ブログ日記 日々のうつろい 

退職後パソコンとガイドのボランティアをし、カラオケ(ポップス)やダンス等で生活を楽しむオジサンのブログ。

久し振りの本格的な雨

2011-02-28 19:54:08 | 日記
 昨日の夜時までのダンスのレッスンを終えてレッスンの会場である会館を出るときにポツリポツリと雨が降って来たが昨日の天気予報では夕方時ごろから雨ということだったが結局夜も遅がけになってから少し降って来た。
 折りたたみ傘は持っていたが出来れば傘をさしたくなかったので早足で地下鉄の駅に向かい、そして自宅最寄りの駅に着いて急いで自宅に戻った。
 昨日の雨はそんなに降らなかったが、今朝になって段々雨足も強くなり一時は結構な雨量の雨が降ったので、もっぱら自宅にいることにしたが、今日は昨日ダンス仲間とカラオケを歌った流れで、午前中久し振りにCDを引っ張り出して鈴木雅之の曲を曲ぐらい聴いた。
 たまにはCDを聴いて自分の歌い方をチェックするのも必要だし、余り歌ってない曲も歌うきっかけにしたかったからである。
 そういえば昨日、鈴木雅之の「夢のまた夢」という曲を歌い終わった時に隣のオバちゃんがこの歌は難しい歌やな、と言っていたがテンポが速いから歌い遅れそうだという意味だと思うが変化のある歌を歌っていると結構楽しい。
 そういえば昨日一緒にカラオケ喫茶に行ったメンバーもこの曲を歌っているときに身体でリズムをとってくれていた。
 昼食をとってしばらくしてから近くに出来たジョーシン電機店に行きカメラの純正バッテリーの在庫を聞いたがないからメーカーから取り寄せるとのことで日にちがかかるようである。
 以前デジタルカメラのバッテリーのスペアを買う時に純正とは違うバッテリーが半値近かったのでこれで充分だと思って購入したが2回目の充電の時に全然充電せず結局バッテリーがパーになってしまった。保証期間が過ぎていたのでどうしようもなかったが、やはり純正を買わないといけないなと改めて思い知らされた。
 月の初めに地デジテレビを購入してエコポイントの申請をしていたがやっと月も半ばを過ぎてカ月以上も経った最近になって忘れかけていた商品券が送られて来たので、その商品券でデジカメのバッテリーを購入しようと思ったのである。
 カメラのバッテリーはスペアがないとどうしようもないから今日のように特に予定のない日に行っておかないと中々行く機会を失してしまうからである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月最終のダンスレッスン

2011-02-27 22:30:38 | 日記
 今日は月最後のダンスレッスンであるが、レッスンは夕方時からなので、午後時頃から初級のメンバーが申し合わせてダンスレッスン会場に近いカラオケ喫茶に行くことにした。
 この店は円で歌える店なので気軽に行くことが出来る。
 昨日は夜遅く迄他の街のカラオケボックスで歌っていたが、やはりカラオケを歌うならカラオケ喫茶が一番である。
 カラオケを歌える所は色々あるが、昔は私も居酒屋やスナックで歌ったこともあるが、最近は殆んど夜に出歩くこともなくなったし、また酒が強くない私にはそんなに行きたい所ではない。
 居酒屋やスナックで歌う人達はアルコールを飲んだ上で歌うために大体エコーを効かせているケースが多く、しかもがなりたてて歌う人もいたりする。
 そういう人達は大体いつも歌うのは同じ曲だから面白くない。
 またカラオケBOXは昼間の時間帯は安い値段を設定しているが、BOXはある程度の人数で行かないと面白くないからグループで行くことが多いが、昨日のように人もの人数で行くと回りするのに結構時間がかかり曲ぐらいしか歌わないのに2千円(飲み放題の料金とはいうもののここへ来る迄に飲んでいるのでそんなに飲めない)もかかった。
 たった時間分の時間での料金である。
 昨日は土曜日だから番高くなることは分かっていたが、カラオケBOXでは人数が多いとバカみたいで損である。
 かといって人で行ってもあまり盛り上がらない。
 カラオケボックスではやはり4~5人でないと面白くない。
 それに番の問題は音の悪さである。
 若者はBOXを良く利用しているようだが、この音の悪さによく我慢していると私は思う。
 多分カラオケ喫茶で歌うことがないからその音の違いが分かっていないのであろう。
 カラオケ喫茶が番だという理由は先ず音の良さ、それに酒に酔って歌う人は殆んどいない。
 殆んどという表現をしたのは店によっては酒類を出す店もあるからだが、そういう店は出来るだけ敬遠したい。
 素面で歌ってこそ値打ちがあるというものである。
 酒の勢いを借りないと歌えないようではどうしようもないし、本当の歌の値打ちというものはやはり酒が入らない場で初めて評価されるものである。
 カラオケ喫茶のいいところはソフトドリンクを飲んで歌う人達が中心だから、歌そのものを楽しんでいる人達の集まりであると同時に料金もソフトドリンク代(おやつ付)はどの店も大抵500円で、後は歌の数だけ料金を払えばイイだけである。
 BOXのように時間で決められていないから、自分で納得できる。
 客が多ければ余り歌えないが、その分他の人の新曲も聞けるし、自分の歌った曲数も少なくなるから料金もそんなにかからない。
 逆に客が少なければ多く歌えるのでそういう時は新曲など、歌いたい曲のレッスンをすればいい。
 ただ普通の店は円で、私のように円のところはむしろ少数派ではあるが、そういう店を複数知っているから何曜日はあの店は休みだ等の情報は既に頭の中に入っている。
 今日は時頃から分までだったので曲であった。
 すなわち浜田省吾曲、高橋真梨子、鈴木雅之、矢沢永吉各曲であった。
 その後、ダンス会場へと向かったが、以前にも述べたように月から初級と上級クラスが合同でレッスンが始まったが、今日までは女の先生の自宅がレッスン場だったから狭くて余り気乗りしなかったが合同練習が始ってから初めての会館でのレッスンである。そういう意味ではのびのびとレッスンができた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひょうごIT大学⑳発表会&修了式、そして打ち上げとカラオケ

