タカノフーズが販売している「すごい納豆 S-903」 

写真拡大

 「おかめ納豆」を展開するタカノフーズ(茨城県小美玉市野田、高野成徳社長)は、今年2月27日から全国のスーパーやコンビニエンスストアなどで発売した「すごい納豆 S-903」の出荷数量が、3カ月で1500万食(1食=1パック40グラム)を突破したと明らかにした。

 発売当初計画の2倍の勢いで推移しているという。

 「すごい納豆 S-903」は、インフルエンザ予防効果や花粉症の症状を緩和する効果のある納豆菌を使用している。

 20~60代の既婚女性を対象にした同社のインターネット調査で、今後も購入したいかを尋ねたところ、「非常に買いたい」(25・8%)、「買いたい」(32・1%)、「どちらかといえば買いたい」(25・9%)と8割以上が購入したい考えを示したという。

 「すごい納豆 S-903」は3パック入りで213円(税込み)。