次郎丸かなみの有味湿潤な日常生活

医療系オタク大人女子の日常生活やエッセイ、小説、楽描きイラストなど

本日通院日 2016.10.15

2016-10-15 12:17:58 | 日記


今日は通院日。
午前9時半の電車に乗り、10時過ぎにクリニックの受付をして、会計が済んだのが12時。
次回診察は3週間後のため、キャリーカートを持って来た。
というか、いつもエコバッグでも良いけど重くてかさばるから、とカートを持って来たら、偶然前の患者が3週間分薬が出てると受付で言われて慌ててカレンダーをみて気づいたのだが。
いつもならクリニックと鍼灸院と薬局で15000円もあれば足りるからと20000円持って来たものの、薬が増えたしちょっと不安。まあ、増えた薬は保険外の方ではないから大丈夫とは思うが、帰りにATM寄らないといけないかも知れない。
症状を申告したら、左手中指の第1関節の裏表を押されて痛かったところに医者が赤のサインペンで線を引き、助手に「瀉血お願いします」と指示。
血糖測定器みたいな針のついた器具で赤線を刺して血を絞り出す。
アルコール綿で圧迫止血すると何ということはなく、出血もないし痛みもない。
鍼灸院で両下肢の瀉血するのに比べたら全然何ともない。

そして若い鍼灸院の院長先生の施術。
「いつもより多めに抜いときました~。

なかなか治療経過がはかばかしくないということで、今日は両下肢だけでなく、頚と肩の間くらいも瀉血。
毒素を抜くツボなんだそう。
血流が悪いのと冷えとが諸悪の根源だそうな。
朝晩冷えて来たし、果物とかで内から冷やすのもダメと言われた。

クリニックからfaxを送ってもらったから薬局に行けばすぐ薬ができてるのかと思いきや、まだできてなくて、更に待つ。
気になる負担金額だけ先に確認したら、16000円ほどで何とか現金で払えそうだ。
処方箋を出してから30分以上待って、呼ばれたと思ったら機械の故障で4日分しか出来なかったという。後は送ると言うので送り状を書いて支払いして薬局を出たらもう午後3時。まさに一日がかり。昼ごはんも食べないまま帰ったら午後4時前にはなるだろう。
帰ってからしたい用事も多々あったのだが、今はもうそんな気力は欠片ほども残っていない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月14日(金)のつぶやき | トップ | 10月15日(土)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL