佐藤優氏(左)と片山杜秀氏 

写真拡大 (全3枚)

 作家の佐藤優氏と思想史研究家の片山杜秀氏が「平成史」を語り合うシリーズ。今回は、2003年(平成15年)~2007年(平成19年)の出来事を振り返る。2人は、「中間団体の消滅」を論じた。

佐藤:2005年で注目したいのが、4月に起きた福知山線の脱線事故です。私はこの事故は労働組合の問題だと考えているんです。JR東日本では、公安警察によると革マル派が浸透しているとされるJR東労組が労働者を守っているからムリな仕事をさせないし、過密ダイヤも組ませない。だから事故が起きない。

片山:実際、3・11ではJR東日本の乗員、乗客に死者は1人もいなかった。

佐藤:地震直後、運転士や車掌は電車を放棄して乗客と高台に避難しました。会社のマニュアルにとらわれず、自分と乗客の安全を優先して行動したそうです。

 しかし事故を起こしたJR西日本は、JR東日本に比べて労働組合が弱い。脱線事故は会社が定めた過密ダイヤに合わせようと、運転士がスピードを出しすぎてカーブを曲がり切れなかったのが原因です。

片山:労働組合は、国家と個人の間に位置し、個々を束ねる中間団体です。福知山線の脱線は、中間団体の機能が弱まった結果、使用者側の利益追求の姿勢に歯止めがかからなくなって起きた事故と言えるかもしれません。

 事故の4か月後の郵政解散もまさに中間団体の破壊だった。小泉首相は「郵政民営化に賛成する候補者しか公認しない」と抵抗勢力と呼ぶ敵を作り、熱狂を生んだ。有権者はイデオロギーに関係なく、麻薬にやられたように投票しました【※注1】。

【※注1/2005年9月11日に行われた郵政民営化法案の是非を問う衆議院総選挙。反対派に「刺客候補」を立てた自民党が圧勝した】

佐藤:あれは反知性主義の選挙でもあった。郵便局は1円も税金を使っていない組織でした。郵便事業は赤字でしたが、簡保と郵貯でまかなっていたんです。職員の給与も税金から支払われていたわけではなかった。小泉さんは国家に実害がない郵便局を官営から民営にすることで、小さな政府を実現させるんだと国民に思い込ませた。まったく関係のない問題を結びつけて、選挙に勝ってしまった。

片山:最大の問題は、小泉首相が確立した劇場型政治がいまも続き、社会そのものが破壊されたことです。かつて日本の社会は、よくも悪くも地域組織や労働組合や職能団体などの中間団体に支えられていた。しかしいまは宗教団体を除いては中間団体が弱体化し、一人一人の人間がバラバラにアトム化してしまった。その結果、連帯が弱まり、社会に不安が広がっている。

佐藤:ヨーロッパの中堅国ならいつ崩壊してもおかしくない状態ですからね。でも逆説的に言えば、日本の底力が証明されている。

片山:確かに。この状態で社会秩序を維持しているし、GDPも世界3位。この国はすごい(苦笑)。

佐藤:この時期、小泉政権が推進した新自由主義の影響で、非正規雇用が増加して社会問題になりました。一方では「格差の何が悪い」と言い切るライブドアの堀江貴文さんに代表される富裕層も現れた。彼は郵政選挙にも出馬しましたが、2006年1月に証券取引法違反で逮捕されてしまった【※注2】。

【※注2/堀江氏らの逮捕後、上場廃止。社名変更や子会社化を経て、ライブドア社は消滅。ポータルサイトはLINE社に引き継がれた】

片山:堀江さんというと大阪近鉄バファローズ買収騒動の印象が強いですね。私は三原脩監督時代からの近鉄ファンでして。生きているうちに一度でいいから日本シリーズで勝つのを楽しみにしていたのですが、その前に消滅してしまい、ただ呆然とするのみで。佐藤さんは堀江さんをどう見ておられますか?

佐藤:とても優れた人ですが、彼はミスを犯した。それは国家が絶対に許さない通貨発行権に触れたこと。彼はライブドア株をどんどん分割した。それを続ければ、ライブドア株はやがて貨幣の代わりとして使えるようになる。しかも株式と商品の交換は物々交換だから消費税がかからない。偽金作りをしているようなものだった。

片山:冷戦以後、アメリカは金融資本主義を推し進めてきました。資本主義の最終段階と言われる金融資本主義という分野に日本でチャレンジしたのが、堀江さんのようなベンチャー経営者や村上ファンドの村上世彰さん【※注3】ら投資家だった。しかし国内で彼らは総会屋のようなネガティブな存在として見られた。

【※注3/通産省を経て、村上ファンド設立。ニッポン放送株を巡り、証券取引法違反容疑で逮捕。一審で実刑を言い渡されるが、二審で懲役2年執行猶予3年の判決を受けた。近著に『生涯投資家』】

佐藤:総会屋は彼らの登場でいなくなってしまいましたからね。「物言う株主」という言葉が流行したようにみんなが総会屋的になってしまったからです。堀江さんのもう一つの失敗は日本で権力を握るおじいちゃんたちへの挨拶が足りなかったこと。長幼の序を重んじる日本では挨拶がとても重要なのに、そこが分かっていなかった。

片山:昔の東映ヤクザ映画みたいな話ですね。新興ヤクザや愚連隊は挨拶が足りないとすぐ潰される(笑)。通貨発行権と挨拶不足で、堀江さんたちは表舞台から退場させられてしまった。彼らが逮捕された結果、金融資本主義という新時代の経験が不十分なまま、日本は次の時代に向かわざるをえなくなった。

佐藤:2人には決定的な違いがありました。村上氏は一審でインサイダー取引で実刑を言い渡されたあと、NPOへの協力やボランティア活動にいそしんで国家の温情にすがった。結果、二審で執行猶予がついた。

片山:国家権力の恐ろしさを知っていたんですね。

佐藤:村上氏はもともと通産省の役人でしたからね。一方の堀江さんはモヒカンで出頭して国家権力を挑発した。だから彼は、特に厳しいと言われる須坂(長野刑務所)に収監された。須坂には現役のヤクザもいる。夏は気温36.7度で、冬はマイナス。もちろん冷暖房はなし。彼の公判態度を見て国家の裁量で重い懲罰を加えたわけです。

●かたやま・もりひで/1963年生まれ。慶應大学法学部教授。思想史研究家。慶應大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学。『未完のファシズム』で司馬遼太郎賞受賞。近著に『近代天皇論』(島薗進氏との共著)。

●さとう・まさる/1960年生まれ。1985年、同志社大学大学院神学研究科修了後、外務省入省。主な著書に『国家の罠』『自壊する帝国』など。共著に『新・リーダー論』『あぶない一神教』など。本誌連載5年分の論考をまとめた『世界観』(小学館新書)が発売中。

※SAPIO 2017年11・12月号