『セシルのもくろみ』公式サイトより 

写真拡大

 新たな火種になるのか。女優の真木よう子(34)がTwitterの公式アカウントを開設した。ファンのコメントに返信を連発する神対応で話題を呼ぶも、7月13日に放送された主演ドラマ『セシルのもくろみ』(フジテレビ系)の平均視聴率は5.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)であることが判明。視聴者の反応も鈍く、今後SNS上で炎上する可能性をはらんでいる。

 7月13日に放送がスタートした『セシルのもくろみ』に合わせるようにして、6月28日にTwitterを始めた真木。「Twitterとやら、始めました。初めまして。ワタクシ通り名真木よう子」と初ツイートを行なって以来、複数回の投稿を繰り返し、13日時点でフォロワーの数は12万9千以上に達した。

■ファンに土下座で主演ドラマPRも不評

 7月11日には、ベッドの上で土下座して真面目な顔で「観てください!」とドラマをストレートにPR。13日には、放送時間が迫るにつれてツイート数は増え、「リアルタイムで視聴して実況ツイート祭り、ココで致します!!!!今夜はお祭り!皆んな集まれ~~」と呼びかけた。

 肝心の放送はというと、平均視聴率5.1%をマークして、雷雲立ち込める結果に。視聴者から「改悪っぽい」「原作の主人公と全然違う。こんなガサツじゃない」「楽しみにしてたのに残念」「新人漫画家の初連載みたいなビミョーなつまらなさ」と批判だらけだった。

「残念ながら、最近のフジにありがちな、センスのない演出が目立ち、のっけから視聴者に原作改変を指摘されるなど感触がよろしくない。また、真木は手足ガリガリなのに体重制限が必要だと指摘されるなど、キャラ設定に矛盾が生じていて不自然。とにかくツッコミどころがいっぱい。視聴率は1ケタに沈み続けても何ら不思議はない」(報道関係者)