わんDAY

迷犬ラルクの日常日記

鯵ヶ沢から

2017年05月08日 19時36分40秒 | Weblog
来た道を帰ろうと思ってたのだけれど岩木山の雪景色が目に入り遠回りして行く事にした。

グニャグニャの山道を抜けて岩木山を目指すと桜がチラホラ見え始めた。

なんと、八重桜が満開なのだ。

ほぅ~これは写真撮らなきゃと立ち止まる。

あんなに桜はどうでも良いと言ってたのに(汗)



よく見ると少し離れた所に桜並木が・・・あっち行こうっと・・・ブゥーーーー

いいじゃないですかここ。

写真には写ってないけど後ろにカメラマンが沢山居るんですよ。

吾輩の車が相当じゃまだったに違いない



写真もそこそこ撮ったのでも目の前の岩木山に向かう。

お高い有料道路の通行料¥1800・・・を支払いグニャグニャ道路を登って行く。

雪がまだまだあるんです山には。

麓にも結構残ってたので秋田とは一味違います。

車で行ける八合目は風がビュービュー。




気温4度の表示でシャツ一枚の格好では5分も外には居られませんでした。


その内風が強いものでそこら辺の砂利とか飛んで来たので下山する事に。

後はひたすら自宅目指して運転なのだけれど、毎度毎度弘前市内は自分が何処を走ってるのか全然分からん。

ナビの言う通りに帰るのだけれどかなり遠回りしてるような気がしてならない・・・バカナビめ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

連休おわり

2017年05月07日 21時58分24秒 | Weblog
ホントであれば明日からの仕事に備えてまったりするのが正解?

でも黙ってられないのでドライブに出掛けた。

信号の少ないルート、西海岸線北上わさお行きを選択。

渋滞とは無縁のルートだ

車に乗ってて余り気にしてなかったが風が凄い。

途中道の駅に立ち寄ったが建物に歩いて行くのに物凄い風の抵抗であった。

車のドアは風に押さえつけられて開かず・・・。

推定、風速20メートルはあると思う。

間もなくしてわさおの居る鯵ヶ沢に到着。

わさおの家の辺りは幾分風も弱まってたので良かった。

ほらほら居ましたね、わさお。

何年ぶりかな?

娘のちょめとツーショット写真。

嫁のつばきは毛が短いんですな。

ホントに秋田犬?て感じだけど個性が有って宜しい。





つづく・・・。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

毎年恒例の

2017年04月30日 18時56分31秒 | Weblog
菜の花と桜のコラボする大潟村菜の花ロード。

普通の道路に桜と菜の花が咲いてるんですどね。

これまた毎年見物の人で賑わう。

何かの商売に繋がらないかと思うのだけれど何も無い。

別の場所に菜の花祭りと称して出店広げてお祭りはやってるけど、大潟村は誠に勿体ない事をしてるような気がする。

あの広大な田んぼの一部でも整地して桜と菜の花で埋め尽くせばかなりの人出が見込めるのに。





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

桜とまさかのアレ

2017年04月27日 19時28分13秒 | Weblog
家の辺りは桜がアチコチで満開で今が見頃。

でも今年はなんだか肌寒い日が多く、天気が良くても風が冷たい日が多い。

今日も風が冷たく肌寒い日だった。

夕方になり雲が真っ黒になりだし、一雨来るのかな?と思ってたら降ってきたのはアラレだった。

桜が咲いてからアラレが降った記憶は私にはない。

咲き始めの桜の花びらも流石にアラレの直撃には耐えれずにかなり落ちたようだ。

家に向かって車を走らせると道路は乾燥してる。

どうやら家の会社付近が一番酷かったみたいです(汗)



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

有名だけどついで

2017年04月26日 18時19分51秒 | Weblog
最後に立ち寄った角館。

刺巻湿原に行くのは良いのだけれど角館で渋滞に巻き込まれないか少々心配してた。

まだ桧木内川の堤防のソメイヨシノが蕾と言う事もあって渋滞は起こらずにスムーズに通過。

と言う事で角館の武家屋敷がメインとなる。

流石に道路の渋滞はないが駐車場は混雑してる。

でもまぁスムーズに駐車して武家屋敷へ。

相変わらず人が多い観光地だ。

桜と武家屋敷のコラボが良いんだろうね?

