高齢者による犯罪や迷惑行為の増加が社会問題化しています。このような行為の裏には、「定年後のミッドライフクライシス」の存在がある、とするのは無料メルマガ『うまくいく人の目標達成術』の著者で心理カウンセラーでもある吉田こうじさん。いったいなぜ、現代の高齢者たちはそのような心の闇を抱えるようになってしまったのでしょうか。

高齢者が抱える心の闇(病み)

先日、「成熟していない老人の問題」というニュース記事を読みました。万引き、ストーカー、傷害、窃盗、近所迷惑を顧みない行為などなど…、高齢者の犯罪や迷惑行為が増加しているそうです。

僕が子供の頃であれば、老人は地域の子供達を見守り、時には説教されるような道徳心に溢れる存在だったのですが…、高齢社会の現代では、人生は「一つの山」を登って降りるのではなく、人生の中でいくつもの山を登り降りすることを考えておかないと、例えば定年退職した後の虚無感をどう扱っていいのかわからず、心が病んでしまうことがあります。

これまで身を粉にして働いて退職した途端に、これまでのように愚痴を言い合える仲間もいなけりゃ、ましてや手足のように働いてくれる部下もいなくなり…。自分の居場所が家庭には無いような気がする…。なんとなくこれまでやっていたゴルフにも興味がなくなり、体を動かすこと自体がしんどくなってきて…。

そんなある日、ふと、これまでの自分の人生を振り返り、「自分の人生、本当にこれで良かったのだろうか?」「こんなはずじゃなかったのでは?」こうしたことを考えます。そこから無限ループが始まったりします。

ミッドライフクライシス(中年の危機)を上手に乗り越えると、きっと「生きている」という実感を持ちながら生活できると思うのですが、ミッドライフクライシスを避けてみたり、あるいは他責にして強引に乗り越えたふりをしてしまうと、後になってからジワジワとつけがやってきます。

例えば、お金はあるのに万引きする時、自分では気づいていないのでしょうが、そこに「生きている」という実感を持ちたい心理があります。スリルを感じないと生きている実感が持てないのですね。

例えば、人の迷惑を顧みないで、大声で騒いでみたり、駅員に絡んでみたりする時、自分では気づいていないのでしょうが、「自分はここにいるんだ」という承認欲求への渇望の叫びがあります。

ニュース記事には「失うものが何も無い高齢者」だから、傍若無人な振る舞いをすると書かれていたように思いますが、僕は真逆だと思っています。「これ以上、何かを失うのが怖くて怖くてたまらないから」記事に出ていた行動をしているというのが僕の持論です。

 

ちなみに、あなたは仕事以外に熱中できるものってありますか? 職場を離れてもお付き合いしたいと思える友達はいますか?

趣味でも家族サービスでもなんでもいいのですが、そういう没頭できるものや、自分がそこに所属をすることで心休まる居場所がないと、どうしても不安にとらわれて心のバランスを崩しがちです。

「所属欲求」とは、一度、何かに所属したことがある人ならおわかりかと思いますが、物凄く強い欲求です。一度、所属していたところから飛び出すと、途端に不安に襲われてしまうのです。すると「もうどうにでもなれ!」という感じで自暴自棄になったり、「なんで思い通りにならないんだ!」と被害者意識を相手にぶつけたりします。

半世紀以上、人生を生きて来た知恵があるのにそうなっちゃうのって残念ですね~。何事も早め早めがオススメなのですが、自分の人生で大切にしていること、大切にしたいこと、信じたいことなどを明らかにして、その実現に向けてプランを立てておくことって、とても大切です。

これまで何を大切にしていて、これからは何を大切にしていきたいのか? これまで何をやってきて、これから何をやろうとしているのか? これまで何を信じてきて、これから何を信じていきたいのか?いわゆる「価値(バリュー)」とか「ビリーフ(信念)」とか「ミッション(使命)」と呼ばれるものですね。

これらが自分の中に腹落ちすると、途端に人生に張り合いが生まれ、無意識の被害者意識からも抜け出すことができます。

image by: Shutterstock

 

『うまくいく人の目標達成術』

自分自身のリーダーシップを高め、富と幸せを引き寄せ、それらを豊かにわ分かち合い、感謝と感動の中で楽しく成長し人生をエンジョイするための成功と幸せのビジネス系スピリチュアルスキルをお届けしています。

<<登録はこちら>

出典元:まぐまぐニュース!