中流以上の家庭で「隠れ貧困」に陥ってしまう人の特徴 

写真拡大

 特に贅沢をしていないのに貯蓄ができていなかったり、財布の中がいつの間にか空になっているなど、昨今「隠れ貧困」と呼ばれる人々が増えているという。一見裕福そうにみえる家庭なのに、なぜ貧困に陥るのか? 急増中の「隠れ貧困」の確信に迫った。

◆「隠れ貧困」増加の原因は手取り収入の減少

 なぜ、中流以上の家庭で「隠れ貧困」が増えているのか? その理由として経済ジャーナリストの荻原博子氏が指摘するのが、手取り収入の減少だ。

「額面は同じでも、税金が上がり、控除は減らされ、手元に残るお金自体は減っています」

 ならば生活水準を下げるのが必然だが、そこで障壁となるのが人生の3大出費と言われる「住宅費・教育費・老後資金」だ。

「特に就職氷河期などを経験した40歳前後の場合、ネックになるのが教育費です。競争社会で生き抜くには学歴が必要だという強迫観念があり、自分の子供への教育費は削らない。こうしたジレンマに悩まされ、結果、隠れ貧困に陥ってしまう人が多いんです」(荻原氏)

 また、精神科医の春日武彦氏は「隠れ貧困の人に多いのが、『その気になればいつでも無駄遣いをやめられる』と思っていること」と指摘する。

「このように高をくくった態度は、アルコール依存症に似ています。隠れ貧困とはある意味で“無駄遣い依存症”とでも呼ぶべき病理。浪費そのものに人生の充実感や意味を見いだし、心の隙間も埋めているのだと思います。したがって、普段から不満や不全感を抱き、勝ち負けにも敏感で、しかしそれを自分で認めようとはせずに外見ばかりを繕いがちな人が隠れ貧困に陥りやすいと思われます」

◆判定チェックリストで10点以下は「隠れ貧困」予備軍!

 いまや誰もが当てはまる可能性がある「隠れ貧困」。下記に荻原氏が作成した「隠れ貧困」判定チェックリストがあるので診断してほしい。荻原氏は「このチェックで7点以下だった場合、隠れ貧困の可能性あり」と話すが、「10点以下の場合は“隠れ貧困予備軍”の可能性がある」と考えたほうがいいだろう。

<「隠れ貧困」判定チェックリスト>

Q1.手取り年収はどれが一番近いですか?

1500万円……5点
1000万円……4点
800万円……3点
600万円……2点
400万円……1点
100万円……0点

Q2.貯蓄額はどれが一番近いですか?

1500万円……6点
1000万円……5点
700万円……4点
500万円……3点
300万円……2点
150万円……1点
なし……0点

Q3.毎月の手取り収入からどれくらい貯蓄していますか?

収入の30%……5点
20%……4点
10%……3点
5%……2点
0%……0点
キャッシングしている……-1点

Q4.住宅費(家賃、住宅ローン返済額など)は毎月の手取り収入のどれくらいですか?

(親と同居、返済済みなどで)かかっていない……5点
収入の10%……3点
20%……2点
30%……1点
40%……0点

★トータルで10点以下は「隠れ貧困」の可能性あり!

◆あなたの隠れ貧困タイプは?

 精神科医の春日武彦氏は隠れ貧困を4つのタイプに分類した。それぞれの項目を見て、当てはまるものが多いのが自分の隠れ貧困タイプと言える。これ以外にも、修繕積立金の値上げや親の介護など、不可抗力ではあるが、想定できたはずの出費で隠れ貧困に陥る「無計画出費」タイプもある。予備軍はいつ下流に転落してもおかしくない。

<「隠れ貧困」の4つのタイプ>

●見えっ張り消費

・子供は私立に行かせたい
・海外ブランドの家具や家電がある
・セールやキャンペーンが好き
・フードプロセッサーを持っている
・年1回くらいは海外旅行に行きたい

浪費は「他人から羨まれる振る舞いである」と考える人がこのタイプ。勝ち負けに敏感だが、それを自分で認めようとはせず、外見ばかりを取り繕おうとする人に多い