ブログ日記 日々のうつろい 

退職後パソコンとガイドのボランティアをし、カラオケ(ポップス)やダンス等で生活を楽しむオジサンのブログ。

美術館の後、SFの店に…

2013-11-30 23:16:54 | 日記

 今日もいい天気で始まったから洗濯をしたいところだが今日は以前、Miさんと久し振りにカラオケに行くことにしていたが、昨日リレーウォーク実行委員会があって普段はめったに来ない文化財研究所の所長が年間で延べ回のリレーウォークも先月を最後に無事終わったということもあって席上に見えた。

 会議も終る頃に今美術館で市の博物館や美術館、それに文化財研究所などつの機関が一堂に会してその館の代表的な作品を展示しているということである。

 その中に文化財研究所としても大事なイベントということで古代の宮の跡地から出土した鮪(しび)の一部を見せられた山根徳太郎先生はここに古代の都があったことを確信し、長い年月をかけて大学を退職してからもずっと執念を持って打ち込んで来られたということである。

 関係者も年々歳をとって行く中でついに発見したということで学生も多数の人が手伝ったということである。

 そういった古代の都が発見されるまでのいきさつやそれに携わって来た一連の出来事についてもっと知って貰いたいということや感じてほしいという願いが込められていると思った。

 今でも未だ未だ一般に知られていないからもっと知ってもらうにはということだが、美術館の中の広い空間の中での狭い一隅に出展があり余り目立たぬ地味な感じを受けたのでもっとアピールできる工夫が出来ればと思う。

 ところで今日はその美術館の特別展のチケットを会議に参加していた人たちに所長自ら配られていた。

 枚づつ全員に渡ってから残った数枚のうち枚余分に貰って枚になったので会議を終えたあとの夕方に区民センターでダンス教室があった時にMiさんに「明日、土曜日の昼からカラオケに行くことになっているが美術館のチケットを貰ったので午前中に美術館に行かないか?」と言うと「行く」というので今朝分に公園入口で待ち合わせることにしたのである。

 ところがその待ち合わせの時刻が近づいて駅に行こうとして玄関にいる時に電話が鳴るので受話器を上げると、ジョーシン電機から配達の時刻について問い合わせの電話である。

 「今日は今から出て夕方まで帰って来ない」と言うと、「何時ごろ帰ってくるのですか?」などのヤリトリを話しているうちに時刻も過ぎて地下鉄駅に到着したら乗ろうと思っていた電車が発車した直後である。

 それにしても間が悪いことに下りの電車は待っている間に回もその駅に着いたのに上りの電車がやって来ない。

 従ってホームに段々と人が増えてくるし、時刻は過ぎるしイライラしながら待っていたがやっと電車が来たはいいが満員もいいところである。

 電車が満員になっているのはこの時間帯にもう1本電車を走らせる必要があるのじゃないかと思われる。

 とにかく待ち時間が長いのでホームにドンドン人が溜まって来るのである。

 土曜日のこの時間帯はどの駅でもやはり人が溜まっているだろうから、この時間帯のダイヤの設定が悪いのではないかと文句を言ってやろうかと思うぐらいである。

 やっと目的地の駅について地下道を潜り抜けて公園に上がったがすでに待ち合わせ時刻の分過ぎになっていた。

 公園を見渡したが周りには姿が見えないのでグルリを身ながら走って行くと入口の方に行くとそれらしき姿が見えたので「ごめん!」と言って走り込む。

 だけどこの歳で走る人はまずいないのではないかと思うが、日頃から結構歩いたり階段を段上がりしているからなのか体が軽く動くのには自分でもびっくりした。

 公園の入り口でチケットを見せて入園し美術館の方に歩いて行くが時刻も時刻だから歩いている人は少ない。

 そして美術館に入って会場を順次見て回って行ったが、各館の代表的な一品だけあって素晴らしいものばかりである。

 つの会場に別れているが各会場にはの部屋に別れて展示されていたが、じっくりと見て回るうちにドンドン時間も経過しヒョイと時計を見ると時になっている。

 あともう少しだけ出来るだけ急いで回ることにして予め見ておいたバスの時刻に間に合うようにバス停に戻って来たのは発車時刻数分前の分頃であった。

 やがてやって来たバスに乗り込んだがこのバスのコースは私が区民センターダンス教室に往還に利用するコースで区民センターよりいくつか先のバス停で降りて寿司屋に行くことにしていたのである。