垂れ桜がほぼ満開で咲き誇ってる場所があったのでパシャリ。





桜の廻りは人の方が多いかも?(^^;

一通り廻して帰ることに。

堤防のソメイヨシノは今週末が満開になるだろう。

渋滞必死なので行きません、私は。

今回は行く場所聞く場所で写真を撮ってくださいと頼まれる事が多かった。

過去最高でした。

一眼を肩に下げて暇そうな顔してるからだろね?
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

刺巻湿原から

2017年04月25日 18時26分42秒 | Weblog
次なる目的地、カタクリ群生の郷。

田沢湖を中心にして刺巻湿原の反対側に位置する。

当然たつこ像にも立ち寄る。

奥には田沢湖国際スキー場がまだ雪を残して見える。

昔はよくスキーを滑りに行ったものだ。

写真を撮って直ぐにカタクリ群生地に向かう(汗)



カタクリ群生地は初めて立ち寄るので若干期待。

車で見て廻れますと入場料を支払う時に説明を受けた。

えっ?車で見て廻るのか?歩くんじゃないのか?と思いながら山の中へ。

しばらく走ってると舗装されてない駐車場があった。

車から降りて辺りを見廻す、少し離れた場所に紫色が見える、あそこだ。


おぉ、良いね良いね桜より綺麗だ。

初めてみるので新鮮だ。

ここも遊歩道を一周して移動する。

車に乗り込み帰りながら見てるとあちこちこれから咲きそうな丘が点在してる。

車を止めるスペースが無いので移動しながら見ないといけなくなる。

この事か?車で見て廻れるという意味は。

さて、最後はついでだから角館の武家屋敷に立ち寄るか。

(続)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

水芭蕉とカタクリ

2017年04月24日 19時28分59秒 | Weblog
水芭蕉の群生地、刺巻湿原に出向いた。

途中、多分全国的に有名な武家屋敷のある角館を通り過ぎ湿原へまっしぐら。

と言うのも角館の桜、桧木内川堤のソメイヨシノはまだ蕾だし桜は何処にでもあるから良いのだ。

湿原に到着すると結構な人出で駐車に少し時間を取られるしまつ。

しかも湿原の遊歩道を歩きだすと天気予報には無かった雨がポツリポツリ

雨が強くならないように願いながら少し歩くとレトリバーと出会う。

飼い主さんと少々会話して、ん~~~、家もワンコ居たら歩かせて見たかったな、いやまてよ遊歩道から飛び跳ねるかも?とか思いながら見送った。





結構な広さでそこそこ見て回れる刺巻湿原。

売店でミソきりたんぽを食べて次なる場所へ。

(続)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

毎年恒例の時期

2017年03月19日 17時41分31秒 | Weblog
ここ数日昼夜問わず白鳥の鳴き声が沢山聞こえる。

家の廻りにも沢山の白鳥が羽を休めてる?食事してるのか?両方ですね多分。

車でそろりと近づくと一斉に遠くの方へ歩き出す。

何時ぞやの白鳥は人から食べ物を貰うのが慣れてるらしく近寄ってきたのも居たけれど。

殆どは警戒心バリバリです。

今年は初冬は雪が積もらなかったけれどトータルでは結構の積雪量になった。

何時もより雪が残ってる状態です。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

昨日の予定してたけど

2017年02月11日 22時40分16秒 | Weblog
今日にしました。

なまはげ柴灯まつり。

秋田県人ながら今の今まで行った事なし(えっへん<(`^´)>)。

会社帰りの昨日の夜に向かおうと思ってましたが到着時間と行事の時間を照らし合わせると一番の山場がなんだか微妙な感じ。

なので一日ずらしました。

冬に男鹿にはあまり向かわないのだけど、とくに冬の夜には。

家の辺りはまぁ普通の雪道でしたが男鹿市に入ると車線の真ん中に雪で中央分離帯が出来てる(汗)

車線変更できませ~ん!吾輩の車の車高では厳しぃ。


恐る恐る現地まで何とか運転なんとか到着しました

駐車場の係りの人に今日は除雪してないの?と尋ねると日中に2回したけどこのありさまだとか(汗)

寒いと嫌なので何時もより一枚多く着こみシャトルバスに乗り込み男鹿真山神社に向かいます。

流石に有名な祭り凄い人、冬なのに・夜なのに・・・。

まずはなまはげの太鼓が始まった。



初めて太鼓の演奏を聴いたけど中々の迫力。

そして山からなまはげが下山してきて神社の広場を練り歩く。





なまはげの体から落ちたワラを拾うとご利益があるとか。

何とかそれらしきワラを一つゲット。


頭に巻くと頭が良くなり体に巻くと健康になり、財布に入れると金持ちになるとか。

さて何処にしようか・・・へっへっへっへ。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

融けたり積もったり

2017年02月07日 21時25分13秒 | Weblog
最近の天気は良く分からん。

先日は雨まで降って溶けてグチャグチャになった。

かと思えば先も見えない程吹雪いてみたり。

今日も午後から中々の荒れ模様だった。

街の除雪車はどうなったのか?今日は朝から除雪した形跡は無し。

除雪費用が無くなったか?そんな筈は無い筈だ、何回も出動してないと思うし。

もう直ぐ春が来そうではあるけどまだまだ油断はできません。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加