社会主義はあるかもしれませんが、自由主義の対極に社会主義はないと思います。自由主義と社会主義はほとんど同義語。なぜかと申しますと、自由の本質を突き詰めていくと、社会主義思想に行きつくからです。
人が人間らしく生きるためには社会主義的な思想が必要なのか?それよりなにより、憲法を改正した後の憲法、自民党の草案でよいのか。
日本人としてのアイデンティティー。もっと掘り下げないといけないと思いますが。
そうなんですよ (雄陽丸)
2017-04-26 17:18:13
ROKOさんの下さったコメントに触発されて、
つい熱が入ってしまったんです。
この二つ目のコメントにも、徒疎かな返答をする事は出来ませんが、
明日はサイクリングに出る予定で居り、
今夜は特に早めに就寝する必要があるので、
機会を改めて綴らせて戴きます、失礼を御許し下さい、
では又(^o^)丿。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL