川べのお茶

旧ブログから引っ越ししました。
仕事のこと、暮らしのこと、時々ぼやき(?)

大掃除です! その3

2016-12-24 | いろいろ
掃除の話、まだ続きます。



IH調理器をお使いの方で、
汚れ防止に市販のフィルム状のシートをのせることがありますが、
あれはメーカー的にははっきり言ってNG!だそうです。
(保証の対象から外れてしまう場合もありうる)
シートがあることで、鍋が常に宙に浮いている状態となり、
センサーが感知しにくくなり、故障の原因になることも。

IH調理器のトップの焦げ付きは(ガスのガラストップも同じく)、
ラップをクシュクシュと丸め、
クリームクレンザー:ジフ(ここはメーカー特定。理由は後述)でクルクル擦る、
これで絶対落とせますから!だそうです。
(その際ジフに水を垂らさないこと、必ず現液のままで)


その他にも、


お掃除あるあるで、「古ストッキングで蛇口を磨く」というのがありますが、
あんまり力を入れて擦ったら光沢がなくなったり、傷がついたり、
いわゆる「表面の塗装がはげた」状態になってしまった とか、

フツーの食器洗い用スポンジのざらざらした方でシンクを磨いていたら、
ステンレスシンクのエンボスが取れちゃった とか、

クリームクレンザーは研磨剤配合率を必ずチェックするように、
(高配合ほどかえって傷が付いてしまう)
(だいたい研磨剤高配合率クレンザーは鍋などの焦げ付き落し用、
 シンクの掃除用ではない)(カ○ヨンとか)
(はっきり言います、おそうじには「ジフ」一押し!)
(研磨剤20パーセントでありながらあの汚れ落としパワーはユニリーバの底力)  とか

掃除洗剤の王道・○ジックリン(アルカリ性)だって、
ガス台ならOKだが換気扇やフードに使ったら塗装が剥げちゃう、とか
(これ、実施済ですby自宅。なんでマダラに変色したの?と思ってたんですが、
これだ泣)
(年1回くらいならOK、常日頃の手入れには×)

このごろ話題の「酢」を使った掃除法、
「酢」って弱くたって「酸性」ですよ。よくよく使用法を確認してください。
付け置きはNG、すぐ流してください。
吹き付けて一晩置いて、
シンクが縞々(もう落とせない・変色じゃなく、変質してる)は、最近よく聞きます。
それから流してもすぐ後にハイター(漂白剤:塩素系 訂正しました!)なんか使ったらガス発生ですよ。事故ですよ。

・・・とか。


ほんとに、家に帰ったら全洗剤の点検だ!
と、受講しながらどきどきしてしまいました。笑



反対に「これは絶対、実行!」な情報が。
浴室のカビ予防としての銀イオンの「くん煙剤」

 
 例として。他メーカーからも出ています。

お手軽そうで魅力的なのですが、
効果のほどはどうなのか?と思っていたのですが、
講師の方、絶賛!

念入りにカビ取りしてお風呂場を掃除した後、
窓と戸を閉め、換気扇を止め(密閉)、指示通りの時間、燻蒸。
浴室は濡れてても乾いていても構わない。
終了後、窓と戸を閉めたまま、20分くらい静かに換気扇を回す。

これだけで1~2ヵ月くらいはカビが発生しないそうです!
(おまけに換気扇ダクト内部まで防カビできる)

ほんとか?

特に新築の家など、浴室使用前にまずは燻蒸しておくと、
カビの発生を抑える効果が高いとか
(もちろん継続使用が条件ですが)。

・・・受講したほとんどの人が、帰りに購入したものと思われます。
(もちろん私も笑)




お掃除は「適材適所」、
道具は賢く使って、なるべーく楽に(これ大事)きれいを保ちたいものですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大掃除です! その2 | トップ | 大掃除です! ラスト »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

いろいろ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。