2011-02-26 23:46:02 | 日記
 今日は昨年の月から始まったひょうごIT大学の回目であり、最終日で今まで学んだ中でこれからサポーターとして出来ること、あるいはしようと思っていることの発表会が行なわれた。
 この講座の主催者であるNPOが兵庫県に企画書を提出して社会的に弱者である身障者や高齢者、子供などの介護や支援が出来るサポーターを養成するという目的のために発足させたものである。
 今日はその講座で学んだことを活用してパワーポイントで受講者夫々が分くらいの時間の中で発表を行なった。
 最初の頃はおぼつかないと思われた人もそれなりの発表が出来たと思われる。
 発表が終わった後、兵庫県からも担当者が来賓として招待されていたが、祝辞を述べられ又今後の活動に期待をしているということであった。
 その後ここのNPOの代表者から修了証書を人に手渡され、祝辞も戴いた。
 そして受講者も今までの回の講座の中で同じ班の人達とは話し合うことはあっても班が違うと殆んど会話もしないまま今日を迎えたということもあって懇談会が催された。
 そしてその中から打ち上げに多くの人が参加したが中華料理店で中華料理を食べながら飲み放題で千円という割安な料金で時間ほどの間にテーブルを囲んで色々の話に花が咲く。
 本日はじめて会話したという人達も結構いたようである。
 話の尽きることもないような感じであったがカラオケBOXに行こうということになり、もと来た道を引き返し駅前にあるカラオケBOXに人の人が参加した。
 その中にはNPOの代表や講師、1人のスタッフも含まれあと人は受講生だが、最初に歌の火ぶたを切るように指名されたのが私だった。
 というのは以前親しくしていた同じ班の人と紹介し合う中で私がカラオケが趣味であるということを言ったことを憶えていた人が指名をしたからである。
 そこで私が皮切りに歌ったのは浜田省吾の「悲しみは雪のように」をリクエストされた。
 それに続いて皆さんも歌い出したが、そのほとんどは私の知っている歌で懐かしいポップス曲が中心である。
 講座の会場まではいつも電車で時間ほどかかるので最終電車に間に合うようにカラオケBOXを借りる時間を1時間30分と予めセットしておいたが、終わった後料金を支払ってすぐに電車に飛び乗り、最終電車より少し早目の電車で自宅まで辿りつくことが出来た。
 このブログを書いてる途中で次の日を迎えることになった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