 この寿司屋は何度か来たことがあるがしばらく来ていないので久しぶりだが時から午後時頃までの時刻だけ寿司定食があり円である。

 木曜日に行くS店に行く前にいつも食べる商店街の「握りカン」と比べると少し遜色があるがこの地区では番安いし、内容もマアマアでこの地区に来る時にたまに利用している店である。

 寿司定食を食べ終えてFの店に歩いて行ったが、店の前に貼り紙がしてあるのを見ると、アリャリャ、休みである。

 毎月日と日だけがサービスデーと言うことで普段は枚チケットで円だがサービスデーだけ、その倍の枚になるのでわざわざ来たが、「都合により本日は休みます。サービスデーは月日に変更します」と言う内容である。

 折角出かけて来たのだから別の店に行こうということで以前北隣区のダンスレッスン会場に行く前にたまにMiさんと一緒に行った近くにあるSFの店に行くことにした。

 そのためには今いるFの店から分近く歩いて地下鉄駅に行く必要があるが、話しながらぶらぶら歩いて駅までやって来て降りた駅からも少し離れていたので店に入ったのはちょうど店が始まる午後時頃である。

 SFの店はいつもチケットが枚綴りで円だからもっとも手軽に行ける店だが私人で行くことは殆んどない。

 私もMiさんもダンスクラブが無くなって今年の春から行かなくなったが、Miさんは最近度行ったことがあるということでママに「マア、久しぶりね」と言われたそうである。

 Miさんもママに「珍しい人を連れて来たよ」とママに言って私を見て「久し振りです」とお互いに言い合う。

 その時にすでに男性客が人いたが常連さんのようであるが代と代ぐらいである。

 私達2人が入ってしばらくしたらこれも常連の代の白髪の男性も現れた。

 この人はダンスに通っている頃にたまにこの店に行った時、気軽に話しかけてきた男性で新曲のポップス系(純ポップではないが…)の歌を数多く歌い、その歌い方も声がしっかり出ていて上手いものである。

 その男性も入って来るなり私たちを見かけて「久し振りだね」と話しかけて来た。

 早速歌が始まったがしばらくしてまた最初にいた代の男性の横に座る。

 この女性もダンスレッスンの終わりの頃に初めて見た女性だが、見かけは若くスタイルもいいので代ぐらいかと思っていたが後でMiさんから聞いたところによると代で隣に座った男性と同じ水泳の仲間でちょくちょくこの店に来ているそうである。

 ところでこの女性「あっちゃん」と呼ばれているが、これがすごい女性で歌いながら尻を振ったりそこらじゅうステップして暴れまくったりするのである。

 おまけに私達人以外は殆んど常連なのでお互いに顔見知りばかりで他の常連さんが歌っている時も掛け声をかけたりしているが、同じように隣の男性も掛け声をあげるし、腕を上げたりまえに出したり、ずっと声を出しっぱなしである。

 終いには私達が歌っている時にも同じようにするものだから私たちも歌いながらポーズをとったりステップしたりするハメになった。

 そんな思いもかけなかった出来事があってワイワイ言いながら時間を過ごしていたが、ママに「ちょっと聞くけど以前ダンスの仲間同士で貸切にして貰ったことがあったが、水曜日でも貸切できる?」と聞いてみると以前は木曜日で店が休みだったので出来たが水曜日でも出来るかを聞いてみたのである。

 そしたら「前は昼間だったから常連さんに悪いので休みの日にして貰ったけど水曜日だったら夜の方がいい」ということである。

 ただし貸しきしりの場合は人以上でワンドリンク付きで円という値段だから格安である。

 カラオケボックスの場合だって夜だったら時間でもそこそこの値段がするが、夜時ぐらいまでOKである。

 「高大の忘年会が終わるのが時頃だから移動時間も見計らって分ぐらいのスタートになるかも知れないが、一度次週の授業がある時にクラスメンバーが人以上集まるかどうか返事するからと名刺を貰っておく。

 この店では昼の部は時までなのでお開きとなりめいめい解散となったが私は帰りにいつものスーパーに行くのでMiさんも1駅だけ一緒に電車に乗り次の駅で降りて私はバス停に彼女はその隣のビルのスーパーへと向かった。

 スーパーのあるすぐ近くの停留所までバスに乗って買い物をして戻って早速夕食の準備に入る。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リレーウォーク実行委員会&区民センターダンス教室レッスン⑨

2013-11-29 23:29:00 | 日記

 今日は朝からいい天気になり気持ちのいい日になりそうである。

 毎月最終週の金曜日にリレーウォーク実行委員会が行なわれることになっているが今日は先月で最後のリレーウォークを終えた総括的な会議となるが、毎回午後分から午後時までと言う予定である。

 午前中はいつものようにメールとカレンダーのチェックであるが、その後はやはり昨夜のブログの打ち込みを途中で中断して就寝したのでその続きを打ち込むことになった。

 その作業を終えてからゲームやニュースを見たり、Youtubeで最近歌ってない浜田省吾の曲を聴いていたが、時前にリレーウォーク実行委員会に出掛けるべく自宅を出て途中で当区の大きな池の畔にある喫茶レストランに行こうかと思って歩いていたが、途中でそれよりエビ天丼の店に行こうかと思い直してそちらに足を向けた。

 最初思ってた店から少し離れているが、天丼の店のすぐ近くにバス停があるので食べ終えたらすぐに乗れるということも考えての上である。

 この店に行きだしたのは最近からで以前自宅からこのバス路線でいつものバス停横にあるスーパーに買い物する時に乗ったバスの中から、見かけた店で一度行こう行こうと思っていた店だが今日で回目である。

 料金はエビ天丼が円でチェーン店であるが、牛めしのチェーン店とは客層もやや違う感じがする。

 牛めし屋の場合は男性客が殆どだが、この天丼の店では同伴者が一緒に来ているケースが結構多いのである。

 牛めしより円高い円だが、エビの方が上品と言う感じがするからなのか女性客が結構入っている。

 おもむろに食べ終えた後すぐ近くにあるバス停に行くと直ぐにバスがやって来た。

 行き先を見ると今日の会議の会場となる高大も入っているビルに最も近いバス停を通るが、そこで降りてビルの階にある文化財研究所の会議室に行く。

 到着したのは午後分頃であったが既に数人の人たちが来ていた。

 そんな中で私がいつも座る場所には先客がいた訳だがそこにいた男性はあとから来る人の席も占拠して座るのを遠慮してくれと当たり前の様に言うのには正直カチンと来たものである。

 後で聞いたらどうやら何かとうるさい人物の様である。

 自分が先に座ってたかかどうかは知らないが人分の席を空けておいてくれとは厚かましいにも程がある。

 普段は全然この会議に来てもいないのにあたかも主のようなしゃべり方をするからである。

 しかも椅子に座る姿勢がそもそも態度がデカすぎる。

 最近の若い子たちが良くやっている浅く腰を掛けて足を延ばし背中を椅子の背もたれに斜めに倒れる形である。

 意見を言う時もその姿勢の侭だから横着なものの言い方と感じられてるということを本人は気が付いてないのだろうか。

 ところで今日は今までのリレーウォークを年間で延べ回行なってきた中での総括と言うことになるが、いままで携わって来た個人的な感想を順番に話すことになったが、異口同音に口を出たのは各地区で活動している会の人たちが一堂に会してこのリレーウォークを運営してきたわけだが、他の会の活動状況や色々各地のことを勉強させてもらってよかったという話が大半であった。

 私個人としては最初から最後まで回通しで参加したがその中で第回の第班のガイドをしてから先月の第班の最終班のサポーターで終えたのは何かの因縁のような気がすることと、全回のうち回ガイドをして回はサポーターとして参加したことである。

 そんな中で苦言を呈した訳だが「基本」が出来ていないということである。

 会によって普段ガイドをしているところ、殆んどガイドはやってないところなど様々なやり方をしている中で多くの人を先導して街中を歩くときの注意、留意しなければならないことの基本が出来ていないので今後も同じようなことをやって行くとすればそういったことにもっと注意していかなければならないと発言した。

 これは当区ガイドの会が正式に発足する直前に参加した府県を通してのリレーウォークだったが、府県各地区のガイドの会が連帯して行った年前の当区を歩いたリレーウオークに参加者が人あったことから見ても今回は規模的には大したことでもないにもかかわらず問題点が多く出ているのは残念である。

