とある水人の現実逃避

更新終了!保存のため放置です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

遠く輝く夜空の星に

2007年02月17日 | Weblog
優しさを失わないでくれ。弱いものを労わり互いに助け合い、
どこの国の人たちとも友達になろうとする気持ちを失わないでくれ。
例えその気持ちが何百回裏切られようとも・・・それが私の最後の願いだ。


つーわけで・・・・・

ウルトラマンAキタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━ !!

感激のあまりに泣きました・゜・(ノД`)・゜・(何

いや、「ウルトラマン80」の時と演出が良いですよ・・・。
それに、ああいうので泣かない奴は熱血の「漢」じゃないね(ぇ
いつまでも子供の心は忘れちゃいかんよ・・・うんうん・゜・(ノД`)・゜・

さて、次回は「帰ってきたウルトラマン」こと「ウルトラマンジャック」の登場だよ!!

どうも!!(遅

この日は退職前の金稼ぎでバイトを入れときましたwww
バイト後は利用者の家族に捕まって施設を出たのが遅れました(´・ω・`)
結局、早番だったHさんと一緒に帰ることになる時間(ぁ

帰宅後は自宅でPCを起動させたのは良いのですが・・・。

夜の9時には疲れて寝てしまったwwww

確かにバイト後の学校は寝ているわけであって、
学校が無いなら自宅で寝るのが早まるのはあながち間違っては居ないです(ノ∀`)(ぉぃ

そんなわけで特別に何かがあったわけではないんですよねw

まぁ・・・ここで終わるのもあれなんで、
先週に言った「ウルトラマンAと私の子供の頃の思い出」について(ぁ

あぁ、誰がなんと言おうと語るから宜しくwwwwww(ぁ

私がまだ3~4歳の頃だったかな?
地元にウルトラ兄弟が来てサイン会を行ってるイベントがあったんですよ。
率直に言えば、そのイベントに参加してエースに握手してもらっただけw
そして、ウルトラ兄弟の写真がプリントされた色紙にサインして貰った(ノ∀`)

あの時の感想は子供らしく嬉しかった事を覚えているし、
勿論の事だが何年間かボロボロになるまではその色紙も宝だったな( ´ー`)y―~~

んで、時が過ぎて小学校6年・・・。
私はまたウルトラ兄弟に会ったd(・`ω・)
今度は小学校6年で卒業を控えた時期でした・・・・。

卒業間近で「盲腸」になって病院に通ってた(ぁ

イヤマジデ・・・(´・ω・`)
大学としても有名な「慶応病院」に毎日通って点滴をしてたのをまだ覚えてる。
そして、その間は飯もお粥とかだった気がする。
治療最終日にようやく普通食事を父・母・妹と食べに行ったのを覚えてます。

その帰り道・・・何処か忘れたけどビル内で彼らと再会しました。
時が過ぎたこともあって新しいウルトラマンも居た様な・・・?
ここらは記憶が曖昧で微妙なんですが、
何年経っても彼らは子供のヒーローだった。
無論、今現在でも子供達のヒーローである。

私が変人になる前の話をしたわけでありますが、
子供の頃に彼らに憧れたのは私だけではないはずです。

最近、色々な事件が多発していますが、
こういうのって子供の頃の思いを忘れた小さな人間のやる事でもあると思う。
「子供っぽい」ってのと「子供心」は違う。

エースの言葉を借りるわけだが、「優しさ」ってのは「子供心」も半分あると思う。
それと同時に、残りは「大人の常識」であると思っている。

子供の頃に今となっては小さなものだが、
あの頃は掛け替えの無い物は無かっただろうか?
それを奪われそうになると必死に抵抗した事はないだろうか?

そんな気持ちを私は今の子供に忘れてほしくない。

馬鹿馬鹿しいと思う人は読まなくていいですよw
批判的な意見は受け付けていませんのでw
あくまで私の考えを述べただけなんで、
自分に信じるものがあるならそれを貫いてください♪

長々ですが、以上で日記を終了します。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宿泊は免れたー\(´∀`)/ ... | トップ | これはガンランスか太刀でガチ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む