ブログ日記 日々のうつろい 

退職後パソコンとガイドのボランティアをし、カラオケ(ポップス)やダンス等で生活を楽しむオジサンのブログ。

区民センターダンス教室H29年Ⅰ-10(最終回)

2017-04-28 23:46:30 | 日記
 今日も昨日に続いていい天気になった。

 午前中に高大の木曜クラスのCDであるS氏に資料を添付メールで送ったりしているうちに10時近くになったので近くの内科医院へと行く予約を入れているので足を向ける。

 1週間ほど前に痰の検査の為に内科医院へ持参して今日はその結果を聴きに行くことになっているからである。

 ところが待合室には2人しかいなかったので比較的早く自分の番が回って来ると思いきや中に入っている人の診療に時間がかかっているのか中々お呼びがかからない。

 最初の日は初診なので予約なしだから時間がかかるのはある程度しょうがないが今日は予約で時間が10時となっているのに未だかいなと思うほどで結局呼ばれたのは10時を20分以上オーバーした頃であった。

 検査の結果を訊くだけでしかも診療室に入って悪性ではないから問題なし、喉の中を診て、お腹や背中を触診して特に問題なしで終わりであった。

 結論的には心配するような状態ではなかったので喜ぶべきなのだがすぐ終わっただけにそれまでの待ち時間の長さにイラついていた私であった。

 しかし、普通の曜日の午前中に診療に来ているのは高齢の女性達ばかりで男性はいなかったが、今日だけの現象なのだろうか。

 自宅に戻ってからはMSNニュースやYouTubeを見ることになるが、このところもっぱら北朝鮮関係の内容のものが多くなっている。

 我々一般市民にとっては特に表立った動きはないし、ややもするとそんなことなどなんとも思っていない人が多いだろうと思うが、防衛の前線にいる人達にとっては緊張の毎日であろうことを思うと頭が下がる思いである。

 午後も同じような形でYouTubeを見ている時間が長くなったが夕方になって区民センターダンス教室に行く時刻が近づいてきたので準備をする。最近はと見に暖かくなってきて暑くも寒くもないが、夕刻となって陽が翳ると少し冷気が出てくるので上に軽いジャンパーを羽織る。

 区民センターに到着したが、このシリーズ最終日なので受付では5月から始まる次回のシリーズの受付をしているので費用を添えて申込みをしておく。

 会場である大広間に入って椅子を取り出し、ダンスシューズに履き替えた後、身体慣らしの体操を行なってから、ルンバウォークやチャチャチャウォークをすることにした。

 自宅ではこういった動きはなかなか出来ないので、出来る時にやることにしたのである。午後7時からレッスンの始まりだが、今日はこのシリーズ最終日なのでレッスンは前半だけ行ない、後半はパーティ形式で踊ることになるのでレッスンは手短に行なうことになる。

 最初はシャドウで3回ほど先生の先導の元にワルツを最後までの通しで行なった後、いつもの出会い形式でパートナーと組み最初から最後までを通しで踊ることになる。

 前半の殆んどはワルツだったが、残る少しの時間をルンバを踊ることになる。

 それも終った後の後半に入りダンスパーティとなるが、最後にルンバを一緒の踊る女性とパーティ形式で一通り踊ることにした。

 曲がワルツ、タンゴ、スローの順に流れて来た後、ラテンに入りルンバ、チャチャチャと続いたが、踊っていた女性と別れて席に戻り、帰り支度をしていると、隣に座っていた女性が「帰るの?」と訊いて来たので「帰る」と答えたら、「踊って貰おうと思ったのに…」と言う。

 この女性はいつも同じ男性とばかり踊っているので今まで一緒に踊ったことはない。

 普段からこういったレッスンでは特定の人とだけ踊るのはタブーで誰とでも踊るのが暗黙のルールである。

 従ってこういうことをしている人とは私も踊ろうとも思わないので無視して帰途に就く。

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 西隣区K小学校木曜ダンス教室... | トップ | 当区ガイドの会10G打合せの準備 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。