 会議もいろいろと時間もかかり終わったのは時頃といつもより時間もオーバーである。

 時ごろに終わっていれば帰りにいつものスーパーで買い物をする予定でいたが夕方からの区民センターのダンス教室もあるので自宅に直接戻って来た。

 分ごろ自宅を出てバス停に向かい遅れてやって来たバスに乗って会場の区民センターにやって来たが、次のダンスシリーズの申し込みを受け付けていると言うので早速申し込んだ。

 次回は全部で回となっているが、最初の回でダンスの基本を行なうということと、回目から回までの回分をワルツ、ルンバ、チャチャチャの種目である。

 来年の週目から月末まで、途中月、月に抜ける週はあるものの月までの長丁場となるが、今回初めて基本的な指導が行われるということなので楽しみである。

 次週が今回のシリーズ最終日となるが早いものでこれで昨年と今年の回づつで計回のシリーズに参加したことになるが早いものである。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「女性の会」の案内

2013-11-28 22:59:58 | 日記

 今日の朝方は曇った状態が続き西の空は分厚い雲に覆われて雨が降るかもしれないという、もう一つはっきりしない天気である。今日は午前時から市内他区の「女性会」の人達を有名な神社周辺を案内することになっている。

 当初聞いていた女性の会の人数は名ということで集合は神社の正面から境内に入った太鼓橋の前であるから私の足なら自宅から歩いて分程で到着するので自宅を時に出る。

 スタッフの集合時刻は出発分前の分だから十分ゆとりを持って行けることになる。

 というのも早い目に行ってお客さんが来るのを待つというのが当たり前だからスタッフは少し早い目に来るのが普通である。

 私が計算した通り分ごろに集合場所に到着したが、会長と渉外担当のS氏の人が既に現地に来て待機している状態で私も早速ユニフォームに着替えて待機組に加わる。

 私が到着してから分までに集まって来たのは女性副会長のNさんだけで後は遅れてやって来たが、その中でも分ごろになってやっとやって来た人もいるぐらいである。

 分になった頃、渉外担当のSさんが今日の女性会の代表者の携帯に電話したところ「今チンチン電車に乗っている状態」だということで場所を聞いたら分後ぐらいには到着するものと思われるということだった。

 その女性会の人々と思しき集団が表の鳥居前に見えたがその時までに来る予定のスタッフの人がまだ来ないのにはヤキモキさせられる。分になったと同時位にスタッフの男性名と女性名がやって来た。

 女性会の代表が我々に近づいて「名の参加です」というから最初の予定より少なくなったが、班に分けて同じ個所を予定通り案内するが班別に案内個所で団子にならないように案内していくポイントの順番を変えてスタートすることになっている。

 私たち班は太鼓橋を超えたところを皮切りに本殿の方に入り、そして舞楽の日本三大舞台といわれる石舞台と東西の楽所を案内したがそれらはすべて重要文化財になっている。

 その後は境外に出て商売繁盛を願う「初辰参り」の日に巡拝となる番目の神社である。

 この神社は芸能技能を高める神様だと説明すると踊りをやっている女性が「参っとこう」と言ってお参りをし出すと我も我もと踊りをしている人たちが次々とお参りを始めた。

 そのあとは同じ初辰参りの巡拝でも番目(最後)となる大歳社である。

 最後の大歳社は「収穫」の神様である。

 もともとは農業の神様だったが、明治になって商売繁盛を祈願する神社の社または社巡拝としてお祭りされ「初辰の日」はぎっしり露店も出て賑やかである。

 その後は班が合流し一緒に文華館に入ってK権禰宜から収納されている神輿や絵画、地図などいろいろのものを説明して貰い分の時間をかけてみて回ったが時間が少なすぎる位である

 時過ぎに解散となり、私はその場から自宅へと一直線に戻って来て昼食を終えた後、明日のリレーウォーク最後の実行委員会に臨む資料作りの準備である。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高大、ホームページ・アクセシビリティー

2013-11-27 23:29:20 | 日記

 今日は水曜日、いうことで高大に行く日である。

 いよいよ学期も終わりに近づいて授業は来週と再来週の日だけとなって来たが、最終週の授業の前日に高大祭(文化祭)が行なわれるので、その行事を入れると回行くことになり大詰めに近づいたということになる。

