aquamarine lab

アートネタなど日々のあれこれ

The Beatles ~Eight days a week~

2016-10-30 01:02:07 | 映画
ル・シネマで「ザ・ビートルズ Eight days aweek」を見てきました。(この映画館での上映は既に終了しています。)

ビートルズのリバプール時代から63年に始まったツアーの様子、そして彼らが最後に観客の前で演奏した66年の公演まで、バンドの全盛期を描いたドキュメンタリー。ビートルズといえば私からすれば親の世代で、半ば伝説みたいな存在ですが、彼らが生きて動くさまをみて、生身の人間だったんだなあ・・・という感慨に耽ってしまいました。

リバプールでの下積み時代から、世界を舞台に活躍するミュージシャンとなったものの、ツアーに疲弊して、レコーディングミュージシャンになっていくまでの過程が描かれています。あらためて思ったのは、今さらながら、やっぱり曲がよかったんだなあ・・・というか、本当に捨て曲がない感じ。あと、けっこうブルーノートを多用してたのね、とか(笑)。ライヴ映像も収録されてましたが、とにかく黄色い声が凄くて・・・(笑)。まるで見せ物みたい、と、ツアーに嫌気がさしていったというのも、何だかわかるような気もします。ツアーをやめてレコーディングに専念するようになった彼らが、レコーディングにハマっていく姿も興味深かったです。けっこうなオタクぶりも発揮されていました。そりゃ、ミュージシャンですもんね・・・そういえばジョンも「音楽だけが大事」と言ってました・・・。

その後、ジョンの舌禍事件やら、メンバー間の不協和音などで、活動は終息へと向かうのですが・・・。解散近くに、彼らがアビーロードスタジオの屋上で行ったゲリラライブも収録されていましたが、見ていてなんだかうるうるきてしまいました。音楽好きのやんちゃな青年たちが、時代の寵児となり、いつしか音楽好きの大人となってシンプルに音楽を楽しんでいる、そのさまが感動的でした。

映画の最後に、スタジオでのコンサートが収録されています。やはり黄色い声がいっぱい(笑)。けっこうビートルズのコンサートってあっという間に終わっちゃってたんですね。やっぱり、一度は生で聴いてみたかったな・・・。なんも聴こえなかったかもしれないけれど(笑)。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝顔 | トップ | 鳥取ツアー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。