aquamarine lab

アートネタなど日々のあれこれ

鳥取ツアー

2016-11-07 23:05:09 | 
ひょんなことから、家族で鳥取に旅行することになりました。不肖わたくし、鳥取に足を踏み入れるのは初めてです・・・。

着いた日は既に夜だったのですが、ホテルに荷物を置いてすぐ、駅近くの「たくみ割烹」へ。名物「牛すすぎ鍋」(しゃぶしゃぶ)を食べましたが、さすがの美味。子どもは、これまた名物ハヤシライスを頼みましたが、こちらも絶品。その他、お刺身や、鳥取の郷土料理など、何食べてもおいしかったです。すっかり満腹・・・。

翌日は、「たくみ割烹」の隣にある「鳥取美術工芸館」に行ってきました。一日ぼーっとしていたくなるような、心地のよい空間。1階は牛ノ戸焼きなど地元の、2階は朝鮮や沖縄などの工芸品の展示でした。牛ノ戸焼きをまとめてみるのは初めてでしたが、独特の緑と黒のコントラストが印象的でした。

それから、市内で開催されていた鳥取JAZZを聴きに行きました。菊池ひみこさんのトリオを聴いたのですが、さすがに大ベテラン、素晴らしかったです。強風の吹く野外、生ピではなくエレピというコンディションでしたが、それをモノともしない演奏でした。やっぱり音楽はソウルです・・・。

演奏を聴いた後は、カフェ「木の香り」でおやつを。私は名物(?)カレーパフェ、子どもはカレー、だんなは珈琲を頼みましたが、どれもおいしかったです。カレーパフェにはフルーツのほか、カレー風味のアイス、ジンジャー味のスポンジが入っていて面白いお味でした。夜は「村上水産 鮮魚部」で刺身&寿司。こちらもおいしゅうございました。その後、「元湯温泉」でひとっ風呂浴びてきました。

翌日は、ついに鳥取砂丘へ。当たり前ですが、見渡す限りの砂っぱらです。折角なので、まずは、ら・く・だ。らくだに乗るのは生まれて初めてですが、どうにも快適な乗り心地とはいえず、こんなのに乗って何百キロとか旅していた先人達って、たいしたもんだな〜、としみじみ思いを馳せてしまいました。一緒に乗っていた娘は号泣。その後、砂丘を歩いたのですが、息子が突然、鬼ごっこしよう、と言い出し、なぜか砂丘を駆けずり回るハメに。そんなこんなしながら、ようやく辿り着いた馬ノ背から眺める日本海は格別でした。

砂丘の後は、砂の美術館へ。途中、「さんこうえん」で梨ジェラートを食べました。さっぱりしていておいしかったです。砂の美術館は、観光客向けの美術館かな〜、と思っていたのですが、想像以上にダイナミックで、素直に感動。それから、子どもの希望で「鳥取砂丘 こどもの国」でひと遊びし、帰京しました。

おみやげもいろいろ買いました。「砂の丘」(クッキー)や「打吹公園団子」、とかおいしかったです。帰る途中、姫路駅で買った醤油ロールもおいしかったな・・・。

そんなわけで、初めての鳥取、堪能してまいりました。米子の方にも行ってみたかったのですが、それはまたの機会かな。でも、これでとりあえず、日本本州は全県制覇しました。次は日本全県制覇をめざしたいものです・・・。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« The Beatles ~Eight days a w... | トップ | 上野の晩秋 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。