 いつもの様に朝時に目覚まし時計をセットしておいたが、最近は時間ぐらいしか寝ていない、というよりもそれが当たり前の睡眠時間になったのかなと思う今日この頃である。

 朝方の明るくなった頃に一度トイレに行く為に途中で起きる位でそれ以外は爆睡とまではいってないかも知れないが殆んど起きることはないから身体が持っているのかも知れないが、若い頃とは少し違ってきている感じである。トイレから戻って再度布団の中に入りしばらくウツラウツラとした頃にジリリーンと起こされる。

 今日はスッと起きずに分ぐらいまどろんでおもむろに起き出し、布団を上げて朝食の準備である。朝食を終えてしばらくくつろいだ後、高大に行く準備をする。

 地下鉄の電車を乗り継いで高大につくまでスンナリ来れれば自宅を出てから大体分で来ることが出来る

 朝教室に向かう廊下で当クラスのCDとすれ違い朝の挨拶を交わす。

 部屋の前にCDが置いたとみられるワゴンがあったのでもう鍵が開いてるかと思ったが開かないのでカギを取りに行ったようである。

 自販機近くの椅子に腰かけて持参した缶コーヒーを取り出して飲もうと思ったが他のクラスの先客が数人いたので来る途中の廊下に置いてある椅子に腰かけて飲んでいると副委員長のY氏がやって来た。

 彼も受講日にはずっと早く来て開錠ともに入り机を出したりの準備をいつもしている。

 最近は当番の班のメンバーも我々より少し遅れることが多く今日も同様で椅子や机を出している最中にやって来た。

 三種の神器ならぬ点の品、すなわちLANケーブル、延長コード、ハブを取り出して各班のシマに置いて行く。

 その後、棚から自分の番号のPCを取り出し、セットして起動させた後、昨日のブログの続きを打ち込んで行く。

 最近はブログを打ち込んでいるうちに眠たくなってきて途中で止めてお休みするケースが増えてきた。

 あまり夜更かしをしないでいくら遅くても時には寝るようにしている。

 昨日に限ってはいつもより早く時過ぎには布団に入ったのであまり書き込み文字数が少なかったということもあって今朝まで経っても書き切れていなかったので昼休みの時間帯迄打ち込みすることになった。

 やがて先生もやって来て授業となったが、今まではHP作成の作業であったが、今日は仕上げたものをプロバイダーに転送する前のチェックである。

 最近の、というか今のホームページビルダーには「丸ごとチェック」というボタンがあってリンクなどが上手く行っているかを調べる機能がついているので簡単であるという説明であったが、初めて触れる者にとっては手順を覚えるのに一所懸命である。

 何事もそうだが、覚えるまでは大変で覚えてしまえばどうってことないが、しばらくやってないとすっかり忘れてしまうという厄介なものである。

 この部分でうまく出来なかったという人がクラスの半分を占める。

 私もプロバイダーから割り振られたパスワードを入力する時点でX(大文字)にしなければならないところだがx(小文字)と入れてしまって転送できないということになった。

 たとえばGとgならはっきりとその違いが分かるがXとxでは文字の形が同じだからうっかり間違ってしまったのである。

 入力しても画面上にはパスワードだから●●のように黒丸で表示されるから合っているかどうかが確認できない。

 他の項目が違っている場合もあるから間違いを特定できないから厄介であるが、先生の話だと大抵は大文字、小文字の入れ間違いが多いということであるが、私もご多聞に洩れずXとxを打ち間違えていたということになる。

 ホームページに関する授業も実質的には今日が最後で次週は総仕上げなので今日プロバイダーに転送出来なかった人も次週にすべてを託すということになりそうである。

 ということで今日の午前中の授業は一応終わったが先生はいつもより長く教室にいて質問に答えたり個別にトラブった受講生のところに行って修正をすることになった。

 午後からはいつもだったら復習タイムということになるがプロバイダーに同じことを転送するわけにも行かず、出来た人が出来なかった人をサポートすることになった。

 時を少し回った時点でいつもより早目のクラスミーティングを行なうことにした。

 というのもいよいよ高大祭が近づいてきて今週しか話す機会がなく来週来る時にはバザーに出展する物を品持ち寄って貰うことや、クラスとしてPCを利用して展示するために高大の事務所からPCとプロジェクター、スクリーンを借り受けて本番前に持ち帰って出展する場所に運び込むための協力をしてもらうために担当者を決めて念を押しておく必要がある。

