周りの反応を楽しむ余裕ができた(写真:アフロ) 

写真拡大

 40代で結婚した女性たちの実情リポートする【晩婚考現学】シリーズ。第3回は、「年収1000万以上」の相手を目標に掲げて婚活をし、42歳で結婚した由美子の場合。晩婚化、非婚化が進むいま、40代男性の未婚率は約3割となり、女性も2割に迫ろうとしている(平成27年国勢調査速報値より)。一方で、結婚願望を抱き続ける人もいる。結婚相談所や婚活サイトの利用者は3年連続で増加しており(「婚活実態調査2016」)、「結婚」したい男女の奮闘は続いている。そんな中、40代で結婚を果たした女性たちは幸運なのか、必然なのか。結婚で得たもの、失ったものとは。

* * *
■自立して生きる女に憧れていた

 結婚前、私は「貧困女子」だったと思います。一時、派遣の仕事がなかなか見つからない上に、子宮内膜症が悪化して通院が続き、貯金はゼロになりました。食事は1日1食、500円以内に抑えていましたね。その後、派遣の仕事は見つかったのですが、手取り月21万円。4万5000円のシェアハウスに住んでいたから、生活はできていましたが、いつ仕事がなくなるかわからないし、いつ病気が悪化するかわからない。この先、結婚できなければ生きていけないと思い詰めていました。

 若い頃は、あまり結婚願望はなかったんです。親との折り合いが悪く、地元で大学を卒業した後、東京に出て来ました。成績優秀で通っていましたから、「由美子なら東京に行ってもやっていけるよ!」「故郷に錦を飾ってね!」って、同級生に送り出された日のことをよく覚えています。私は東京で自立して生きる女に憧れていたんです。

 でも、いわゆる就職氷河期世代で正社員にはなれず、ずっと派遣で働いてきました。それでも30代半ばまではコンスタントに仕事はあったし、正社員になるために資格をとったり自分磨きもしたし、それなりに贅沢をしていたと思います。家賃10万のマンションに住んでた時代もありました。その頃、派遣先のサラリーマンと普通に結婚できていたら……。

 32歳から4年間、付き合っていた人はいたんです。だけど36歳のとき、フラれました。二股をかけられていたみたいで、29歳の彼女が妊娠したんだと。私はうまくいってると思ってたし、結婚する気もあったので、ショックでたまらなかった。自分でもびっくりするくらい取り乱してしまって、29歳の女のマンションに押しかけて「殺してやる!」って怒鳴って……。深夜だったんです。近所の人が部屋から来て騒然として、悪いのは彼のほうなのに、なんだか私がオカシイ人みたいになってしまった。

 どうしてあんなことになってしまったのか……。彼にしてみてれば、ちょっとした出来心だったのかもしれません。それから体調が悪くなり、仕事も休みがちに。派遣だから休職もできず、仕事を転々とするようになりました。完全に自信を失っていました。

■お金にこだわったのは、お金に苦しめられてきたから

 真面目にがんばっていれば報われる、って育ってきたんですよ。なのに、お金もないし、仕事も安定しないし、体調も悪い。親も高齢で、こんな私に仕送りを求めるようになり、ますます実家には寄り付かなくなりました。

 今になってみれば、結局、やみくもにがんばっても意味がなかったんだとわかります。キャリアを積み上げていく計画性も足りなかったし。派遣先の役員の愛人になって、社員になった友人がいるんですよ。「世の中戦略的に生きなくちゃ」とよく言っていました。私にはそういう要領の良さもなかったんでしょうね。もちろん、彼女は美人でした。

 39歳のとき、すがるように婚活サイトに登録しました。ネットはサクラも多いと聞いていましたが、結婚相談所に入るお金はないから。その時に決めたんです、条件は「年収1000万円以上」だけにすると。極端かもしれないけど、お金にこだわったのは、お金に苦しめられてきたからです。人はお金じゃないっていう人って、余裕があるんだと思います。それに1000万円以上稼いでるってことは、「運」も含めて、「持ってる」証拠だと思ったんです。生まれた家も貧しく、綺麗でもなく、要領も良くない私は、そういう人に憧れました。