市SA南ブロック会議

2011-02-25 19:15:16 | 日記
 平成年度も大詰めを迎え各団体も総会を控えて今年度の反省や報告、来年度の役員選出などが行なわれるシーズンになって来た。
 私が所属する市SA連協も同様で日に総会が行なわれるので、その前段階に各ブロックでの会議が行なわれるのだが、市SA連協は東西南北のブロックに分かれていて、今日は私が所属する南ブロックでの会議である。
 午後からの会議に備えて、午前中に医院に行き薬を貰って来た。
 それが終わった後、その近くにある会席料理店の昼定食を食べることにした。
 この近くに来て昼時になったら大体行く店である。
 昨年の暮れに当区ガイドの会の忘年会を行なった店である。
 普通の食堂と同じような料金でちゃんとした昼食を食べられるので利用しているのだが、良心的な店でもあるので私が昨年の忘年会の会場にここを推薦したのである。
 店の人はそんなこととは露も知らないが、私もたまにしか利用しないのでまさか私の紹介だったなんてことは知る由もない。
 この店は会席料理店ということでも分かるように和食である。
 昼定食はつの主菜で成り立っている。
 すなわち魚が中心で大体、煮物、焼き物、揚げ(炒め)物の3つで構成されていて、その中から選ぶのである。
 今日は生節の煮物、赤魚の焼き物、ハンバーグのつであったが、以前生節の煮物は食べたことがあったので、赤魚の味噌漬けの焼き魚を選んだ。
 それにいつもみそ汁と、2品の小鉢が付く。
 小鉢はひじきの煮物ときゅうりモミであった。
 同じものが一般の食堂で出て来てもこの味には勝てないと思うが、やはり会席料理店だけに味付けが違うし、米飯にいいコメを使っているのがすぐに分かる。
 それだけでも値打ちである。
 昼食を終えてから市SA連協南ブロックの会議場になる当区の福祉センターへと向かうが、午後時だと思って分ほど前に着いたが誰も来ていない。
 事務所に行って鍵を預かり部屋で待っていたが、しばらくして男性が人来たが、その人曰く分からだったが始めてくる会場だからどのくらいかかるか分からなかったので早い目に来たとのことで私が勘違いしていたことを知らされる。
 そのうち段々と人も集まって来て会議が始まったが、年ほど前にブロック長であったK氏が議長となって進められたが、介護支援サポーターに南ブロックとして取り組みをする経過説明から始まる。
 そのベースとなる今日の会場を今後も使用させて貰うことになったので今後の活動に会員の全面的な協力をお願いしたいということでこれには全員賛同する。
 次に来年度の役員選出についてであるが、現南ブロック長から各会員の意向や推薦する人の有無を聞いた経過の中で最も推薦の多かった現事務局次長のk氏に依頼したが、本人は辞退したいとの意向であった。
 何とか受けて貰うように説得してシブシブ引き受けてもらったので一段落した。
 ブロック長に推薦された名前の中には私の名前もあったらしいが、数が少なく最も多かったK氏に決まったような次第である。
 私も2年間してきた事務局員は辞退したが結局はブロック長をサポートすることになってしまった。
 主な事案はそれで終わったが議長から出席者全員に出来るだけ新役員をサポートしてほしいとのことで閉会となった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

MOSワード講座⑦

2011-02-24 22:49:17 | 日記
 今日の午前中から午後にかけては特に予定はなかったが、夕方から毎週木曜日のMOSワード講座があるから、午前中に買物を済ませておこうと思ったが前日から春のように暖かくなってとうとう雨が降ってきたので様子を見ていたが正午前には雨も止んだようなので出かける。
 スーパーに行く途中で見かけた間借りしている八百屋の品物を見ると小さい大根だが本で円となっていて、安いので買い物帰りに未だ売り切れずに残っていたら買おうと思った。
 そのすぐ横に隣の店の立て看板が置いてあって昼定食円となっている。
 一度試しに入ってみようかと思い暖簾をくぐると代と代後半と思われる女性が人カウンターの中にいて男性ばかりの客が数人カウンターに座って食事をしている。
 私も座ってメニューを見ると今日の定食の中にホタテバター炒め定食があったので久し振りにホタテを食べてみようと注文する。
 食堂という感じではなく手作りの家庭食という感じの食事が出てきたが量は少なくもう一つだった。
 値段から言ったらしょうがないかとも思うがそんなにイイとは思えなかったのでもう度と来ることはないだろう。
 後から入って来た客も中年から高齢の男性ばかりで一人住まいの男達ばかりなのかなと思える。
 私は自分で毎日食事を作っているけれども此処に来ている男たちは自分では作ることがないのではないかと勝手に想像している。
 というのも顔馴染みであるような会話がなされているからである。
 食事を終えて目指すスーパーに着いて買い物を済ませた後、先程の八百屋に立ち寄り残っていた大根を加えて家に戻る。
 昼食を終えた後は小休憩でコーヒータイム、そして夕方から始まるMOSワード講座の予習を行なう。
 分になったので早目ではあるが講座の会場のある街へと電車を乗り継いで到着し商店街を歩く。
 あちこち見て回ったあと喫茶店に入り新聞を読みながらじっくりと時間を過ごし、自習可能時間近くになったので会場へと向かう。
 部屋へ入ると例によってMOSワード講座の前に行なわれた講座の居残りの人達が未だいたが、定時分ほど前だったので構わずに自分の席に座り予習の続きをする。
 講座開始の時間が来たが、いつも現れる受講者が殆んど来ない状況なので代前半の美人女性講師も私専用の家庭教師みたいな状態となり私の横に座り今までやって来た問題の中で疑問点があればということだったが、急に言われても予定してなかったので、取りあえず今日予習をしてきた中で理解しがたいところを質問する。
 それもひと通り終えた後どうするかという段になってそれじゃ模擬テストをしようということになり講師持参の問題集をすることになったが、テキストを見ながら解答欄と突き合わせてやれば理解出来るが、問題を見ただけではすぐに頭に浮かんでこない。 ヒントをもらいながら何とか進めているうちに少しづつ要領も得て来たような感じがする。
 今日はずっと最後までそんな状態で進んだ。
 講座を終えたら試験を受けて資格を取るようにと促されては見たものの未だ未だそんな自信を持つまでには至らない。
 しかしある程度自信が持てるようになればすぐではなくともいずれ受けるだけの備えだけはしておきたいと思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加