 それと高大祭の翌日が学期最後の授業となるが終了後、忘年会を行なうことになっているのでその経過と会場の場所をプロジェクターを使って映し出して説明する。

 会費についても説明し、来週集金することにしたが、その場でどうしても参加できない人名が申し出たが、最近来ていない人は除外するしかないが、早退した人には来週話すよりしょうがないが概ね名ぐらいの参加が見込まれる。

 クラスミーティングを終えて解散した後、忘年会々場となるB店に対して利用するかどうかの最終返事をすることになるが私だけでなく司会・進行係をして貰う予定にしているY副委員長にも会場となる部屋を確認してもらうために同行してもらう。

 先週私だけ行った時に対応してくれた副店長は外出中で替わって女性が出てきたので今までの経過を言ったあと部屋を見せてほしいと伝え、人揃って上がって行く。

 赤い部屋で大きさもいいとY副委員長も納得したが問題は料金的なことで副店長が金額に合わせると言っていたし、市SAも新年会に予約していることを言うと、その女性は「いつもお世話になってます」と言うので後で名刺を貰ったら店長となっている。

 人当たりの会費×人数の総額から先生とCDの人分は招待と言うことで賄えるかどうかだが、「受けさせてもらう」とのことだったので一応これで決まりだが、正式の人数は来週の授業日に集金するのでその人数分を改めて電話するということになった。

 役目を終えて地下鉄駅に戻る途中で副委員長と別れ自宅に戻る途中でいつもの様にバス路線に乗り換える駅で降りてその駅の近くのバス停からスーパーの傍のバス停で降りて買い物をして帰ってくる。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

西隣区小学校火曜ダンス教室11月レッスン④

2013-11-26 23:36:21 | 日記

 今日は朝方曇っていたが次第に晴れ間も出るようになったので洗濯をすることにした

 昨日はツアー先でも雨に降られたが当地区でも午後時頃は凄く強い雨風であったということである。

 前にも言ったように秋は天気が変わりやすい気候となるが、まさに昨日の雨なんかは気まぐれもいいところであった。

 洗濯をしながらPCと向かい相変わらず同時進行をしていたが、洗濯を干し終えた後はスッキリとする。

 ところで今日は夕方まで特に何も予約が入っていないのでじっくりと時間をかけて過ごしている状態である。

 先ずはいつもの様にメールとカレンダーのチェックで、それらが終わった後は昨日と同じようにニュースも見ていたが昨日中国が防空識別圏を東シナ海に設定したが、これを南シナ海や黄海にも広げていくということで中国は何を考えているのか早速管官房長官から強い抗議を発したのは当然である。

 米国もまたしかりだが、朴槿恵大統領が中国と親密な関係を築こうとしたのにこの問題ではやはり反発せざるをえないようである。

 中国は今経済的に大変の様で国民から様々な社会の欠陥を指摘され相変わらず幹部の腐敗がひどいために国民の目を外に向かさせようとしているものと思われる。

 そして軍の近代化にいそしんで毎年大幅な軍事費を投入しているが、あと年も経てばアメリカの国力の相対的な低下により世界の警察官と自認してきたものに陰りが見えてきているのを見透かすように挑発している。

 こういった中国の力を誇示するかのような圧力は国際社会に対する挑戦で断じて許すことはできない。

 いよいよ本性を露わにしだしたということを物語っていると言わざるを得ない。

 ところでそういったニュースを見ていたり、ゲームをしていたりしていたが夕方からはダンスレッスンということで時前に自宅を出て西方面行のバスに乗ったが最近はこの時刻ともなると完全に夕闇に包まれるようになったが、それとともにバスも遅れがちになってきた。

バスが遅れたということもあって急いで会場の小学校につくとまだ扉が開いてなかったが、当番の女性がいつものようにもう一人の上級の女性と人連れだって「ごめん、待った」と言いながらやってきた。

 レッスン場に入るとテーブルが脚ほど並べてあるので片付けて椅子を並べて準備していく。

 今日は先生のパートナーを務めているNさんもやってきて、先生の手伝いをしてくれているし、おまけに休憩時のおやつまで差し入れてくれたのには恐縮する。

 いつものようにレッスンが始まったが前半は発表会で披露するジルバとマンボのレッスンを先週決めたペアで踊る。

 もちろん本番と同じように入場から始まり退場までの通しである。

 これを何度か繰り返して前半を終わる。

 休憩時間に先生のパートナーのNさんから差し入れのお菓子を食べた後、後半のレッスンに入ったが、先週から始めたワルツの後半に入る。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加