スピリチュアルな体験談

自分で体験した事を書いていきます。不思議な出来事など。
軽口だけれど自然に対しては敬虔な気持ちでいます。

H君とハードロックと魔術と

2017年08月13日 | インチョの酒
H君は 私と出会った時、

「俺は○○歳で死ぬと思う。なぜならば。。。」と

最初は 濁した言い方をしていましたが そのうちぽつぽつと話してくれました。

恐らくすべては言っていないと思います。それは私を関わらせないようにするようにだと思っています。


H君は歯科医になる前にはギタリストをしていて 上田知華さんという方のバックで弾いていたそうです。
私が大学時代にいたポップス部の先輩として打ち上げで出会って意気投合。
ポップス部とはいえ、結構ハードロックやR&B等をしていたので 斜めな感じでした。

サーベルタイガーという X japan のヒデさんが居たバンド仲間だったR先生もいらっしゃって(歯科医)
R先生の結婚式では 死の直前のヒデさんが一緒に演奏してくれました。

R先生の先輩だったH君のギターの腕前は凄くて、ポールギルバートが来日するとホテルへ行って
一緒に演奏していたそうです。
H君はのめりこみやすい人だったので崇拝するリッチーブラックモアにそっくりになっていきました。

ハードロックやデスメタル等に傾倒しすぎると 魔術系に足を踏み込んでしまうらしく

雰囲気を作り出すために、、若かりし頃 色々としてしまったようです。

それ以上は 書けないのですが あまり魔術へ、、、足を踏み込むのは本気でやめた方が良いです。


そこで 「俺は○○歳で死ぬ」という話になるのですが、

私と出会ったのが丁度 その期限の1年前。

事情を聞いて、、「そんなこと私がさせない!」と 当時の自分でできる限りのことをしました。

その年齢になったときには 盛大にお祝いをしました。「生きててよかった!記念」です。

その後 恋人という関係は解消しましたが 友人としてはずっと繋がっていました。


「死ぬ時には絶対に教えるから」

亡くなったのは 予定の日からちょうど10年後でした。。。。あっという間。。

考えたくないですが、

あまり長生きしないだろう。。。という感覚は やはり。。。。。。。



本当に ここを覗く人は 魔術やスピリチュアルに興味を持っている人だと思われますが

絶対に 力以上の事は 覗かない。手を出さない。関わらない・ 


最後に  ”気にしない。”  です。




















ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« H君の想い出とお義母さん | トップ | 成仏するとはと 教えてもら... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

インチョの酒」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL