aquamarine lab

アートネタなど日々のあれこれ

美と知の迷宮

2017-02-23 00:38:43 | 映画
シネスイッチ銀座で「レオナルド・ダ・ヴィンチ 美と知の迷宮」を見てきました。

レオナルド・ダ・ヴィンチの生涯と作品を追ったドキュメンタリーです。インタビューや再現ドラマを織り交ぜたこの構成は何かに似ている・・・と思ったら、そう「美の巨人たち」です。そういえば、予告編に「美の巨人たち」の宣伝もありました。何か関係があるのかなぁ・・・。

いろんな意味で「美の巨人たち」拡大版みたいな映画でしたが、レオナルドの生涯をおさらいするよい機会となりました。なかなかお目にかかれない作品たちも、どアップで見ることができましたし。レオナルドの天才ぶりというか、興味の範囲がおそろしく多岐にわたっていたことをあらためて思い知らされました。とはいえ、レオナルドの飛行機は飛ばないらしいですが(笑)。彼を取り巻く人間模様もまた多彩です。中でも面白かったのが、サライをめぐるエピソード。よほど愛されていたのでしょうね・・・。

紹介されていた作品もまた豪華。「ラ・ベル・フェロニエール」「白貂を抱く貴婦人」「洗礼者ヨハネ」「音楽家の肖像」「モナ・リザ」「受胎告知」「最後の晩餐」などなど。作品をめぐるエピソードも詳しく紹介されています。やはり「最後の晩餐」のシーンが圧巻でした。何度も修復を繰り返し、ようやく今の姿に。本当に人類の宝のような作品です・・・。

いまだになお謎多き人物であるレオナルドですが、この映画を見て、かなり人間臭い(?)人でもあったこと、そして「自然」を大切にしていたことはよくわかりました。そして、今もなお、レオナルドを知ろうとすることは、美と知の迷宮に足を踏み入れようとすることかと・・・。それにしてもレオナルドの真筆の作品って驚くほど少なかったのですね。それらを迫力大画面(←古い?)で見られるというのは、なかなか得難い体験ではありました。

そんなわけで、すっかりゴージャスな気分になってしまい・・・ちょっとばかし贅沢しちゃえ〜、ということで、近くの「和光ティーサロン」でお茶していくことに。少々お高めのお値段ではありますが、それだけのことはありました。ケーキセットを頼んだのですが、ロイヤルミルクティーはポットでたっぷり出てくるし、モンブランはキャラメルのかかったスポンジとこってりした栗のペーストの組み合わせがめっちゃおいしくて、従来のモンブラン観(?)が変わるようでした。おいしゅうございました・・・。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 銀座ツアー・ふたたび | トップ | 君の名は。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。