【詳細】他の写真はこちら

今、モノを買おうと考えた時、有力な選択肢の1つとして絶対に外せないのが世界ナンバーワンの通販サービスAmazon。ただ便利で安いだけでなく、ユーザーの“本音”がつまったユーザーレビューなど、ベストバイへと導く仕掛けも充実している。それらの中でもとびっきりの買い得製品を本誌ライター陣が厳選セレクト! 今回は日々の暮らしをより良いものへとアップデートしてくれる調理・健康家電に注目。ここでは1万円前後で買える手の届きやすい製品をピックアップした。

タイムセールなどでお買い得な家電が見つかる



少し前までは調理家電を購入する場合は、大手量販店に赴き、実際に商品を触りながら、比較して購入すると言うことが当たり前だった。しかし、今や真っ先に購入先の候補にあがるのがAmazon.co.jpだ。

特に週末のタイムセールなどでは、驚くような特売品が出ることがあり、それらをピンポイントで購入できればかなりおトクだと言える。ネットで多くの情報が出ている製品なら、実際に触らなくても安心して購入できるだろう。今回はそれらの中から1万円前後で購入できる、お買い得な製品を選定。さらにその中でも特に性能に優れた、魅力的なモデルをピックアップした。もちろん価格は変動するので購入時にはしっかりと確認してほしいが、ここで挙げたものは各ジャンルの「トップオブお買い得製品」だと思っていただいて間違いはないはずだ。

なお、Amazon.co.jpでは、冷蔵庫などの大型家電も取り扱っているが、これらはビックカメラなどの量販店がアマゾンの窓口で販売しているだけというケースが多い。設置や旧製品の引き取りなどの相談はできるが、ポイントが付かなくなるため、量販店で購入する場合と条件を比較して選ぶようにしよう。

BEST 1

しんなりしてしまったせんべいやポテチもカリッと復活



パナソニック

JNB-DT51

Amazon販売価格:1万7338円

【SPEC】トリプルヒーター(1300W)、120℃~260℃

ボタンひとつでトーストから、揚げ物総菜の油抜きなど、さまざまな機能が使える多機能トースター。トリプルヒーターを搭載し、しっかりと加熱できるの魅力。また、湿気てしまった食材やお菓子などをカリッとさせる機能も搭載している。

ここが推しの理由



▲ボタンを押すだけで各機能が利用でき、量が多い場合や、焦がしたい場合に追加で火かげんボタンを押すだけと簡単。

BEST 2

自在に温度設定ができる電気ケトルの第二世代!



ティファール

KO6201JP

Amazon販売価格:9784円

【SPEC】0.8ℓ

電気ケトル人気の火付け役ティファールから登場した温度コントロール&保温機能搭載「アプレシア」シリーズ製品。緑茶を入れるときなどに60℃に設定すると、その温度で加熱が止まる仕組み。7段階の温度設定と60分の保温機能が使える。

ここが推しの理由



▲スタンド部にモノクロ液晶モニタとコントロールボタンを搭載。温度設定やや保温の有無、再沸騰を簡単操作で行なえます。

BEST 3

風呂剃りだってできちゃう人気の多機能シェ-バー



パナソニック

ラムダッシュ ES-ST8N

Amazon販売価格:1万2500円

【SPEC】3枚刃、防水

ヘッドに3枚刃を採用するシェーバー。防水機能を備えており、浴室シェイビングに対応。また、ヘッドの振動を利用して、洗顔料からきめ細かな泡をつくる泡メイキングモードを搭載。その泡で風呂剃りができる。

ここが推しの理由



▲自慢の3枚刃ヘッドは、左右に30度ずつ可動するので、肌にしっかりとフィットさせながら、シェービングすることができます。

BEST 4

ポータブルケースなどをカットしてより低価格にした買い得品



ブラウン

ブラウン オーラルB 7000 Lite D365156

Amazon販売価格:7980円

【SPEC】スマホ連動

スマホアプリと連携して、歯みがきの状態をチェックできるスマート電動歯ブラシ。通常モデルに付属する替えブラシやケースなどをカットすることで約5000円ほど低価格化したアマゾン限定モデルだ。

BEST 5

低価格だが豪熱IHで旨みを引き出して炊ける



象印

極め炊き NP-VQ10

Amazon販売価格:1万5800円

【SPEC】3枚刃、防水IH炊飯器、5.5合炊き

IHによる加熱方式に対応した低価格な炊飯器。マイコン式とは異なり、釜自体が発熱して、ごはんにしっかりと熱を加える豪熱IHで、旨みをしっかりと引き出してくれる。パンを焼く機能を搭載するのが面白い。

文/コヤマタカヒロ

※『デジモノステーション』2017年5月号より抜粋

※掲載しているAmazon販売価格は2017年5月1日時点のものです。

また、記事の内容についてアマゾンジャパン合同会社は一切の責任を負いません。