先日掲載の記事「自分の仕事を家族に胸を張って話せますか? ある食品工場長の場合」で、「家族に偽らなくてもいい仕事をしよう」と自身の経験を交えて語り、多くの共感を呼んだメルマガ『食品工場の工場長の仕事』の著者・河岸宏和さん。今回は、食品工場に長年勤めた経験をもつ河岸さんが、消費者の目線から「利益優先の悪質スーパー」の見破り方と、「良いスーパー」に育てていく方法について紹介しています。

優先すべきは消費者か、利益か 2軸化する食品業界

同じ賞味期限で「産卵日表示のある卵」と「産卵日表示のない卵」。みなさんは、どちらの卵を買いますか? 「別にどちらでもいいや」と思っている方が多いでしょう。その一番の理由は「同じ賞味期限であれば、当然、産卵日も同じはずだから」だと思います。

はたして、そうでしょうか。

実は、同じ賞味期限であっても、産卵日表示のない卵は、産卵日表示のある卵よりも古い卵が使われているケースが多いのです。

日本の法律では、製造日は「最終加工した日」と定義されており、「産卵日」だけではなく「パック詰めした日」も製造日とすることができます。そのため、多くのスーパーでは、この法律を理由に、パック詰めした日から逆算して賞味期限を付けているのです。

「え? そうなの!」と、驚かれた方も多いのではないでしょうか。

なぜ、そんなことをするかというと、顧客の増える土日祝日に、卵の品切れを避けるためです。残念ながら、このようなズルを行っているスーパーが多くあるのが現実なのです。

しかし、その一方で、一部のスーパーでは産卵日をちゃんと表示して、ウソ偽りのない賞味期限を付けています、それは、品切れによる売り上げの機会損失より、消費者第一で品質を追求するスーパーのあるべき姿勢でしょう。

今、日本のスーパーは、はっきり2つの軸に分かれる傾向が強くなっています。「常に消費者のことを考えているスーパー」と「自分たちの利益を最優先するスーパー」です。

 

食品選びの基本は「美味しさ・安全・機能」

食べ物は「安全」という土台の上で、「美味しく」て、さらに「機能」があることが重要です。機能というのは、嗜好(好み)や栄養のことです。大切な家族の健康管理のためにも、これらの要素が備わっている食品を選ぶことが重要になります。しかし、「自分たちの利益を最優先するスーパー」が販売したり、作り出している食品には、これらの要素が多く抜け落ちています。

はっきり2つの軸に分かれる傾向にあるのは、スーパーだけではありません。コンビニ、食品メーカー、あるいは外食産業も、「常に消費者のことを考えている企業」と「自分たちの利益を最優先する企業」に2軸化されています。

例えば、食品メーカーの場合、「自分たちの利益を最優先する企業」が製造するロースハムは、100キロの豚肉から、なんと150キロのハムを製造しています。なぜ、こんなマジックのようなことができるのでしょうか?

本来、ロースハムの原料は豚肉だけであるべきところを、「植たん」と呼ばれる「植物性たんぱく」や「水」などの原料を多く混ぜて、「かさ増し」しているのです。こんな食品をロースハムといえるのでしょうか……。

もちろん、豚肉だけを原料にしてロースハムを製造している食品メーカーもちゃんと存在しています。

「食品表示」が良い企業と悪い企業を見抜くカギ

皆さんは、「常に消費者のことを考えている企業」と「自分たちの利益を最優先する企業」のどちらの食品を選びたいと思いますか? もちろん、「常に消費者のことを考えている企業」だと思います。

実は今、「常に消費者のことを考えている企業」は、大きく売り上げを伸ばしています。卵の産卵日をちゃんと表示しているスーパーは、陰でこそこそ賞味期限をズルしているスーパーよりも、お客さんであふれています。

当たり前のことですが、人は美味しいものを一度口にすると、二度とまずいものは食べようとしないからです。しかしながら「自分たちの利益を最優先する企業」は、まだまだ数多く存在しているのも事実です。

では、良い企業と悪い企業を見抜くには、どうしたらいいでしょうか? その一つのヒントは、食品パックなどに表示されている「食品表示」です。食品表示は、食品を製造する上で使われている原材料や食品添加物、栄養表示、アレルギー表示といった、あらゆる情報が盛り込まれているプロフィールのようなものです。

また、スーパーであれば、食品の陳列方法や接客態度、厨房の様子などからも見抜くことができます。

皆さんがいつも買い物や食事をするスーパーやコンビニ、外食チェーンは、はたして、消費者と利益のどちらの軸を重視しているのでしょうか。食品業界が、消費者重視と利益重視とに2軸化されている今、私たち消費者は、安全で美味しい食べ物を見抜く目を養うことが求められています。

 

消費者のひと言が、お店の質を高めていく

では、自分たちの利益を最優先するスーパーやコンビニ、食品メーカー、外食チェーンの存在をつかんだら、どんなアクションを起こせばいいのでしょうか。「行かない」「買わない」というのも、一つの方法ですが、スーパーについては、「育てる」視点を持つことも必要です。

今、売上げが落ちて、閉店に追い込まれるスーパーが増えています。近所にスーパーがなくなり、買い物難民になってはたまったものではありません。いえ、地方では、このような現象が着実に起こり始めています。

スーパーを潰すことは、私たちの生活を脅かすことになります。ですから、いつも買い物に行くスーパーを、消費者重視の良いお店に育てていくことも大切なのです。

そのためには消費者自身が、スーパーに質問や要望を伝えていく姿勢が大事です。もちろん、こうしたアクションをするのは勇気がいります。まずは気になった問題点を、一つだけスーパーに尋ねてみましょう。

そうした消費者一人ひとりの行動によって、スーパーは襟を正していきます。自分自身、そして大切な家族のために「美味しさ」と「安全」、そして「機能」が備わった食品を選択するとともに、消費者のパワーで、健康的な食生活を守っていきましょう。

image by: Shutterstock.com

 

『食品工場の工場長の仕事』

著者/河岸宏和

“食の安全”に関する多数の書籍を執筆する著者に食品工場の現場から見た品質管理の方法など、工場に勤務する人には、必読の無料メルマガ。

出典元:まぐまぐニュース!