 が、現実は甘くなくて。年収1000万の人からアプローチされるなんてことは一度もなかった。私からメールをしても返事はない。当然といえば当然なのですが……。

 ちょうどその頃、新たに見つかった派遣の仕事が、それなりに充実していたんです。IT系のベンチャー企業で、若い社員が多いから、中年の私が役に立つことも多かった。同世代の社長ともウマが合ったんだと思います。元来、仕事は嫌いではないので、雑用でもなんでもできることはやりました。薄給だけど、それでも、心の充実が気力を少しずつ蘇らせてくれたように思います。

 社内の飲み会で、私が婚活中だと言うと、「どういう人がいいの?」って聞かれたんです。「年収1000万以上」と即答すると、ほどんどの人にドン引きされましたが、ある男の子が「金だけでいいなら、いるよ、うちの兄」って。「由美子さんと合うかもしれない」って。

■寝室は別、契約結婚のようなもの

 お兄さんは、就職したものの人間関係が上手くいかずにすぐに辞め、その後、いわゆる引きこもり状態だったそうです。フリーのプログラマーで、株もやっていて、年収1000万円以上の収入を得ているということでした。フリーだから安定はしていない、でも、それだけ儲ける能力があるのはスゴイ、と思いました。私、本当に、必死でしたから。

 とはいえ、そもそも、その人が結婚を望んでいるのだろうか? って思いますよね。生身の女を、それも40を過ぎたオバサンをって……。

 弟クンが協力してくれて、一度、お兄さんと会うことになりました。第一印象は、絵にかいたような「オタク」。明らかに運動不足な体型。ただ、プログラムの話や株の話を振るとけっこう喋る。私にはちんぷんかんぷんだったけど、仕事が好きなんだなということは伝わってきました。

 私には失うものがないと思っていましたから、素直に話したんです。41歳で派遣をしていて、将来が不安なこと。これまで、なかなかうまくいかなかったこと。働く気はあるけど、いつ首を切られるかもわからないこと。家事全般はするし贅沢するつもりはない、ただ、何か生活の基盤がないと不安で仕方がないんだということ……。

 喋っているうちに、自分が哀れで、可愛そうになって、涙があふれてきました。たぶん、彼――今の主人ですが――のことを何とも思ってなかったから、泣けたんだと思います。彼はずっと無表情で、慰めてくれたり、気の利いたひと言を発するなんてことはありませんでしたが、私の涙が落ち着いたころ、「今度、手料理を作ってくれませんか」と言いました。

 全くトキメキはなかったから、結婚してほんとにいいのかな、という迷いがなかったわけではありません。でもそれ以上に、一人で生きていくことのしんどさを感じていました。私に頼れる親がいたり、自分の体力に自信があれば、派遣でも貯金がなくても、また別の選択をしたかもしれない。でもあの時の私には食べさせてくれる人が必要でした。

 今、ドラマ(『逃げるは恥だが役に立つ』)で話題の、契約結婚みたいなものかもしれませんね。寝室は今も別です。ガッキー(新垣結衣)と星野源のような美男美女じゃないから、この先、私たちに愛が生まれるのかるどうかはわかりませんが(笑)、「愛」ではなく「必要」で結びつく夫婦がいてもいいのかな、と思っています。見栄や世間体で結婚する人よりは切実なぶん、マシなのではないかとも。主人が本当のところ、私をどう思ってるかはわかりません。でも主人のご両親は喜んでくれていますし、主人の健康のためにもいまは料理を頑張っています。

 同世代でまだ独身の友人に主人の写真を見せると、露骨に「え、妥協したんだ」「私にはできないー」と言われたりもします。一方で、住んでいる場所やマンションの話をすると、「すごくラッキーだね」とか「一発逆転だね!」と羨ましがられるんですよ。そんな周りの反応を楽しむ余裕がいま、自分にあることが、嬉しいです。